お母様との懇談

公開日: : レッスン , ,

半年に1度の懇談は大切

先日、ピアノの生徒さんのお母様と、懇談を致しました。日頃、どのような事を感じていらっしゃるのかを、知っておくことは大切なことです。芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、半年に1回位の割合で、懇談をご希望の方とお話しています。この生徒さんはご転勤で、関西に来られました。

歌心のある生徒さん

お母様の悩みは、歌がとても上手なお嬢さんの、その歌心が上手く演奏に生かせない事の悩みでした。私は歌ってもらった時に、歌心のある上手な歌なので、心配はないと考えていましたが、お母様がそこを悩んでいらっしゃると、初めて知りました。前からの悩みだったそうです。

彼女はとても音楽が好きで、頑張り屋さんです。曲を弾く時もつい、頑張ってしまって、力で弾いてしまったり、指を多少無理してでも弾こうとするので、無理をしないようにアドヴァイスをしていました。でも、お母様はどうもご不満だったようですね。

そこで、次のレッスンでは、やれば出来る事を、お母様に知っていただこうと考えました。メロディーの中で、一番頑張っても弾きたいところはどこなのか?きれいなニュアンスをつけても、頑張らなくて良いところはどこなのか?

指への負担はマイナス

それも、良くわかっていたので、では、頑張らなくても良いところは(浅く弾いてはダメだけど)、指をシッカリ使って、優しく柔らかなタッチで弾いてみることにしました。メロディーの頑張って歌いたいところは、少し指の弾力を使って、腕から弾いてみました。みるみると音は変化しましたが、まだシッカリとしていない指もあるので、無理はしないことにしました。

私は、生徒さんの、指がまだできていない間に、無理な指で弾くと、指への負担も大きく、力を入れて弾く癖がつくので、余りさせたくありません。けれども、お母様には、やれば出来ることをご納得頂くことも大切かと思い、今回は少し生徒さんに頑張って弾いて頂きました。

歌って弾くことは出来るけれど、指に負担をかけるデメリットをお母様にご説明もして、生徒さん、お母様、私で確認し、懇談の悩みは解消できました。

お子さんを見守る大切さ

生徒さんが納得して弾かれることは大切ですが、いつもその生徒さんを見守って下さる、お母様にご納得頂くことは、何より大切なことだと考えています。

これからも懇談の時以外でも、わからないことや、お母様がピアノの先生に言ってはダメかな?・・と思われることでも、なんでも気軽にお話頂くように、お願い致しました。

関連記事

ピアノのレッスンで何を伝えるのか?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いつもレッスンの時に考えること。 ピアノのレッスン

記事を読む

渋谷

仲間が揃えば!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 1年ぶりに、同窓生と東京で会いました。 1年に1度、門

記事を読む

失敗 何故 困った

失敗から学ぶこと

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 何かを失敗したときに、失敗の理由が解れば失敗の

記事を読む

ピアノの発表会のお手紙

生徒さんからのお手紙

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月の発表会のあと、生徒さんからお手紙やお葉書を頂

記事を読む

立体脳を作る 脳梁

ピアノで立体的に脳を育てる

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 教室には年少さんから、小さな生徒さんが来て下

記事を読む

no image

発達障害とピアノ ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「発達障害」の事を知れば知るほど、 グレーゾーンの

記事を読む

ピアノ椅子のタオル

夏のピアノの椅子、雨のレッスン室

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎日雨が降って、少し涼しい日がありますね。 「

記事を読む

no image

ピアノ導入時期の副教科

絶対音感トレーニング 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、ピアノを習い始めた方(6才半まで)を

記事を読む

古希

恩師の古希のお祝い

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨年の10月に東京のANAインターコンチネンタルホ

記事を読む

えまちゃん 絶対音感トレーニング

年長さんのきれいな楽譜

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年中さんから来られているEちゃん、 ピアノも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑