ピアノとピアノの調律

公開日: : 最終更新日:2017/01/09 スタンウェイ, レッスン, 一押し, 日記 , ,

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今日は芦屋の会員制ピアノサロンにピアノデュオの演奏を聴きに行ってきました。

 

クラシック ピアノ

今日の演奏者のご指名の、お知り合いの調律師さんが来られていました。

最近は調律師の方を指名される演奏家が多いですね。

でも、ピアノは行った先々で環境も違えば、ピアノも違う。

意味があるのかどうか、釈然としません。 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

行った先のピアノに自然に出会うのも良いかと思うのですが、

名ピアニストと云われる方ほど、指名されることが多くなったように思います。

 

ところで、今日のピアノは途中から低音部の音色が変化して、「おやっ?」と思いました。

友人に話すと「私もそう思った」とのことで、本日の謎です。

ピアノは楽器を設置している環境の問題は大きいと思います。

楽器の演奏家でピアニストは自分で楽器を調整出来ない人です。

それを全く疑問にも思わない。矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

ヴァイオリニストは自分で弦を張り替えたり、フルーティストは自分でキーの調整をしたり、

少しでも楽器の管理ができるものですが、

ピアニストはピアノの部屋の環境を維持するのが精一杯でしょうか。

まず、部品が多すぎるのが大きな要因かな。

それに楽器が大きすぎる。矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

私も今まで何の疑問も持たなかったのですが、

大好きな調律師の方が亡くなって、途方に暮れ始めたのが原因です。

だからといって、代わりの方になかなか出会えません。

亡くなられた方は、こんな言葉で云うと変なのですが、結構荒っぽい調律をされる方でした。

それが弾いているうちに、

自分の音と出会える!・・と云う不思議な調律師さんでした。

それがたまらなく好きでした。

母が存命の頃に、まだスタンウェイが日本に入ってきていない頃から、

スタンウェイの魅力に取りつかれた調律師さんでした。

本当にスタンウェイの音を愛していた方だったと思います。

粗削りな調律だけど、後はスタンウェイのピアノ独自の持つ力に任せておいたら良いと思っていらっしゃったようにも思います。

今の調律師さんは、結構ビッチリと調律されて、スタンウェイの遊びが無く、身動きが取れない感じがします。

ピアノにも一台一台に個性があるので、

それを引き出して貰えると本当に有り難いと思います。

今日の演奏会に行って、亡き愛する調律師さんの事を思い出して、

「レッスン室の調律をお願いしないと・・」と思って、ふと、

どうしてピアニストは自分の楽器のメンテナンスが出来ないのだろう・・と強く思った次第です。

「あ~、調律しないと!」

「友人はしなくてもいいよ(大胆発言)」と言うのですが、

ピアノも可哀そうですし、一度ケアーをお願いしましょうか。

 

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子

080-2441-8054 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 矢橋高子 

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ベートーヴェンのお話

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月30日(土)桐朋学園の茨木教室で 「村上弦一郎

記事を読む

ピアノ連弾

生徒さんとの連弾

生徒さんとの連弾 生徒さんとクリスマスにピアノで連弾をすることになりました。 ブラームスのピ

記事を読む

マエストロ、岩村力先生!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日、 桐朋茨木教室の卒業演奏会、弦楽合奏科の定期

記事を読む

レッスンノート

ピアノが脳に良い理由②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの演奏を続けると良い理由について。 ①外国語

記事を読む

ピアノ 脳トレーニング

今年のレッスン始め・楽譜が書ける!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のレッスンが始まりました。 生徒さん達、お正月

記事を読む

合格マーク

合格のお知らせ

今日は嬉しいご連絡をいただきました。 音楽大学の到達度テストに、この春から来て下さったSさんが、

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

10台のピアノ

母との夢

悩んでいると・・ ピアノを弾いたり、生徒さんを教えたりしていると、必ず何か、立ち止まって考えたり、

記事を読む

英国王立音楽検定(ABRSM)

英国王立音楽検定(ABRSM)試験が終わりました

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日に、 「英国王立音楽検定」のピアノの試

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑