ピアノで立体的に脳を育てる

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

教室には年少さんから、小さな生徒さんが来て下さっています。

小さな生徒さんには、最初こそ片手ずつ指を動かす練習をしますが、

すぐに両手で弾けるように工夫しています。

 

s君

ピアノは両手で弾く楽器ですから、初めから両手で弾けるように指導していきます。

小さなお子さんこそ、初めが大切です。

 

ピアノを弾く生徒さんの手

 

ゆっくりでも両手で弾くことがスムーズにいくと、脳はそこへ向けて動き出そうとします。

左脳と右脳はゆっくりと反応し、そこへ向けて脳梁を強くし、

新しい神経の道を作ろうとします。

 

脳梁 立体脳を作る

 

弾けないところが出てきたら、片手ずつ練習することは必要ですが、

まず、両手で弾ける立体的は脳を構成しておくことが大切です。

 

小さな生徒さん(6歳半まで)は絶対音感トレーニングをして、絶対音感を身につけることも、

脳の働きには大きな力となります。(絶対音感とレーニングの記事を参照ください。)

 

またピアノの演奏で大切なのが読譜力、

「楽譜を見て、すぐに音に出来る力」です。

この力がないと、山ほどあるピアノ曲を読むことが苦痛になってきます。

「カノンピアノ」ではこの読譜の力、初見奏にも力を入れています。

立体脳をが上手く構成できてくると、

初見奏の力もつきはじめ、譜読みに時間を費やすことが少なくて済みます。

初見奏は「目でどんどん先を見て、弾いていく能力」ですが、この力も小さな時から育てると、

目や脳は楽譜を見た途端に、それに適応しようと動き出します。

この「ピアノを弾く立体脳」を身につけておくと、成長するにつれて、色々な事に対応する力が生まれてきます。

「次にどうなるか」・・を予想していくことが出来るからです。

ピアノを弾くことは、ピアノだけにとどまらず、人生を豊かにしてくれます。

生徒さんそれぞれが楽しく毎日ピアノが弾けるように、願ってやまず、

毎日楽しいレッスンを心がけています。

楽しく連弾

楽しく連弾中、カメラを見る余裕も!

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

本棚

ピアノの本の整理

整理ベタ 整理下手で困っています。 もう使わないと思っていても、本・・特にピアノの本は捨てた

記事を読む

スタンプ

スタンプを駆使して!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さな生徒さんは、個性がいっぱい! いつも楽しくレッス

記事を読む

しあわせ運べるように

「しあわせ運べるように」

阪神・淡路大震災から20年! 後1ヶ月ほどで、20年目の年を迎えます。 今年は学校やコンサー

記事を読む

no image

大学に入学されても・・

生徒さんからのお便り K芸術大学に、この春合格した生徒さんから、夏のお便りを頂きました。 高

記事を読む

音痴・絶対音感

音痴なの?

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんの中で、音程がひどく外れる方がいらっし

記事を読む

ピアノのレッスン室 となりのトトロ

となりのトトロ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんのMちゃんが「となりのトトロ」を弾きたい!

記事を読む

ハンブルグ・スタンウェイ 番匠

よみがえったハンブルグ・スタンウェイ!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ずっとスタンウェイをお世話下さった、Mさんが引

記事を読む

右手の345

右手の3、4、5の指

右手の役割 右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。 その中でも、右手の3、4

記事を読む

メダカ

亡くなったメダカくん達

昨年の初夏、桐朋の先輩からメダカをいただきました。 少し遠慮がちに、半ば強引に、発泡スチロール

記事を読む

親指くぐり

ピアノの音階 ・ 大切な親指くぐり

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 このホームページのお蔭で、小さな生徒さんが増えました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑