今年の英国王立音楽検定

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今年の英国王立音楽検定は音楽理論が3月末、実技試験が6月(日程未定)です。

小学1年生のMちゃんがグレード1を受けられます。

昨年、プレパラトリー試験(グレードテストの前の試験)を受けられました。

今年はグレード1に挑戦です。

音楽理論は常に少しずつ取り組んでいますが、

全て英語表記で難しいです。

ABRSMテキスト 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

2016年の過去問です。

 

言われていることは難しくは無いのですが、英語がね( ノД`)シクシク…!

Mちゃんはインターナショナルスクールに行かれていますが、

「音楽用語の英語はまた別」です。

全音符がwhole noteだったり、小節線がbarだったりで、英語がお得意なMちゃんのパパにもお手伝い頂いています。

Moderato やAndanteを英語でなんというのでしょうか?

 

ABRSM 英国王立音楽検定

でも、音楽用語の英語版に慣れないと、音楽理論が受けられないので、3人でねじり鉢巻きです。

あと1か月足らずですが、Mちゃんがシッカリと不安なく出来るように、頑張ります!

覚えて頂くことは表にしないといけませんね。

ABRSMから辞書が出ていると良いのですが・・

 

ABRSMテキスト 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

小節線、拍子記号、調子記号、音程、コードネームなど、結構盛沢山です。

でも、小さな時から音楽に関する知識があることは、ピアノを弾く上で大切なことだと思います。

 

ピアノの検定にはまだ日があり、こちらは着々と進んでいます。

スケールもきれいに弾けてきていますので、課題曲を弾きつつ、Mちゃんご自身の進度もこなしています。

ピアノの実技検定までに、課題のスケールは暗譜しておきます。

課題曲は暗譜ではないので、少し楽かな?

いやいや、検定者の先生の前で弾くのですから、

暗譜するくらいで弾かないとダメですね。

音楽理論検定が終わったら、課題曲はやっぱり暗譜してもらおう!

その上で楽譜があれば、安心でしょう。

 

ABRSMテキスト 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

2017~2018年のピアノ・グレード1の課題曲集です。

 

スケール、アルベジオ、半進行、半音階などのピアノ・グレード1のテキストです。

暗譜です。

ABRSMテキスト 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

ピアノ・グレード1の初見奏のテキストです。

 

ピアノの検定試験には、この3冊で取り組みます。

目標があるのは、生徒さんにわかりやすく、頑張る目標になるので良いですね。

先生の前でテストを受けるのですから、力もつきます。

その上に、このABRSM検定は準備は少し必要ですが、楽しいようですよ。

「楽しい」ことが一番です!

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

関連記事

発達障害とピアノ練習

発達障害とピアノ ①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆さんは「発達障害」と聞かれると、どのように思われますか

記事を読む

sakamoto

坂本龍一

思いがけず! 作曲家の坂本龍一さんが、中咽頭がんと云う病気で、活動を一時中断されました。 テ

記事を読む

ABRSMピアノ検定(英国王立音楽検定)

ABRSM・英国王立音楽検定 

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨年、 ABRSMピアノ検定(英国王立音楽検定)を

記事を読む

piano

耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。 耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。 絶対音感を持っているのは勿論の

記事を読む

練習帳

ピアニストの毎日の基礎練習帳

毎日の練習とは 岩崎淑先生が書かれた「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を最近、読んでいます。

記事を読む

ピアノレッスンの教材

ピアノの練習のテキスト

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの練習用のテキストは、楽譜店に溢れるほどあります。

記事を読む

4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもにはそれぞれの期間に、 タイムリミットがあり

記事を読む

ピアノ鍵盤

風邪の季節のピアノケアー

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いよいよ11月、風邪の季節がやってきました。 私もイン

記事を読む

子供の手の形

小さな手で、小さな身体で・・!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さな手で、小さな身体で、ピアノを弾く生徒さん達。

記事を読む

no image

音階、音色と課題は様々

ハ長調の音階 ハ長調の音階を弾くことは、5本の指を使って弾けるようになった次に、 難しい指の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑