ピアノ・コンサートホール

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今日は会員制の

芦屋のクラシックホール「クラシカ」

で開催された、ドラマチック・ソプラノのコンサートに行ってきました。

ソプラノはコロラトゥーラ、リリコ、ドラマティコなど、音域や声質のよっても分かれていくようです。

 

プログラム

実は今年のニューイヤーコンサートでシンフォニーホールに行ったときに、

素晴らしいドラマチック・ソプラノの方の演奏を聴いたばかりでした。

曲は私の大好きなカッチーニの「アヴェ・マリア」で始まり、

このコンサートで、私の友人がピアノ伴奏を弾かれました。

きれいな伴奏で始まりました。

 

ピカピカのホールとピアノ!

ピアノはドイツ・ハンブルグ製のスタンウェイです。

新しく購入されたピアノのようでしたが、美しい響き、包み込まれるような音色に聴き入ってしまいました。

楽器の伴奏とは違って、声楽の伴奏は難しいです。

身体が楽器ですから、その日の体調管理をされている、歌い手の方に合わせるのは大変だと思います。

大体、声楽の演奏時間はトータルで1時間15分位です。

それ以上はなかなか難しいようですね。

 

私は初めて聴いたのですが、後半のヴィラ・ロボスの「ブラジルのバッハ」が素敵でした。

また喜志康一の「天の原」の伴奏は難しいピアノの和声で始まりました。

「喜志康一らしい」曲でした。

 

このホールは個人のクラシック音楽への熱い思いで作られたクラシックサロンです。

オーディオ機器もスゴイのではないかと思えるほど、きれいなバックグランドミュージックが流れていました。

サロンでは普通、バックグランドミュージックは流れていないものですが、

これはこのホールをお持ちの方の、すばらしいオーディオ機器のなせる業です。

何もかも目新しく、ドリンクを頂きながら、ゆったりとした日曜日の午後を過ごす、

日本人にはなかなか難しいことですが、今日は良い日を頂きました。

それが、この方の目指されるところのように思います。

このホールのこけら落としをされたピアニストにもお目にかかって、楽しいひと時でした。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

ようこそ芦屋市のピアノ教室 「カノンピアノ」のホームページへ!

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

関連記事

岡本先生のCD

記念のCD・みずみずしい演奏

記念のCD 岡本美智子先生の古希のお祝いの帰り、先生が1枚のCDを記念にくださいました。 3

記事を読む

チラシ ピアノ

友人のピアノリサイタル

ピアノリサイタル 先週末、小学校からの同級生で、私の母のお弟子さんの、ピアノのリサイタルに、川西ま

記事を読む

体験レッスン

体験レッスンって何をするんだろう?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日体験レッスンを受けて下さった方が、ピアノ教室に入

記事を読む

ハノン

スケールの思い出

スケールは大切 導入の時期にスケールの練習を、曲と上手く組み合わせると、 キレイな手の形で上

記事を読む

青柳晋先生の公開レッスン

青柳晋先生の公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、私の勤務先の桐朋学園・茨木教室で、 青柳晋先

記事を読む

led

ノーベル賞

青色の光 2~3日前から、テレビは日本人のノーベル物理学賞の話題でもちきりです。 3人共に、

記事を読む

フルート

楽しみ方は色々!

物事には、楽しみ方が人それぞれあって、音楽も好きなことを好きなように楽しんで、毎日生き生きと過ごせた

記事を読む

ヴァイオリン

オーケストラパートのピアノ伴奏

今年も残り、わずか。 今年も残すところ、後1ヶ月余り。 早々とクリスマスの飾り付けをしている

記事を読む

ohinasama

レッスン室のお雛様

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスン室に、鎌倉彫のダルマ雛を飾りました。

記事を読む

49回新人演奏会

新人演奏会が終了!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日、本年度の桐朋学園の新人演奏会が無事に終わりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑