音階(親指くぐり)は小さい時から

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

ピアノの練習を続けていくと、必ず

指使いと親指をくぐらせる練習があります。

指使いは、初めから絶対に守るようにしています。

手が大きくなってくると、本に書かれていない指で弾く方が、上手く弾けるときもあります。

他の先生から変わって来られた生徒さんで、指使いがでたらめな生徒さんがいらっしゃいます。

結局は、指使いが曖昧なことで、暗譜をしてもその都度、指使いが違って、

自分自身を苦しめてしまいます。

注意をしても、小さい時からの事は、なかなか直りません。

初めが大切ですね。

次に指をくぐらせる練習ですが、ひじを使ってくぐらせないように、

何度も説明します。

導入の生徒さんには、指を持って教えています。

それに有効なのは、やはり音階です。

最初は1オクターブから。

それがスムーズに出来るようになったら、2オクターブにしています。

自分の身体の前を手首が通ったりすると、難しいですよね。

小さいうちに慣れてしまうと、余り苦労を感じません。

又、均等に指が動かせて、曲の中の音階もスムーズに弾けます。

何気ない事ですが、とても大切な練習です。

アルペジオはやはり難しいので、どうしても後になってしまいますが、

この練習も早くから取り入れたいと考えて、

生徒さんの個性や、指の形を見ながら、

導入する時期を考えています。

実は音階はバイエルにも、メトードローズにも、ピアノのテクニックにも、

シッカリと記載がありますので、いかにピアノを弾くために、

スケールの練習が必要なのかが、良く解ります。

是非、今使っていらっしゃるテキストを見て下さい。

絶対、どこかに書かれていますよ!

ハノンはそのためのテキストです。

私は子どものころ、とてもこの練習が嫌いでした。

でも、色々な調の音階が弾けるようになると、

指って自然に軽く動くようになります。

時間がないときには、その練習だけをしておく方も沢山いらっしゃいます。

それほど大切で、有意義な練習は毎日5分でもしましょう。

 

お問い合わせ (中学生以下の無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

 

関連記事

島村楽器

ピアノ教則本とピアノ曲の研究

効率良く、ピアノ練習をすすめるには 常に効率よく、ピアノの練習が出来て、進度が早く進めるように、日

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

眠くなって、疲れが出る頃

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年も春のゴールデンウィークに突入です。 この

記事を読む

きれいな手の形

ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて

記事を読む

ブラームス ハンガリー舞曲

生徒さんとの連弾の練習が始まりました。

今日は生徒さんとの、1回目のピアノデュオの練習でした。 ブラームスのハンガリー舞曲の4番を一緒に弾

記事を読む

ピアノのシャープ

ピアノのシャープ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年中からピアノのレッスンに来て下さった生徒さん、

記事を読む

no image

8分の1

楽器のサイズ 小学校1年生のヴァイオリンの生徒さんの伴奏をしてきました。 コンクールでの伴奏です。

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

年少の手

年少さんのピアノレッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少でピアノのレッスンに来られている生徒さん。 小さな

記事を読む

芦屋 八重桜

家にいよう! でも・・

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今、「家にいよう!」、8割の人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑