ピアノのヴァレーション(変奏曲)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

3月に入って、毎週のようにピアノのコンサートに出かけています。

来週も、再来週も!!

今年は3月のコンサートが多いです。

今日は兵庫県立芸術文化センターに行きました。

このホールは木目のきれいなホールで、阪急・西宮北口から、

雨に濡れずに行ける、とてもこの辺りでは貴重なホールです。

今日はブラームス作曲の「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」を弾かれました。

変奏曲を聴きながら、子どもの頃に

モーツァルトの「きらきら星の主題による変奏曲」を弾いたことを思い出していました。

主題は本当に「きらきら星のメロディー」で始まります。

最初の2段はとてもシンプルです。

きらきら星変奏曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に進むにつれて、

個々のバレーションの性格や気持ちの変化を読まなければなりません。

また、そのためのテクニックも必要です。

一曲ずつが短いですが、本当に難しく、またとても勉強になります。

最後になるにつれ、最初とは比べ物にならないくらい、難しくなります。

きらきら星変奏曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のブラームスは聴いていても大変さが伝わる、超難曲です。

この曲を聴きながら、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」を思い出したなどと、

ふとどき者ですが、いやいや

変奏曲って難しいな!・・とついつい思った次第です。

でも、変奏曲がピアノの先生から頂けるのは、

先生は「ピアノが上手に弾けること」や「変奏曲が弾けるだろう」

と思っていると云うことですから、生徒さんにとっては課題ですが、

進歩している証拠のようなものだと、私は思います。

まだまだ小さい生徒さんが多い、「カノンピアノ」ですが、

是非弾いて欲しい、挑戦して欲しいです。

今は次々とバッハのメヌエットの方が続きます。

シンプルな良い曲ですが、シンプルな分、難しい曲です。

そういえば先日、ピアノのコンサートのアンコールに、

ベートーヴェンの「エリーゼのために」を弾かれたピアニストがいらっしゃいました。

それはそれは素敵な音色で、ベートーヴェンがいかにエリーゼが好きだったか!・・がわかる演奏でした。

子どもの曲ではないんですよ~

でも

有名な曲だから、皆が知っている曲だから、「怖いです!」

・・と弾かれる前におっしゃっていました。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

コンサートシリーズ

「関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご」終了

関西桐朋会のコンサートシリーズ「震災から20年を迎えて」が24日(月・振替休日)に終了致しました。

記事を読む

piano guys

piano guys

生徒さんから、ピアノとチェロのコラボの「piano guys」の話を聞いて、 早速、YouTu

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

ピアノのレッスンで何を伝えるのか?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いつもレッスンの時に考えること。 ピアノのレッスン

記事を読む

ベートーヴェンの墓

シューマンのお墓参り

今日、ラジオで シューベルトの交響曲第8番 が流れていました。 第8番はハ長調で、第6番の

記事を読む

no image

父の「月光」

大人のピアノ ピアノが大人になっても弾ける理由は、私の父に、原点があります。 父はピアノを弾

記事を読む

no image

小さな生徒さんの毎日の練習

指のための練習 ピアノを習い始めて、少し進むと、両手の曲ばかりになってきます。 その時期から

記事を読む

メトロノーム

メトロノームでピアノの練習

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンで、 生徒さんと曲の速さを決めるこ

記事を読む

ピアノと保育士さん

保育士さんとピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 保育士さんになるには、ピアノが弾けないといけない とズ

記事を読む

大統領の執事の涙

映画の魅力

色々な人の目を通して。 昨日「大統領の執事の涙」の映画を見ました。 この映画は、アメリカの奴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑