リズム感を養うには?

公開日: : レッスン, 日記 ,

3拍子の難しさ

リズム感を養うって、本当に難しいことです。

音楽を楽しむ上で、とても大切なことなのに。

ピアノを練習している時は、楽譜を見て音楽を感じながら、リズムを感じながら弾いています。

歌を歌っている時も、自然にリズムを取りながら、歌っています。

でも、意外とそれだけでは、リズム感って養われないんです。

特に日本人が苦手なリズムは、3拍子やアウフタクト(学校では弱起の曲と言われます)の曲は、リズムを意識しないと、拍がずれたりしてしまいます。

身体で感じることが出来ていれば、1拍目に身体のリズムが乗っているので、ズレないし、ズレてしまうと気持ちが悪くて、すぐにわかります。

2拍子、4拍子は!

最近は、幼稚園などで、以前に比べて、音楽を取り入れたところが増えています。

そのせいか、上手にリズムがとれる生徒さんが増えてきたように思います。

でも、日本人って元々農耕民族なので、2拍子、4拍子は得意でも、3拍子はなかなか、リズムが取りにくいようです。

オーストリアでは18才になると、全員がワルツが踊れるそうです。

さすが、音楽の都ですね。

日本の曲に、もっと3拍子の曲があると良いのですが・・

AKB48しかり、EXILEしかり。

ノリはいいし、楽譜にするととっても難しいリズムなのですが、3拍子はありませんね。

3拍子にすると、ダンスがとてもしづらくなる!

少なくとも、キレのあるダンスは難しい。

テレビには映えない!・・と云うことになります。

苦手なことを乗り越える事こそ

日々、苦手なことを感じつつ、それを乗り越えるには?・・と考えて、レッスンをしています。

 

関連記事

ピアノで遊ぶ

大人の方へ

芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」です。 現在、大人の方の体験レッスンのお申し込みを頂いておりますが

記事を読む

レッスンの中止

台風が来ました。 台風が四国に上陸。 その後、兵庫県に再上陸して、芦屋市も交通機関が混乱しま

記事を読む

メトードローズ 譜読み

新しい本!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先週、両手になった生徒さんに、 新しい本をお渡しい

記事を読む

フランス

留学の、嬉しいお知らせ

偶然の再会 8年前に桐朋を受けたいと言われてお教えした生徒さんとお母様に、偶然再会致しました。

記事を読む

ピアノを弾く子供

「先生が好き」

指導は厳しく、心の声を聞きながら・・ 小学生の生徒さんが「先生が好き」だと言ってくれました。

記事を読む

no image

写真撮影

西宮の写真館へ ホームページ、チラシ・プログラムのプロフィール用の写真を取りに、西宮の写真館に行っ

記事を読む

母校の校舎との別れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が学生時代を過ごした桐朋学園、 母校の取り壊しが

記事を読む

no image

パパの伴奏

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、 「育メン」などと云う言葉が流行っています。

記事を読む

澤口俊之

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その1

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 脳科学者 澤口俊之先生のインタビュー記事を抜粋

記事を読む

楽譜選び

楽譜選び

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾く時に、楽譜はそのように選んでいますか? 小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑