映画の魅力

公開日: : 日記, 趣味 ,

色々な人の目を通して。

昨日「大統領の執事の涙」の映画を見ました。

この映画は、アメリカの奴隷制度があった時代から、始まります。

黒人の少年が、周りの人に恵まれ、自分自身を鍛え、アメリカ大統領の執事として、アイゼンハワー大統領から、何代もの大統領に執事として仕える話です。

それが、アメリカの人種差別の歴史と重なり合いながら、話が進行して行きます。

チェリストのパブロ・カザルスが大統領夫人のジャックリーヌに招かれて、官邸で演奏するシーンがあります。

また、ケネディー大統領の暗殺のことが、ホワイトハウスの執事の目で描かれていて、とても興味深かったです。

各シーンにピアノの曲が。

最初のシーンに、いきなりシューマンのピアノ協奏曲の第1楽章が流れました。

ピアノの協奏曲の中でも、この曲の最初部分は印象的です。

その曲が、最初に流れた事で、より一層、この映画に引き込まれました。

この映画の中では、ピアノの曲がバックに流れています。モーツァルト、バッハなど・・

又、その時代、時代をを彩った音楽も流れてきます。

中でも、以前ゴスペルの練習に参加して、音楽の一体感を感じたことがあり、その経験を思い出して、楽しみました。

音楽ディレクターが選曲に当たるのでしょうが、曲が違ったら、映画は全く違うものになるのでしょうか?

シューマンのピアノ協奏曲は、弾いた事、そしてオーケストラ伴奏をしたことがあります。

最初の部分が華やかで、難しい割には、地味な曲かと私は思っています。

オーケストラ伴奏は、オーケストラのパート(全楽器部分)を、ピアノの譜面に書き直してあるので、ピアノの部分より難しいことがあります。

なかなか手強いですが、ピアノ譜はシューマンが書いた訳ではないので、気が楽?・・って言ったら、叱られるかな?

ジャンル

そういえば、黒人のピアニストや、ヴァイオリニストは少ないですね。

すぐには思い出せないです。

ジャズ、ブルースなど、ジャンルが分かれている気がします。

今、気がつきましたが・・

 

 

関連記事

レッスンノート

新しい生徒さんを迎えて

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新年度を迎え、入学式や始業式で忙しくされていることと

記事を読む

メトロノーム

メトロノームの大切な練習

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆様はピアノの練習の時に、 メトロノームをお

記事を読む

凛太郎君1

初めての発表会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを始めて1年と少しの生徒さん、 譜読みが早く

記事を読む

ピアノを弾く手

成長する生徒さんの手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習いに来られた時から、数か月、半年、1年、2年と

記事を読む

4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもにはそれぞれの期間に、 タイムリミットがあり

記事を読む

夏休み

さあ、夏休みだ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 台風が来て、終業式が前倒しになった生徒さん達。

記事を読む

立体脳を作る 脳梁

ピアノで立体的に脳を育てる

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 教室には年少さんから、小さな生徒さんが来て下

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

ピティナ グレンツェンピアノ

新学年・子どもの疲れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年も早いもので、もう4月の後半になりました。

記事を読む

ABRSMテキスト 芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」

今年の英国王立音楽検定

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の英国王立音楽検定は音楽理論が3月末、実技

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑