リズム感を養うには?

公開日: : レッスン, 日記 ,

3拍子の難しさ

リズム感を養うって、本当に難しいことです。

音楽を楽しむ上で、とても大切なことなのに。

ピアノを練習している時は、楽譜を見て音楽を感じながら、リズムを感じながら弾いています。

歌を歌っている時も、自然にリズムを取りながら、歌っています。

でも、意外とそれだけでは、リズム感って養われないんです。

特に日本人が苦手なリズムは、3拍子やアウフタクト(学校では弱起の曲と言われます)の曲は、リズムを意識しないと、拍がずれたりしてしまいます。

身体で感じることが出来ていれば、1拍目に身体のリズムが乗っているので、ズレないし、ズレてしまうと気持ちが悪くて、すぐにわかります。

2拍子、4拍子は!

最近は、幼稚園などで、以前に比べて、音楽を取り入れたところが増えています。

そのせいか、上手にリズムがとれる生徒さんが増えてきたように思います。

でも、日本人って元々農耕民族なので、2拍子、4拍子は得意でも、3拍子はなかなか、リズムが取りにくいようです。

オーストリアでは18才になると、全員がワルツが踊れるそうです。

さすが、音楽の都ですね。

日本の曲に、もっと3拍子の曲があると良いのですが・・

AKB48しかり、EXILEしかり。

ノリはいいし、楽譜にするととっても難しいリズムなのですが、3拍子はありませんね。

3拍子にすると、ダンスがとてもしづらくなる!

少なくとも、キレのあるダンスは難しい。

テレビには映えない!・・と云うことになります。

苦手なことを乗り越える事こそ

日々、苦手なことを感じつつ、それを乗り越えるには?・・と考えて、レッスンをしています。

 

関連記事

楽譜を書く

耳コピーで弾く!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 4月からピアノを始めた年長の生徒さん、もう 「ドレ

記事を読む

トリル

トリル(装飾音)

バッハのトリルこそ 生徒さんが、バッハのトリルで苦労しています。 編み出してきた技が、ピアノ

記事を読む

「英国王立音楽検定」ピアノ グレード1

英国王立音楽検定に合格されました。

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今年の前期に「英国王立音楽検定」

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

ベートーヴェンの墓

シューマンのお墓参り

今日、ラジオで シューベルトの交響曲第8番 が流れていました。 第8番はハ長調で、第6番の

記事を読む

手の形

進度が速い

7ヶ月でもう・・・ 今年の4月からレッスンに来てくれた小学1年生のR君、まだピアノを始めて7ヶ月な

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

ひょうごコンサートチラシ

コンサートの準備

震災から20年 私が所属しています、関西桐朋会主催のコンサート、「関西桐朋会コンサートシリーズvo

記事を読む

レッスン室のドア

個性的な生徒さん達

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」の生徒さん達、 「こんにちは!

記事を読む

胡蝶蘭

名曲の数々

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は私の所属する関西桐朋会の総会でした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑