新しい本!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

先週、両手になった生徒さんに、

新しい本をお渡しいたしました。

指の練習の教則本です。

上手に弾けたので、「上手く弾けたね!」と言うと、「今日、新しい本、するの?」

と聞かれました。

「勿論するよ、きっとスラスラと出来るよ!」と言って、

一緒に譜読みの練習をしました。

初めはピアノのレッスンの間に、譜読みを一緒にします。

楽譜の読み方は、まだ片手、もうすぐ両手!・・という時からが大切です。

この時に上手な譜読みの方法を会得しないと、後々、譜読みが上手く出来ないことが多々出てきます。

どれだけ譜読みが出来るのかを見せて頂くのは、とても大切なことです。

生徒さんにとっても、又私にとってもです。

初めから教えられるなら、まずは苦手なところを作らないことです。

特に

譜読みはピアノの一番最初の大切なところですから、

仮に譜読みが遅いようなら、その不得手なところを早く探し出さなければなりません。

楽譜を読んでいくのが速いと、より沢山の曲と出会えます。

どんどん読めると、楽しいですよ。

その次は、暗譜の方法ですね。

暗譜も頭の中で音と楽譜が組み立てれば、無理なく覚えることが出来ます。

弾いて覚え、それを聴いて覚え、楽譜を見て覚える。

この一連の作業が上手く出来るようになると、覚えるのも苦では無くなります。

得意を作り、不得手を作らないように、

注意しながら、今日のレッスンは無事に終了しました。

少しお休みをいただきます。

体験レッスンをお申込み下さった方々にも、少しお待ち頂きます。

楽しくピアノを弾いていきましょう!

 

お問い合わせ (中学生以下の無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

関連記事

音痴・絶対音感

音痴なの?

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんの中で、音程がひどく外れる方がいらっし

記事を読む

岡本美智子

ピアノを弾いている時は!

見守ってくれる家族 私は主婦で、母で、ピアノを弾き、教えています。 毎日色々なことを考えなが

記事を読む

レッスンノート

ピアノレッスンとスマートフォン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、小さな生徒さんにも、 レッスンノ

記事を読む

ぶんぶんぶん

2か月で、両手で弾けるように!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨年の暮れに体験レッスンに来て下さった4歳の年少さん

記事を読む

合格の知らせ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は国公立大学入試・後期日程の合格発表でした。 昨年

記事を読む

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

姿勢Мちゃん

正しい姿勢で!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、スマートフォンに夢中になったりする人の中で「ス

記事を読む

no image

絶対音感トレーニングとの併用

様々な角度から育てる 絶対音感トレーニングを進めていく時に、リズム叩きや和音の高低など、様々な角度

記事を読む

ポリーニのショパンのエチュード

若い人も、ポリーニ 高1の生徒さんに「誰のショパンのエチュードが好き?」・・と聞いたら、迷わずに、

記事を読む

ピアノ 辻井伸行

辻井伸行さんのピアノが教えてくれたこと

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 2009年にアメリカで行われた「ヴァン・クライバーン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑