コンクール

公開日: : 最終更新日:2014/07/28 ピアノの練習, 日記 ,

コンクールに出る意味とは!

暑い夏、ピアノやヴァイオリンのコンクールが次々と行われています。

今はもう、どのコンクールが良いのかもわからない位、コンクールが乱立しています。

何を求めて、そのコンクールにトライするのかを、良く理解して、受けた方が良いと思います。

コンクールの賞だけを目指して受けると、賞が取れなかった時に、悔しさだけしか残りません。

向き合い方

一つの曲を、どこまで掘り下げて考えたのか!

その曲のために、全力を尽くしたのか!

本番で力が出し切れたのか!

など、求めることはたくさんあります。

小さな生徒さんでも、大きな生徒さんでも、本番で力を出すために、どんな努力をしたのかが、大切だと思います。

そうでないなら、得るものの意味もわからなくなります。

納得のいく練習ができたら、次は本番で力が発揮できたかどうかです。

「人の前で弾く」難しさ

「人の前で弾く」・・これは永遠の課題です。

本番に1度しか出来ないことですから、プレッシャーを感じながらの演奏ですが、それでも弾けたのか?・・が出来るか、出来ないかで、大きく結果に差が出ます。

小さい時から人の前で演奏していくと、初めは上がってしまっても、イメージトレーニングを自分でし始めますから、かなりの生徒さんが人前での演奏に慣れ、上がってしまうことを、克服し始めます。

又、上がらないための練習も、自分で取り入れ始めます。

何かから学ぶ!・・と云うことは、とても大切なことです。

今日、ヴァイオリンのコンクールの伴奏をしてきました。

余り人の前で弾いたことがないそうですが、本番が1番良かったと思います。

これからの頑張りに、期待!・・ですね。

長い時間の拘束で疲れてしまったみたいでしたが、最後は元気に会場を後にしました。

太陽は少し西に傾いていましたが、暑い京都でした。

祇園祭りがたけなわのようでした。

どおりで暑いはずです。

 

 

 

 

関連記事

モーツァルトの「きらきら星変奏曲」

ピアノのヴァレーション(変奏曲)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3月に入って、毎週のようにピアノのコンサートに出かけてい

記事を読む

母校の校舎との別れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が学生時代を過ごした桐朋学園、 母校の取り壊しが

記事を読む

クリスマスの曲

そろそろ・・

もう早や、10月の半ばになりました。 運動会や遠足で、真っ黒になっている生徒さんもいます。

記事を読む

嬉しい合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日、公立音楽高校の合格発表がありました。 定員40人

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

コードでピアノを弾こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生から1年間でバイエルが終了する生徒さん、

記事を読む

オンラインレッスン iPad

レッスンの再開

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先週、関西2府1県の緊急事態宣言が解除されまし

記事を読む

芦屋市「クラシカ」

室内楽♪

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 もう来週になってしまいましたが、 4人で芦屋

記事を読む

関西桐朋会

関西桐朋会50周年記念コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の所属致します、 「関西桐朋会」が2016年に創

記事を読む

年長の生徒さん

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 4月から年長さんの男の子が、教室に来られました。 お兄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑