Adagioってむずかしい

公開日: : ピアノの練習, レッスン

ソナタの2楽章

今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます。

1楽章がへ短調、2楽章が同主調のへ長調です。

このソナタはメヌエットも入れて4楽章構成です。

普通コンサートなどで、ソナタを楽章ごとに、取り出しては弾きません。

楽章ごとの難しさ

でも、子供の時はそれぞれの楽章で勉強することがあるので、取り出して教えることは多いです。

又楽章ごとに、それぞれの難しさがあり、本来は全楽章から作曲者の意図を読み取るべきことは、沢山あるとは思います。

Adagioの意味

Adagioと書いてあると、子供たちは遅く弾くと理解するようですが、Adagioの言葉の中には「幅広くゆるやかに」と云う言葉が、含まれています。

つまり、ただ遅く弾くわけでは無い!・・と云う事です。

幅広く弾くから、よって遅くなる!・・ということです。

この曲は32分音符までの音符が出ていますから、この音符がキレイに表現出来る速さも前提になります。

どこまでを一息で弾きたいか?、同じ音でも次に出てくる和音が違うのに、同じ弾き方で良いのか?、

など、学ぶことは沢山あります。

ベートーヴェンの初期の曲なので、ロマン派のようには弾けませんが、初期の曲にしては、とてもロマンチックだと思います。

生徒さんと一緒に考えて、さあ、次のレッスンではどのように変わっているでしょうか?

とても楽しみです。

ベートーヴェンの初期は、モーツァルトとも違って、和声の構成がとてもロマンチックなので、

音楽の感性を養うのに、とても良い教材であり、弾きごたえのある楽章だと思います。

 

関連記事

no image

導入時期のピアノの進度

ピアノの練習が停滞しない進度とは 台風が近づいていますね。大型とかで、沖縄県はスゴい風のようです。

記事を読む

メトードローズ 譜読み

新しい本!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先週、両手になった生徒さんに、 新しい本をお渡しい

記事を読む

no image

絶対音感トレーニングとの併用

様々な角度から育てる 絶対音感トレーニングを進めていく時に、リズム叩きや和音の高低など、様々な角度

記事を読む

親子ピアノデュオ

親子で「熱いピアノ」デュオ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 発表会を前に親子の「熱いデュオ」が熱いです。 ど

記事を読む

正しい手の形

5の指の第3関節

両手の5の指 小さい生徒さんの5の指は、他の指に比べて、柔らかく、意識してもなかなか出来てきません

記事を読む

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

モンロワール

芦屋市のチョコレートのお店「モン ロワール」のお年賀を頂きました。

生徒さんから 可愛い「お年賀」をいただきました。 「モン ロワール」のチョコレート。

記事を読む

カレーの美味しいお店

東京で!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 東京で久しぶりに同級生に会いました。 同じ門下生で切磋

記事を読む

体験レッスン

楽しんでピアノを弾こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの導入から半年ほど経つと、個々の差はあるものの

記事を読む

ピアノ①

ピアノが脳に良い理由 ①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 習い事の定番で真っ先に上がるのがピアノですが、 ピ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑