トリル(装飾音)

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ピアノの練習, レッスン

バッハのトリルこそ

生徒さんが、バッハのトリルで苦労しています。

編み出してきた技が、ピアノの高い位置からから叩いて音を出すというもの。

う~ん、トリルは入るには、入っているけれど、お世辞にもキレイじゃない。

フランス組曲の、しかも、ジーグ。

拍の頭に入れようとしているのは、良くわかるんですが。

今のテンポならなんとかなっても、最終的には無理じゃないかな。

ピアノの仕組みを知って

ピアノの仕組みを知れば、そんなことをしなくても、弾けるはず。

・・と言って、まず仕組みから伝授。

何回も言ってるんだけど・・とも思いながら、でも、この時が習得時かも!・・と、考え、出来るだけわかりやすく。

トリルは沢山の作曲家が使っているので、自分の得意な指を2つ、3つ、持っておくのも良いかも知れません。

バッハの頃は

バッハの頃は、ピアノも今のようなものではなく、トリルを使って、自在に音の長さをコントロールしていた。

多分、テンポも遅く弾いていたんじゃないかな。

今のように速く弾ける楽器ではないはずだから。

でも、ピアノの進歩と共に、テンポもどんどん速くなった気がする。

今のピアノはトリルで、強弱だって付けられる。

トリルを味方に付けておくのは、とても良い技の習得。

しかも美しく、軽やかにも、重厚にもなれば、素晴らしいピアノの表現力が増すハズ。

トリルは一瞬のおしくらまんじゅう!・・とおっしゃっていた先生がいらっしゃいました。

確かに1音を際立たせるために使っているなら、その1音のためのおしくらまんじゅうかも知れません。

・・なんて受け売りも話しながら、少しテンポ感と、トリルのイメージができました。

キレイにトリルが

キレイにトリルが入るところが増えて来たので、上手くできそう!

この曲はきれいに軽やかにトリルが入ると、生き生きとしたジーグになるよ!・・と話して、大分力も抜けてリラックス。

頑張って練習した後が、はじけた笑顔で、ありありとわかりました。

次は、こうやって、頑張ってね。

絶対に出来るから!

 

 

 

 

 

関連記事

子供ピアノ演奏

半年経つと・・

こんにちは。 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 積み重ねること 4月からレッスンを

記事を読む

ピアノの発表会のお手紙

生徒さんからのお手紙

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月の発表会のあと、生徒さんからお手紙やお葉書を頂

記事を読む

4才からのソルフェージュ

テキストの悩み

楽器店に行くと、教材が山のようにあります。 中でも「何才!」又は、 「何才からの・・」等とタ

記事を読む

時間は作るもの!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 勉強とピアノの両立に悩む中学生がいます。 中学生も3年

記事を読む

眠い!春、間近か!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 まだまだ、寒い日が続きます。 でも、 陽ざし

記事を読む

シューマンの楽譜

ピアノの練習の進め方

イヤにならない魔法 導入のピアノの練習は、時には難しい練習が出てきます。でも、難しい練習は2~3週

記事を読む

音脳②

ピアノの練習で育む音脳とは②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 前回はピアノを毎日弾くことで養われる、基本的な音脳に

記事を読む

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

ピアノを弾く手

成長する生徒さんの手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習いに来られた時から、数か月、半年、1年、2年と

記事を読む

桐朋 合格

合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 音高・音大の合格発表が届きました。 教室生の1番乗りは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑