テキストの悩み

公開日: : ピアノの練習, 日記

楽器店に行くと、教材が山のようにあります。

中でも「何才!」又は、

「何才からの・・」等とタイトルがついていると、

その教材が良くても、なかなか使えません。

その年齢に合わない場合に、とても困ってしまします。

先生によっては「4才」とか「5才」と云う所を隠して使われる方があると伺いました。

「○才に適したものがあるか?」・・と言われれば、「無い!」

・・と私はお答えしたいと思います。

子供さんが、必ずしも4才からピアノやソルフェージュを習う訳ではありません。

そんな理由で良いテキストが使われないのは、とても残念だと思います。

「導入に適したもの」・・だと、良いのですが。

ただ、どのテキストも完全!・・と云うことがありませんので、

私はそれぞれのテキストの足りないところ、それぞれの生徒さんの苦手な所を把握して、

補いながらレッスンをしています。

テキストはあくまでも、道しるべです。

テキストのタイトルに、左右されたくはないのですが、手に取っては、

考えてしまうことが、たまにあって困っています。

 

 

 

関連記事

音大過去問

音高・音大・受験シーズン

皆様、こんばんは。 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 寒さが次第に厳しくなってきました。

記事を読む

音脳

ピアノの練習で育む音脳とは③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの練習を毎日続けて、4~5年も経つと、 成長

記事を読む

レッスンの中止

台風が来ました。 台風が四国に上陸。 その後、兵庫県に再上陸して、芦屋市も交通機関が混乱しま

記事を読む

稟多郎&柊二郎君

春休み前の「無料体験レッスン」

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新学期が始まる前、 取り分け新年度の春休み前に

記事を読む

芸文

秋はコンサートが目白押し

11月のコンサートの数! 10月も後5日で終わりです。 11月に入るとコンサートが目白押し。

記事を読む

no image

音階、音色と課題は様々

ハ長調の音階 ハ長調の音階を弾くことは、5本の指を使って弾けるようになった次に、 難しい指の

記事を読む

ヘンゼルとグレーテル

フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」

今年のクリスマス会 9月になると、音楽教室では、今年のクリスマス会をどんなものにしたいのか、考え始

記事を読む

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

no image

小さな生徒さんの毎日の練習

指のための練習 ピアノを習い始めて、少し進むと、両手の曲ばかりになってきます。 その時期から

記事を読む

右手の345

右手の3、4、5の指

右手の役割 右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。 その中でも、右手の3、4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑