ピアノ教育者・ギロック

公開日: : 最終更新日:2017/01/09 コンサート, ピアノの練習, レッスン, 一押し, 日記 , ,

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

私がギロックの作品に出会ったのは、くらしき作陽音楽大学(旧・作陽音楽大学)で講師をしていたときです。

副科ピアノの生徒さんが、ギロックの作品を持って来られました。

その頃、副科ピアノの生徒さんの間では、

ギロックの作品を弾くことが流行っていたようです。

楽譜を見て弾いてみると、簡単に見える楽譜の中に、

「浮かぶように見える風景」に驚かされます。

比べることは出来ないのですが、この曲と似たレベルのものに、ブルグミュラーの作品が挙げられるように思います。

ブルグミュラーはドイツ出身、作曲家でピアニストです。

 

ピアノ ブルグミュラー

一方、

ギロックはアメリカ人で、ミズーリー州の出身です。

 

ピアノ ギロック

 

変な言い方ですが、私はギロックはヨーロッパの方(ドイツ系)だと勝手に思っており、

日本人である私自身の勝手な思い込みに驚きます。

アメリカ人である、

ギロックは音楽教育家で作曲家です。

その音楽教育のために作曲をしたのでしょうが、これが楽譜を見るのと弾くのとでは大きな違いがあります。

豊かで奥が深く、

美しいメロディーやリズムの面白さ、

独特な和声感が胸に染み入る、

素晴らしい曲の数々です。 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

ただ、ソナタやピアノ協奏曲、室内楽がないのは、本当に残念なことだと思います。

ギロックはとても気さくな先生だったようで、

生徒さんの集まりにも喜んで参加されていたようですね。

 

さて、 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

発表会でギロックの作品を弾きたいと云う年長の生徒さんがいらっしゃいます。

楽譜通りに弾く力があっても、表現がなかなか難しい曲ばかりです。

ただ、

生徒さんがなんにでもチャレンジしていく気持ちは、本当に大切にしていきたいと思います。

・・ですが、弾けないことには何にもなりません。

生徒さんの力を最大限引き出していけるように、

私も頑張っていきたいと思って、

この数日、ギロックの作品と向き合っています。

一緒に頑張りたいです! 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 

080-2441-8054 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

ステージからの景色

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎年、クリスマスコンサートと卒業演奏会でお世話になる

記事を読む

子供の手の形

手と指の形

ピアノに慣れると! ピアノも導入の時期を過ぎると、だんだんとピアノに慣れてきて、 少しずつ、

記事を読む

関西桐朋会・第52回新人演奏会

関西桐朋会・新人演奏会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いよいよ4月、新入学、新学期の始まりです。

記事を読む

知恵ちゃんのきれいな手の形

ピアノ練習と考える力

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、無料体験レッスンをしています。

記事を読む

江崎整骨院

身体のメンテナンス

身体の痛み、凝りには ピアノを熱心に弾いたり、勉強を一生懸命したりすると、身体も疲れます。同じ姿勢

記事を読む

スタンウェイのファイル

秋のコンサート

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の秋に「一緒にピアノを弾こう!」と友人から

記事を読む

モーツァルトのトルコ行進曲

モーツァルトのトルコ行進曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   モーツァルトのトルコ行進曲はみんなが

記事を読む

メトロノーム

メトロノームでピアノの練習

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンで、 生徒さんと曲の速さを決めるこ

記事を読む

bach

バッハの和声感

大切な和声感 バッハのインベンション、シンフォニアは、バッハが自分の子供の、ピアノの練習用に書いた

記事を読む

大統領の執事の涙

映画の魅力

色々な人の目を通して。 昨日「大統領の執事の涙」の映画を見ました。 この映画は、アメリカの奴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑