コンクール

公開日: : 最終更新日:2014/07/28 ピアノの練習, 日記 ,

コンクールに出る意味とは!

暑い夏、ピアノやヴァイオリンのコンクールが次々と行われています。

今はもう、どのコンクールが良いのかもわからない位、コンクールが乱立しています。

何を求めて、そのコンクールにトライするのかを、良く理解して、受けた方が良いと思います。

コンクールの賞だけを目指して受けると、賞が取れなかった時に、悔しさだけしか残りません。

向き合い方

一つの曲を、どこまで掘り下げて考えたのか!

その曲のために、全力を尽くしたのか!

本番で力が出し切れたのか!

など、求めることはたくさんあります。

小さな生徒さんでも、大きな生徒さんでも、本番で力を出すために、どんな努力をしたのかが、大切だと思います。

そうでないなら、得るものの意味もわからなくなります。

納得のいく練習ができたら、次は本番で力が発揮できたかどうかです。

「人の前で弾く」難しさ

「人の前で弾く」・・これは永遠の課題です。

本番に1度しか出来ないことですから、プレッシャーを感じながらの演奏ですが、それでも弾けたのか?・・が出来るか、出来ないかで、大きく結果に差が出ます。

小さい時から人の前で演奏していくと、初めは上がってしまっても、イメージトレーニングを自分でし始めますから、かなりの生徒さんが人前での演奏に慣れ、上がってしまうことを、克服し始めます。

又、上がらないための練習も、自分で取り入れ始めます。

何かから学ぶ!・・と云うことは、とても大切なことです。

今日、ヴァイオリンのコンクールの伴奏をしてきました。

余り人の前で弾いたことがないそうですが、本番が1番良かったと思います。

これからの頑張りに、期待!・・ですね。

長い時間の拘束で疲れてしまったみたいでしたが、最後は元気に会場を後にしました。

太陽は少し西に傾いていましたが、暑い京都でした。

祇園祭りがたけなわのようでした。

どおりで暑いはずです。

 

 

 

 

関連記事

岡本美智子先生・樋口一朗・矢橋高子

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の桐朋時代からの 恩師・岡本美智子先生の会

記事を読む

モーツァルトの「きらきら星変奏曲」

ピアノのヴァレーション(変奏曲)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3月に入って、毎週のようにピアノのコンサートに出かけてい

記事を読む

ブラームス ハンガリー舞曲

生徒さんとの連弾の練習が始まりました。

今日は生徒さんとの、1回目のピアノデュオの練習でした。 ブラームスのハンガリー舞曲の4番を一緒に弾

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

ohinasama

レッスン室のお雛様

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスン室に、鎌倉彫のダルマ雛を飾りました。

記事を読む

バイエル

レッスンが始まります

今日、5日からレッスンが始まります。 今年はR君のレッスンからスタート致します。 皆さん、2

記事を読む

音符

ヘ音記号&ト音記号

五線に慣れると。 生徒さんが五線の楽譜に慣れてくると、次は加線、 特にト音記号&ヘ音記号の間

記事を読む

岡本美智子

恩師の会で東京へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 明日から10月。 10月には東京で、 私の桐

記事を読む

収穫

収穫に乾杯!

収穫祭 今日は西宮のいとこの家で、夕食を頂きました。西宮は私の住む芦屋の隣の市です。家から車で15

記事を読む

ピアノと保育士さん

保育士さんとピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 保育士さんになるには、ピアノが弾けないといけない とズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑