室内楽♪

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

もう来週になってしまいましたが、

4人で芦屋の「クラシカ」でコンサートを致します。

 

錦秋のデュオコンサート 芦屋「クラシカ」

曲目はモーツァルトの4手のピアノソナタ(KV381・D-dur)、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(KV304・e-moll),

ドヴォルザークのスラブ舞曲、ブラームスのハンガリー舞曲、スケルツォ、

ラフマニノフの1台6手のためのピアノ「ワルツ」「ロマンス」とヴォカリーズ、

そしてシューベルトの「人生の嵐」です。

 

以前、桐朋の茨木教室で室長をされていた石井志都子先生が、

茨木教室の生徒さん達のために「室内楽講座」を年に1回、行って下さいました。

弦の生徒さん達は合わせる機会が多いのですが、

ピアノの生徒さん達はなかなか他の楽器と合わせる機会がありません。

いつも一人で弾いている、孤独な楽器ですね。

 

そこで、少しでも小さい頃に室内楽を経験しておいた方が良いのではないか?

・・・と感じられ、茨木教室で「室内楽講座」を始めて下さいました。

 

私も室内楽でピアノを弾く経験をあまりしたことがないので、

今回、友人に誘って頂き、本当に良い機会を頂いたと感謝しています。

しかし、上手くいくかどうかは「謎」です。

今週から近くにいるメンバーで少しずつ練習を始めることになりました。

 

今回演奏される(私ではありませんが)

モーツァルトのヴァイオリンとピアノのためのソナタ(KV304・e-moll)は、

その「室内楽講座」の時に石井先生が取り上げて下さった曲です。

良く演奏される曲ですが、とても懐かしく、練習を聴かせて頂きました。

 

ピアノもそうですが、楽器って弾いても弾いても、次なる課題を発見し、

コンサートを経験する度に、キリのなさを感じます。

そこを克服しても、また新たなる課題を発見して、日夜努力する!

・・それを楽しいと思うか、苦しいと思うか?!

苦しみは勿論ありますが、克服したときの嬉しさがたまらないので、

みんな頑張って、挑戦するのでしょうね。

あと10日足らず、練習をして、皆さんと「楽しかった!」と言えるように、頑張りたいと思います。

私のお相手は小樽に住んでおられ、前々日、前日練習になり、心配の種は尽きません~。

 

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

ハノン

スケールの思い出

スケールは大切 導入の時期にスケールの練習を、曲と上手く組み合わせると、 キレイな手の形で上

記事を読む

知恵ちゃん

ピアノは導入から両手で!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、片手ずつの練習のあと、両

記事を読む

体験

聴音の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日はお教室に、 聴音の体験レッスンの方が来てくだ

記事を読む

ピアノ・ドビュッシー

関西桐朋会・ミニコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の所属する 関西桐朋会では、 毎年の総会のあと

記事を読む

岡本美智子

恩師の会で東京へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 明日から10月。 10月には東京で、 私の桐

記事を読む

母娘 手つなぎ

大好きなお母さん

いつもの元気が・・ 今日はいつも元気なYちゃんが、レッスン室に入って来た時から、ションボリとしてい

記事を読む

岡本美智子 ムジカーザ

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、東京で恩師の会がありました。 昨年、大きな

記事を読む

ABRSM 英国王立検定試験・ABRSM

合格されました!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 将来、 外国の大学に留学を希望されている生徒さん

記事を読む

芦屋 八重桜

家にいよう! でも・・

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今、「家にいよう!」、8割の人

記事を読む

母校の校舎との別れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が学生時代を過ごした桐朋学園、 母校の取り壊しが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑