音階(親指くぐり)は小さい時から

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

ピアノの練習を続けていくと、必ず

指使いと親指をくぐらせる練習があります。

指使いは、初めから絶対に守るようにしています。

手が大きくなってくると、本に書かれていない指で弾く方が、上手く弾けるときもあります。

他の先生から変わって来られた生徒さんで、指使いがでたらめな生徒さんがいらっしゃいます。

結局は、指使いが曖昧なことで、暗譜をしてもその都度、指使いが違って、

自分自身を苦しめてしまいます。

注意をしても、小さい時からの事は、なかなか直りません。

初めが大切ですね。

次に指をくぐらせる練習ですが、ひじを使ってくぐらせないように、

何度も説明します。

導入の生徒さんには、指を持って教えています。

それに有効なのは、やはり音階です。

最初は1オクターブから。

それがスムーズに出来るようになったら、2オクターブにしています。

自分の身体の前を手首が通ったりすると、難しいですよね。

小さいうちに慣れてしまうと、余り苦労を感じません。

又、均等に指が動かせて、曲の中の音階もスムーズに弾けます。

何気ない事ですが、とても大切な練習です。

アルペジオはやはり難しいので、どうしても後になってしまいますが、

この練習も早くから取り入れたいと考えて、

生徒さんの個性や、指の形を見ながら、

導入する時期を考えています。

実は音階はバイエルにも、メトードローズにも、ピアノのテクニックにも、

シッカリと記載がありますので、いかにピアノを弾くために、

スケールの練習が必要なのかが、良く解ります。

是非、今使っていらっしゃるテキストを見て下さい。

絶対、どこかに書かれていますよ!

ハノンはそのためのテキストです。

私は子どものころ、とてもこの練習が嫌いでした。

でも、色々な調の音階が弾けるようになると、

指って自然に軽く動くようになります。

時間がないときには、その練習だけをしておく方も沢山いらっしゃいます。

それほど大切で、有意義な練習は毎日5分でもしましょう。

 

お問い合わせ (中学生以下の無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

 

関連記事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」メンテナンス

夏の終わりの身体メンテナンス

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 厳しい暑さのこの夏、涼しい風が吹いてきたところで、

記事を読む

神戸市 酒心館ホール

懐かしい生徒さんからのコンサートのお手紙

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今年の夏は厳しい暑さでした

記事を読む

コンクール

コンクール

コンクールに出る意味とは! 暑い夏、ピアノやヴァイオリンのコンクールが次々と行われています。

記事を読む

ピアノ 黒鍵

黒鍵に慣れよう!

黒鍵も弾こう! 芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」のブログをお読みくださって、ありがとうございます

記事を読む

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

ピアノ 楽譜

楽譜を見たら、書いてみよう!

私の「カノンピアノ」教室では、導入の時に、見て弾いた楽譜を、少し書いたりしています。書くと、見るだけ

記事を読む

英国王立検定の楽典

英国王立検定の楽典を始めました。

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 来年の英国王立検定の楽典に備えて、グレード2の楽典

記事を読む

ピアノ

ピアノとピアノの調律

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は芦屋の会員制ピアノサロンにピアノデュオの演奏を

記事を読む

桐朋 合格

合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 音高・音大の合格発表が届きました。 教室生の1番乗りは

記事を読む

仲道郁代公開レッスン

ピアノ公開レッスン

  芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月22日(日)に桐朋学園附属子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑