映画の魅力

公開日: : 日記, 趣味 ,

色々な人の目を通して。

昨日「大統領の執事の涙」の映画を見ました。

この映画は、アメリカの奴隷制度があった時代から、始まります。

黒人の少年が、周りの人に恵まれ、自分自身を鍛え、アメリカ大統領の執事として、アイゼンハワー大統領から、何代もの大統領に執事として仕える話です。

それが、アメリカの人種差別の歴史と重なり合いながら、話が進行して行きます。

チェリストのパブロ・カザルスが大統領夫人のジャックリーヌに招かれて、官邸で演奏するシーンがあります。

また、ケネディー大統領の暗殺のことが、ホワイトハウスの執事の目で描かれていて、とても興味深かったです。

各シーンにピアノの曲が。

最初のシーンに、いきなりシューマンのピアノ協奏曲の第1楽章が流れました。

ピアノの協奏曲の中でも、この曲の最初部分は印象的です。

その曲が、最初に流れた事で、より一層、この映画に引き込まれました。

この映画の中では、ピアノの曲がバックに流れています。モーツァルト、バッハなど・・

又、その時代、時代をを彩った音楽も流れてきます。

中でも、以前ゴスペルの練習に参加して、音楽の一体感を感じたことがあり、その経験を思い出して、楽しみました。

音楽ディレクターが選曲に当たるのでしょうが、曲が違ったら、映画は全く違うものになるのでしょうか?

シューマンのピアノ協奏曲は、弾いた事、そしてオーケストラ伴奏をしたことがあります。

最初の部分が華やかで、難しい割には、地味な曲かと私は思っています。

オーケストラ伴奏は、オーケストラのパート(全楽器部分)を、ピアノの譜面に書き直してあるので、ピアノの部分より難しいことがあります。

なかなか手強いですが、ピアノ譜はシューマンが書いた訳ではないので、気が楽?・・って言ったら、叱られるかな?

ジャンル

そういえば、黒人のピアニストや、ヴァイオリニストは少ないですね。

すぐには思い出せないです。

ジャズ、ブルースなど、ジャンルが分かれている気がします。

今、気がつきましたが・・

 

 

関連記事

腰痛予防 ピアノ練習

腰痛予防に!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを長い時間弾いたり、レッスンをしたりして

記事を読む

修学旅行

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 この時期、小学校6年生、中学校3年生は修学旅行で 、ピ

記事を読む

公立中学

夏休みの繰り上げ

公立学校の変化 大阪の公立の学校は、夏休みが10日~1週間、早く始まったそうです。 先日の音

記事を読む

ピアノデュオリサイタル

ピアノ デュオリサイタルの楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日、午前中にレッスンをしてから、 心

記事を読む

村上弦一郎先生・久保田巧先生の公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学のピアノ科の教授、 村上弦一郎先生のピ

記事を読む

ピアノ連弾

ピアノデュオは面白い!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   もうすぐサマーコンサートを

記事を読む

ピアノ発表&クリスマス会

パパも参加!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年は5月の連休辺りから、また夏休みに入る前と

記事を読む

ピアノと保育士さん

保育士さんとピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 保育士さんになるには、ピアノが弾けないといけない とズ

記事を読む

楽譜を書く

耳コピーで弾く!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 4月からピアノを始めた年長の生徒さん、もう 「ドレ

記事を読む

時間は作るもの!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 勉強とピアノの両立に悩む中学生がいます。 中学生も3年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑