4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

子どもにはそれぞれの期間に、

タイムリミットがあります。

「絶対音感の獲得は6歳までに」

幼児期に神経的な回路が生成されるには、時期があり、その期間には飛躍的に能力が伸ばせる時期があります。

「リズム感を付けるのは、感覚や外的刺激が敏感な時期に」

頭で考え始める年齢(6歳以降)までに、感覚を体感して身につけれれば、理想的です。

 

子どもたちの力には「見える力」と「見えない力」があります。

「見える力」

は計算が正しくできる、感じが正しく読めたり書けたりするなど、

点数化して誰もが判断できるものです。

保護者の方々にはとてもわかり易いですね。

「見えない力」

は集中力、持続力、思考力、想像力、そして楽器を演奏するのに大切な表現力があります。

この「見えない力」を伸ばすには、まず、経験を沢山させる事が必要です。

この経験が素晴らしい脳を作ります。

そして、その経験による能力から、「思考力」「想像力」「集中力」が身についてきます。

そしてバランスの良い

「ピアノの練習」こそが、右脳と左脳を同時にバランス良く鍛えて、

見えない部分の学力を身につけることが出来ます。

また、ぴあのの練習を毎日欠かさないことで「計画力」も身についてきます。

毎日の一歩一歩の積み重ねが、やがて大きな力となります。

「毎日弾く力」は目に見えるわかり易いものですから、

楽しんで少しずつでも、一緒にピアノを弾きませんか?

「カノンピアノ」では、6歳までの絶対音感トレーニングをピアノのレッスン時に行っています。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi

 

関連記事

体験レッスン

ようこそ、体験レッスンへ

体験レッスンに来てくださいました。 今年もあと1日になりました。 体験レッスンに来て下さった

記事を読む

no image

ピアノのタッチの練習

芦屋市の「ピアノ教室」カノンピアノです。 指が少しシッカリしてきた生徒さんには、 弾くことと

記事を読む

練習帳

ピアニストの毎日の基礎練習帳

毎日の練習とは 岩崎淑先生が書かれた「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を最近、読んでいます。

記事を読む

ピアノを弾く人

ピアノを弾き続けること!

ミニコンサート 私の所属する、関西桐朋会では4月に総会があります。3年前から、総会の折には30分程

記事を読む

ポールと連弾

クリスマスコンサートが終わりました・生徒さんとのピアノデュオ

今年、最後のコンサート 一昨日の20日、クリスマスコンサートが終わりました。 生徒さんたち、

記事を読む

ベルリン・フィル

ベルリン・フィルの野外コンサート

懐かしい野外コンサート テレビでベルリン・フィルの野外コンサートが放映されました。 オーケス

記事を読む

ピアノ椅子のタオル

夏のピアノの椅子、雨のレッスン室

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎日雨が降って、少し涼しい日がありますね。 「

記事を読む

レッスンの中止

台風が来ました。 台風が四国に上陸。 その後、兵庫県に再上陸して、芦屋市も交通機関が混乱しま

記事を読む

祈り

震災から明日で20年

もう20年も経ってしまったんですね。 子供達が大きくなったので、そんな月日は流れたのだと思いますが

記事を読む

ポリーニのショパンのエチュード

若い人も、ポリーニ 高1の生徒さんに「誰のショパンのエチュードが好き?」・・と聞いたら、迷わずに、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑