ピアノで立体的に脳を育てる

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

教室には年少さんから、小さな生徒さんが来て下さっています。

小さな生徒さんには、最初こそ片手ずつ指を動かす練習をしますが、

すぐに両手で弾けるように工夫しています。

 

s君

ピアノは両手で弾く楽器ですから、初めから両手で弾けるように指導していきます。

小さなお子さんこそ、初めが大切です。

 

ピアノを弾く生徒さんの手

 

ゆっくりでも両手で弾くことがスムーズにいくと、脳はそこへ向けて動き出そうとします。

左脳と右脳はゆっくりと反応し、そこへ向けて脳梁を強くし、

新しい神経の道を作ろうとします。

 

脳梁 立体脳を作る

 

弾けないところが出てきたら、片手ずつ練習することは必要ですが、

まず、両手で弾ける立体的は脳を構成しておくことが大切です。

 

小さな生徒さん(6歳半まで)は絶対音感トレーニングをして、絶対音感を身につけることも、

脳の働きには大きな力となります。(絶対音感とレーニングの記事を参照ください。)

 

またピアノの演奏で大切なのが読譜力、

「楽譜を見て、すぐに音に出来る力」です。

この力がないと、山ほどあるピアノ曲を読むことが苦痛になってきます。

「カノンピアノ」ではこの読譜の力、初見奏にも力を入れています。

立体脳をが上手く構成できてくると、

初見奏の力もつきはじめ、譜読みに時間を費やすことが少なくて済みます。

初見奏は「目でどんどん先を見て、弾いていく能力」ですが、この力も小さな時から育てると、

目や脳は楽譜を見た途端に、それに適応しようと動き出します。

この「ピアノを弾く立体脳」を身につけておくと、成長するにつれて、色々な事に対応する力が生まれてきます。

「次にどうなるか」・・を予想していくことが出来るからです。

ピアノを弾くことは、ピアノだけにとどまらず、人生を豊かにしてくれます。

生徒さんそれぞれが楽しく毎日ピアノが弾けるように、願ってやまず、

毎日楽しいレッスンを心がけています。

楽しく連弾

楽しく連弾中、カメラを見る余裕も!

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

桐朋・茨木教室 卒業演奏会

桐朋・茨木教室 卒業演奏会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、 桐朋学園大学附属子どものための音楽教

記事を読む

no image

大学に入学されても・・

生徒さんからのお便り K芸術大学に、この春合格した生徒さんから、夏のお便りを頂きました。 高

記事を読む

生徒さん・保護者の方からの声

生徒さん・保護者の方からの声

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 発表会が終わって2週間余り。 生徒さんや

記事を読む

Player_piano_keyboard

自動ピアノ

自動ピアノ 梅雨が明けて、暑い夏がやってきました。 今日、神戸の病院で、自動ピアノの演奏を耳

記事を読む

手のケアー

手のケアー

最近、気になりだした事 最近、生徒さんのお隣で一緒にピアノを弾くと、手が荒れているな~・・と良く思

記事を読む

ステージマナー ピアノ

ピアノ コンサートのステージマナー

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近新人のコンサートや知人の発表会に伺って、 一番

記事を読む

ピアノの練習

毎日の積み重ね

ピアノを演奏する!・・と云うこと ピアノを弾いて、暗譜をして、人前で弾く!・・ということは、簡単そ

記事を読む

兵庫県立芸術文化センター 見学会

兵庫県立芸術文化センターの見学

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 夏の発表会を兵庫県立芸術文化センターの小ホール

記事を読む

小澤母娘

母娘共演

ファミリーコンサート 今日は前からご招待を頂いていた、お母様とお嬢様の共演のコンサートに、

記事を読む

ベートーヴェン

Adagioってむずかしい

ソナタの2楽章 今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑