テキストの悩み

公開日: : ピアノの練習, 日記

楽器店に行くと、教材が山のようにあります。

中でも「何才!」又は、

「何才からの・・」等とタイトルがついていると、

その教材が良くても、なかなか使えません。

その年齢に合わない場合に、とても困ってしまします。

先生によっては「4才」とか「5才」と云う所を隠して使われる方があると伺いました。

「○才に適したものがあるか?」・・と言われれば、「無い!」

・・と私はお答えしたいと思います。

子供さんが、必ずしも4才からピアノやソルフェージュを習う訳ではありません。

そんな理由で良いテキストが使われないのは、とても残念だと思います。

「導入に適したもの」・・だと、良いのですが。

ただ、どのテキストも完全!・・と云うことがありませんので、

私はそれぞれのテキストの足りないところ、それぞれの生徒さんの苦手な所を把握して、

補いながらレッスンをしています。

テキストはあくまでも、道しるべです。

テキストのタイトルに、左右されたくはないのですが、手に取っては、

考えてしまうことが、たまにあって困っています。

 

 

 

関連記事

ピアノ 中

ピアノの楽器の探検

どのように音が出るのか? ピアノってどうして音が出るのか、生徒さんは興味が一杯! アップライ

記事を読む

桐朋学園・茨木教室 生徒募集

実技テストの強み

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の勤務する桐朋学園子ども教室・茨木教室では、毎年実技テ

記事を読む

体験レッスン

3歳の方の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、3歳の生徒さんが体験レッスンに来てくださいまし

記事を読む

江崎整骨院

身体のメンテナンス

身体の痛み、凝りには ピアノを熱心に弾いたり、勉強を一生懸命したりすると、身体も疲れます。同じ姿勢

記事を読む

発表会の曲選び

発表会の選曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏休みも、発表会を兵庫県立芸術文化センターの小

記事を読む

親指くぐり

ピアノの音階 ・ 大切な親指くぐり

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 このホームページのお蔭で、小さな生徒さんが増えました。

記事を読む

ハノン

スケールの思い出

スケールは大切 導入の時期にスケールの練習を、曲と上手く組み合わせると、 キレイな手の形で上

記事を読む

ピアノソロ楽譜

ピアノ・デュオの楽譜

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 発表会を計画して、沢山の曲の中から、 生徒さん個々

記事を読む

ピアノ 黒鍵

黒鍵に慣れよう!

黒鍵も弾こう! 芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」のブログをお読みくださって、ありがとうございます

記事を読む

ピアノを弾く子供

「先生が好き」

指導は厳しく、心の声を聞きながら・・ 小学生の生徒さんが「先生が好き」だと言ってくれました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑