新しい本!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

先週、両手になった生徒さんに、

新しい本をお渡しいたしました。

指の練習の教則本です。

上手に弾けたので、「上手く弾けたね!」と言うと、「今日、新しい本、するの?」

と聞かれました。

「勿論するよ、きっとスラスラと出来るよ!」と言って、

一緒に譜読みの練習をしました。

初めはピアノのレッスンの間に、譜読みを一緒にします。

楽譜の読み方は、まだ片手、もうすぐ両手!・・という時からが大切です。

この時に上手な譜読みの方法を会得しないと、後々、譜読みが上手く出来ないことが多々出てきます。

どれだけ譜読みが出来るのかを見せて頂くのは、とても大切なことです。

生徒さんにとっても、又私にとってもです。

初めから教えられるなら、まずは苦手なところを作らないことです。

特に

譜読みはピアノの一番最初の大切なところですから、

仮に譜読みが遅いようなら、その不得手なところを早く探し出さなければなりません。

楽譜を読んでいくのが速いと、より沢山の曲と出会えます。

どんどん読めると、楽しいですよ。

その次は、暗譜の方法ですね。

暗譜も頭の中で音と楽譜が組み立てれば、無理なく覚えることが出来ます。

弾いて覚え、それを聴いて覚え、楽譜を見て覚える。

この一連の作業が上手く出来るようになると、覚えるのも苦では無くなります。

得意を作り、不得手を作らないように、

注意しながら、今日のレッスンは無事に終了しました。

少しお休みをいただきます。

体験レッスンをお申込み下さった方々にも、少しお待ち頂きます。

楽しくピアノを弾いていきましょう!

 

お問い合わせ (中学生以下の無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

関連記事

bach

バッハの和声感

大切な和声感 バッハのインベンション、シンフォニアは、バッハが自分の子供の、ピアノの練習用に書いた

記事を読む

姿勢Мちゃん

年中さんの美しい姿勢

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少から来られている、現在年中さんのМちゃん、 年

記事を読む

ムジカーザ 代々木上原

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学からの恩師・岡本美智子先生の会が東

記事を読む

ピアノ連弾

生徒さんとの連弾

生徒さんとの連弾 生徒さんとクリスマスにピアノで連弾をすることになりました。 ブラームスのピ

記事を読む

レッスンノート

生徒さんを知る事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンをするうえで、 「生徒さんを良く知

記事を読む

小澤征爾

小澤征爾とサイトウキネン・オーケストラ

サイトウキネン・オーケストラ サイトウキネン・オーケストラは、桐朋学園を創設した一人、斎藤秀雄先生

記事を読む

コピー機

レッスン室の必需品

大切なコピー機 私のレッスン室でなくてはならないのが、コピー機です。 もう10年以上も頑張っ

記事を読む

sakamoto

坂本龍一

思いがけず! 作曲家の坂本龍一さんが、中咽頭がんと云う病気で、活動を一時中断されました。 テ

記事を読む

合格マーク

合格のお知らせ

今日は嬉しいご連絡をいただきました。 音楽大学の到達度テストに、この春から来て下さったSさんが、

記事を読む

ベートーヴェン

Adagioってむずかしい

ソナタの2楽章 今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑