ピアノの発表会の準備

公開日: : 最終更新日:2017/01/09 スタンウェイ, ピアノの練習, レッスン, 一押し, 日記 , , ,

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

12月のクリスマスの頃に発表会を開催致します。

「カノンピアノ」教室のコンセプトは『ピアノを一生の友達にしませんか?』です。

ピアノを愛する友として、一生を豊かに過ごして欲しいと思います。

小さな生徒さんにも

ソロは2曲ずつ、キャラクターの違う曲を選びました。

デュオはご家族と! 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

ご兄弟、お母様、お父様との楽しい連弾を企画しました。

 

クリスマスコンサート

みんなが知っている曲をソロで弾いたり、ご家族と連弾したり、楽しい発表会にしたいと思い、

楽譜の発掘や編曲をしたりして、ようやく準備が整いました。

後は弾き込んで、矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

暗譜をしかっりできるようにして(みんな暗譜あ早いので驚いていますが)、お辞儀の練習をして本番に備えます。

小さな生徒さんで発表会が初めての方が殆どなので、

同じ会場で一度リハーサルをします。

そこで上手に弾けたら、多分本番は大丈夫かと思います。

弾けなかったら、レッスンでシッカリと立て直して、本番に臨みたいと思います。

きっと、みんな出来ると思いますが。

それまでに発表会用のドレスを見せて下さったり、ペダルを踏む方は靴も持って来ていただいて、

靴で上手にペダルを踏めるかも確かめます。

小さな生徒さんのペダルは足台が必要なので、本当に難しいです。

足台にペダルが付いているもの、足台とペダルが別々のものなど、

直接ペダルが踏めないので、セッティングも難しいです。

当日は、椅子・ペダルのセッティングや、譜めくり、アナウンスなどのお手伝いをお願いしています。

楽しい発表会になりますように、今から余念なく進めていきたいと思います。

初めての発表会はお子さんにとっても、保護者の方にとっても、思い出深いものになるでしょうね。

写真は芦屋で有名な「芦屋写真室」にお願いしました。

 

その後は、桐朋学園子どものための音楽教室「茨木教室」のクリスマスコンサートがあります。

ヴァイオリンの伴奏合わせもあるので、

時間を上手く使って楽しい12月にします。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

080-2441-8054 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

お花のプレゼント

生徒さんから!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 午後6時に来られる生徒さん、いつもちょっと早めですが

記事を読む

ひょうごコンサートチラシ

コンサートの準備

震災から20年 私が所属しています、関西桐朋会主催のコンサート、「関西桐朋会コンサートシリーズvo

記事を読む

スタンウェイのファイル

秋のコンサート

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の秋に「一緒にピアノを弾こう!」と友人から

記事を読む

クリスマス会

クリスマス会

クリスマス会の練習 いよいよ、教室のクリスマス会の準備が始まりました。 今年は「アヴェ・マリ

記事を読む

ピアノの練習

クリスマスコンサート

明後日は桐朋・茨木教室のクリスマスコンサートです。 明日が最後のピアノのレッスンです。

記事を読む

湯泉神社

去年と今年の初詣

初詣に思うこと この何年か、お正月は有馬温泉で過ごしています。 今年は元旦の夕方から雪が降っ

記事を読む

音符

ヘ音記号&ト音記号

五線に慣れると。 生徒さんが五線の楽譜に慣れてくると、次は加線、 特にト音記号&ヘ音記号の間

記事を読む

年少さんの体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少の生徒さんが、体験レッスンに来られました。 少し早

記事を読む

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

no image

指の筋力トレーニング

脱力するには! ピアノを弾く時に、大切なことは、力を抜くことです。つまり脱力です。しかし、脱力をし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑