速い曲、遅い曲の練習

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ピアノの練習, レッスン

速い練習だけでは。

譜読みが済んで(譜読みと同時に暗譜することをお勧めしますが・・)、暗譜と同時進行で、速い曲は、速く練習し始めます。

その時、速く弾く事に夢中になって、指が浮き始めていることに気がつかなかったり、音が雑になってくることが、良くあります。

そんな生徒さんに「そこを少しゆっくり、丁寧に弾いてみて。」と言うと、急にとっても遅く弾きだす方がいます。

遅すぎると!

速い曲は、やはり速いテンポの中のゆっくり目で弾かないと、速いテンポと指の手続きが違って、反対に弾きづらくなります。

例えば、メトロノームで10~12位、テンポを落として、弾くと良いでしょう。

それが20も30も遅くなってしまうと、それは速いテンポの練習にはなりません。

(1部を取り出して、確認して弾きたい時は、違いますよ。その時はゆっくりで構いません。)

それと、もっと速めのテンポ(力が入らないように)で弾いて、元のテンポに戻すと、意外と上手く調整出来ます。

決して焦らない自分がいる事も、大切です。

遅い曲で、大切なフレーズ感。

遅い曲、遅すぎる曲でも、音楽は進んでいくので、停滞した感じにならない事が大切です。

では、速めのテンポで弾いておけば良いのか?・・と云うと、これは全く意味の無い練習になってしまうので、気をつけましょう。

遅い曲、遅すぎる曲の方が、感情を込めやすくて、弾き易いです。

でも、その曲が持つ表情(拍子・強弱・音の流れ・フレーズ感)を練習の時も、常に感じて弾きましょう。

目安の速さ

曲にメトロノームで速さを記すのは、ヤボですが、子供達はその日、その日のテンポ感で練習することがありますから、目安として、教えておくのは、大切です。

本当に、あくまでも目安である事を、シッカリと伝えないと、メトロノームで弾き始めるのは、怖いです。

8月後半のコンクールに向けて、熱い夏休みです。

 

 

関連記事

no image

ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事 ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません

記事を読む

no image

小さな生徒さんの毎日の練習

指のための練習 ピアノを習い始めて、少し進むと、両手の曲ばかりになってきます。 その時期から

記事を読む

レッスンノート

ピアノのレッスンノート

便利なレッスンノート 私の「カノンピアノ」教室では、ピアノ導入の生徒さんにレッスンノートを使ってい

記事を読む

ぶんぶんぶん

2か月で、両手で弾けるように!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨年の暮れに体験レッスンに来て下さった4歳の年少さん

記事を読む

年少さんの体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少の生徒さんが、体験レッスンに来られました。 少し早

記事を読む

10台のピアノ

母との夢

悩んでいると・・ ピアノを弾いたり、生徒さんを教えたりしていると、必ず何か、立ち止まって考えたり、

記事を読む

ステージマナー ピアノ

ピアノ コンサートのステージマナー

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近新人のコンサートや知人の発表会に伺って、 一番

記事を読む

嬉しい合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日、公立音楽高校の合格発表がありました。 定員40人

記事を読む

桐朋旧校舎

桐朋学園の校舎

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 母校、桐朋学園大学の校舎が、夏休みから取り壊しになりまし

記事を読む

桐朋学園・茨木教室 生徒募集

実技テストの強み

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の勤務する桐朋学園子ども教室・茨木教室では、毎年実技テ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑