ベートーヴェンのお話

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 レッスン, 一押し, 公開レッスン, 日記 , ,

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

5月30日(土)桐朋学園の茨木教室で

「村上弦一郎 ピアノ公開レッスン」が終了しました。

小学校3年生から高校3年生の方が出演されました。

その中で2名の方が、

ベートヴェンのピアノソナタ「テンペスト」の1楽章を弾かれました。

ベートヴェンの楽譜は沢山の出版社から出ていますが、ヘンレ版にはベートヴェンの自筆譜が掲載されています。

それを見ると、ベートヴェンは最初から、

このソナタを書こうと思っていたわけでは無いと云う事がわかる、

楽譜が掲載されています。

村上先生のお話は、

ベートヴェンの楽譜や思いの「真の意味を見出す」お話

から始まりました。

ベートヴェンは沢山の曲のスケッチを持っていたようです。

それは、ピアノかヴァイオリン、室内楽か交響曲、協奏曲など、何に変化していくのか解らないスケッチです。

ただ、村上先生がおっしゃるには、

ベートヴェンの曲全ては、交響曲第9番の「歓喜の歌」に向かって常に作曲されているように思う、

とのことでした。

ベートヴェンの自筆譜には、確かにピアノソナタになるのかどうか解らない譜面が残されています。

興味深いお話でした。

又、ベートヴェンの「才能」とは一言で言い表せない、

底深い能力の存在を、新たに認識した気がしました。

そんな事は良く解っていたことですが、「一人の人間として生きた真実がそこに確かにある!」・・

との思いが、その自筆譜から湧き上ってくるように思いました。

村上先生のお話は、ただ曲を分析するだけでなく、

その作曲家の思いや、作曲家が生きていた時代を思わせるお話で、レッスンに引き込まれてしまいます。

ピアノを弾くことだけでなく、音楽を色々な角度から紐解くことは、とても面白いことです。

時々、このような公開レッスンで、学生時代に何気なくやり過ごしてしまったお話を聞くことは、とても大切なことだと思います。

ピアノの弾き方等の公開レッスンも確かに大切なことですが、

改めて古典と云われるバッハなどの大切さを知る、良い機会にもなりました。

村上先生、貴重なお話満載の、公開レッスンをありがとうございました。

 

芦屋市 /   神戸市東灘区 /   神戸市灘区 / 神戸市中央区  /  西宮市 /   宝塚市

お問い合わせ (中学生以下の無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

 

 

関連記事

マエストロ、岩村力先生!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日、 桐朋茨木教室の卒業演奏会、弦楽合奏科の定期

記事を読む

夏休みの成果

夏休みも残りわずか。 夏休みも後1週間になりました。 夏休み、一生懸命ピアノを弾いて、頑張っ

記事を読む

きれいな手の形

ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて

記事を読む

ハ音記号の読み方

今日の午後の芦屋は暑い位でした。 ピアノを弾かなければ、窓が開けられて、涼しい風が入りますが、

記事を読む

小澤母娘

母娘共演

ファミリーコンサート 今日は前からご招待を頂いていた、お母様とお嬢様の共演のコンサートに、

記事を読む

バッハ シンフォニア

バッハのシンフォニア

バッハのシンフォニアが教えるもの バッハのシンフォニアを最近、取り出しては、弾いています。

記事を読む

3声

最初が肝心!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 少し暖かくて気を抜いたら、又寒くなりました。

記事を読む

49回新人演奏会

新人演奏会が終了!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日、本年度の桐朋学園の新人演奏会が無事に終わりました。

記事を読む

知恵ちゃん

ピアノは導入から両手で!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、片手ずつの練習のあと、両

記事を読む

岡本美智子先生・樋口一朗・矢橋高子

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の桐朋時代からの 恩師・岡本美智子先生の会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑