Adagioってむずかしい

公開日: : ピアノの練習, レッスン

ソナタの2楽章

今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます。

1楽章がへ短調、2楽章が同主調のへ長調です。

このソナタはメヌエットも入れて4楽章構成です。

普通コンサートなどで、ソナタを楽章ごとに、取り出しては弾きません。

楽章ごとの難しさ

でも、子供の時はそれぞれの楽章で勉強することがあるので、取り出して教えることは多いです。

又楽章ごとに、それぞれの難しさがあり、本来は全楽章から作曲者の意図を読み取るべきことは、沢山あるとは思います。

Adagioの意味

Adagioと書いてあると、子供たちは遅く弾くと理解するようですが、Adagioの言葉の中には「幅広くゆるやかに」と云う言葉が、含まれています。

つまり、ただ遅く弾くわけでは無い!・・と云う事です。

幅広く弾くから、よって遅くなる!・・ということです。

この曲は32分音符までの音符が出ていますから、この音符がキレイに表現出来る速さも前提になります。

どこまでを一息で弾きたいか?、同じ音でも次に出てくる和音が違うのに、同じ弾き方で良いのか?、

など、学ぶことは沢山あります。

ベートーヴェンの初期の曲なので、ロマン派のようには弾けませんが、初期の曲にしては、とてもロマンチックだと思います。

生徒さんと一緒に考えて、さあ、次のレッスンではどのように変わっているでしょうか?

とても楽しみです。

ベートーヴェンの初期は、モーツァルトとも違って、和声の構成がとてもロマンチックなので、

音楽の感性を養うのに、とても良い教材であり、弾きごたえのある楽章だと思います。

 

関連記事

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

ポールと連弾

クリスマスコンサートが終わりました・生徒さんとのピアノデュオ

今年、最後のコンサート 一昨日の20日、クリスマスコンサートが終わりました。 生徒さんたち、

記事を読む

新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学を出られた方々の、3月15日(日)の午後

記事を読む

ピアノ 楽譜

楽譜を見たら、書いてみよう!

私の「カノンピアノ」教室では、導入の時に、見て弾いた楽譜を、少し書いたりしています。書くと、見るだけ

記事を読む

運動会

運動会の季節

親は必死で・・ 9月の後半になると、運動会、体育祭の季節です。 生徒さん達も土曜日、日曜日は

記事を読む

ハノン

スケールの思い出

スケールは大切 導入の時期にスケールの練習を、曲と上手く組み合わせると、 キレイな手の形で上

記事を読む

ピアノの部屋の花

ピアノの部屋の花壇

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私はお花が好きで、 季節には庭に花を植えているので

記事を読む

失敗 何故 困った

失敗から学ぶこと

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 何かを失敗したときに、失敗の理由が解れば失敗の

記事を読む

音符

ヘ音記号&ト音記号

五線に慣れると。 生徒さんが五線の楽譜に慣れてくると、次は加線、 特にト音記号&ヘ音記号の間

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑