ピアノで立体的に脳を育てる

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

教室には年少さんから、小さな生徒さんが来て下さっています。

小さな生徒さんには、最初こそ片手ずつ指を動かす練習をしますが、

すぐに両手で弾けるように工夫しています。

 

s君

ピアノは両手で弾く楽器ですから、初めから両手で弾けるように指導していきます。

小さなお子さんこそ、初めが大切です。

 

ピアノを弾く生徒さんの手

 

ゆっくりでも両手で弾くことがスムーズにいくと、脳はそこへ向けて動き出そうとします。

左脳と右脳はゆっくりと反応し、そこへ向けて脳梁を強くし、

新しい神経の道を作ろうとします。

 

脳梁 立体脳を作る

 

弾けないところが出てきたら、片手ずつ練習することは必要ですが、

まず、両手で弾ける立体的は脳を構成しておくことが大切です。

 

小さな生徒さん(6歳半まで)は絶対音感トレーニングをして、絶対音感を身につけることも、

脳の働きには大きな力となります。(絶対音感とレーニングの記事を参照ください。)

 

またピアノの演奏で大切なのが読譜力、

「楽譜を見て、すぐに音に出来る力」です。

この力がないと、山ほどあるピアノ曲を読むことが苦痛になってきます。

「カノンピアノ」ではこの読譜の力、初見奏にも力を入れています。

立体脳をが上手く構成できてくると、

初見奏の力もつきはじめ、譜読みに時間を費やすことが少なくて済みます。

初見奏は「目でどんどん先を見て、弾いていく能力」ですが、この力も小さな時から育てると、

目や脳は楽譜を見た途端に、それに適応しようと動き出します。

この「ピアノを弾く立体脳」を身につけておくと、成長するにつれて、色々な事に対応する力が生まれてきます。

「次にどうなるか」・・を予想していくことが出来るからです。

ピアノを弾くことは、ピアノだけにとどまらず、人生を豊かにしてくれます。

生徒さんそれぞれが楽しく毎日ピアノが弾けるように、願ってやまず、

毎日楽しいレッスンを心がけています。

楽しく連弾

楽しく連弾中、カメラを見る余裕も!

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

4手連弾

テストが終わって・・

2週間ぶりのレッスン 期末テストが終わって、H君が2週間ぶりにレッスンにきました。 ソロのク

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感

相対音感とは・・ 絶対音感を持つ人にとって、「ド」は、どこに出てきても「ド」ですが、相対音感で感じ

記事を読む

江崎整骨院

身体のメンテナンス

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年末から身体の調整をしたかったのですが、 上手く予定が

記事を読む

二人でお茶

たまには生徒さんと!

私のレッスン室は「飲食禁止」なのですが、最近「飲」は仕方がありません。 確かにピアノの練習をし

記事を読む

レッスンノート

ピアノが脳に良い理由②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの演奏を続けると良い理由について。 ①外国語

記事を読む

ピアノのレッスンで何を伝えるのか?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いつもレッスンの時に考えること。 ピアノのレッスン

記事を読む

ヴァイオリンの伴奏

ヴァイオリンの伴奏

オーケストラパートの演奏 ドボルザークの、ヴァイオリン協奏曲の、オーケストラ部分の伴奏をすることに

記事を読む

ピアノの足台

ピアノの足に!

月日が経つのは・・ 今夜、生徒さんのライブコンサートに行ってきました。 生徒さんと言っても、

記事を読む

リスト

リストのお誕生日

リスト好き 10月22日はリストのお誕生日だそうです。 生徒さんが「あなたのせいで、結構苦し

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑