ピアノ&ヴァイオリン公開レッスン

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今年も、桐朋学園のこども教室・茨木教室でピアノとヴァイオリンの公開レッスンが開催されました。

今年のピアノの公開レッスンは仲道郁代先生、

ヴァイオリンは茨木教室・室長で桐朋の主任教授の久保田巧先生です。

 

ソナチネのレッスンでは、全楽章に一つ一つの表現が考えられています。

ハーモニーの変化、

やさしさやドラマチックな表現、

同じ音を弾く時の音の重さの変化、

など、細かなところまでご一緒に弾きながら、レッスンをして下さいました。

 

Cちゃん ソナチネ ディアベリ

ソナチネを弾くCさん

Mちゃん バッハ インベンション

バッハのインベンションなど

 

音楽がどこで生まれたか?

作曲家は何語を話していたか?

など、思いを巡らせるのはとても大切なことです。

日本語の持つイントネーションとは、全く違います。

 

今年はショパンの作品も多かったです。

ショパンのエチュードOp.25にNo.2は、Op.25のNo.1と共最初に生徒さんに弾かせますが、

やはりショパンは難しいです。

ただ弾ければ良い訳ではありませんから。

 

ショパンの作品には倚音が多く、またそれがとてもショパンの作品の魅力です。

倚音を大切に弾き、ショパンの音楽の光と影が浮き出されます。

また、

ショパンの曲には上手なペダリングが欠かせません。

薄墨のようにペダルを踏んだり、和音と同時、前踏み、後踏みなど、多様な踏み方があります。

細かな音の表現付けにはペダルが重要です。

更に

ショパンの楽譜を細かく読んでいくことが大切である

ことを、細かくご指摘下さいました。

 

他の先生のピアノのレッスンは、私自身のレッスンの方法を客観的に見せてくれる、大切な機会です。

 

教室長である久保田巧先生のヴァイオリンのレッスン、一見ピアノには関係ないように思えますが、

ピアノと真逆な楽器であるヴァイオリンのレッスンを聴くことは、

私に色々なヒントをくれ、

ピアノとはまた別の考えが浮かんだりして、面白いです。

 

今年のレッスンは、コンクールを目指している方が多く、曲目が同じになったりしましたが、

弾き手が違うと、曲は別の顔が見えてきて、とても興味深くレッスンに聴き入りました。

 

バッハ パルティータ

生徒さんと話をされながらのレッスン

モーツァルト コンチェルト

先生が弾かれながらのレッスン

 

先生の音色やテクニックのご指導は、ヴァイオリンの4本の弦を上手に弾き分けられ、

手首や腕の使い方には、驚くものがあります。

関節の柔軟さや、弾くタイミングを上手くとらえるテクニックには、ヴァイオリンを弾かない私ですが、

面白く、拝見いたしました。

 

公開レッスンは生徒さんにとって、これからの道しるべになるのではないかと、

熱心に楽器と向き合う生徒さんを、毎年とても楽しみに拝見しています。

この夏は、他にもピアノとヴァイオリンの公開レッスンを聴講する予定にしています。

 

先生もピアノを弾き、聴き、勉強の日々です。

 

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

生徒さん・保護者の方からの声

生徒さん・保護者の方からの声

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 発表会が終わって2週間余り。 生徒さんや

記事を読む

ヘンゼルとグレーテル

フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」

今年のクリスマス会 9月になると、音楽教室では、今年のクリスマス会をどんなものにしたいのか、考え始

記事を読む

公立中学

夏休みの繰り上げ

公立学校の変化 大阪の公立の学校は、夏休みが10日~1週間、早く始まったそうです。 先日の音

記事を読む

パソコン

言う事を聞かないパソコン!!

機械に弱い 私は自慢じゃないけれど、パソコンとか、機械に弱い。 先日も記事を探すのに手間取り

記事を読む

電子ピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、レッスンのお問い合わせで、 電子ピアノでの練

記事を読む

江崎整骨院

身体のメンテナンス

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年末から身体の調整をしたかったのですが、 上手く予定が

記事を読む

4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもにはそれぞれの期間に、 タイムリミットがあり

記事を読む

ルッツェルン音楽祭

スイス ルッツェルン音楽祭

スイスから スイスの『ルッツェルン音楽祭』に行っている、友人からのお知らせ! 羨ましい程、豪

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

piano guys

piano guys

生徒さんから、ピアノとチェロのコラボの「piano guys」の話を聞いて、 早速、YouTu

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑