タイトル付きのピアノ曲

公開日: : 最終更新日:2014/08/01 ピアノの練習, レッスン

タイトルがあっても・・

子どものピアノ曲の中で、タイトルの付いたピアノ曲集があります。

わかりやすい所では、ブルグミューラーの25の曲集ですね。

「狩り」「タランテラ」「貴婦人の乗馬」など、面白いタイトルが沢山ついています。

ヨーロッパならではのタイトルですね。

私はこの曲集に入ったら、どんな感じで弾いたらいいか?又、どんな風に弾きたいか?、タイトルからどんなことを感じるか?など、生徒さんと色々な話をして、曲のイメージをふくらませてもらいます。

この曲集は、ピアノを弾く上で、日本人にはなかなか感じ取れない、音楽の表し方の基礎が詰まっていると思うからです。

こんな時にスマートフォンで

今はスマートフォンと云う、とても便利なツールがあるので、わからない言葉や、子供達がイメージしにくい言葉をすぐに探せます。

以前は写真を探して見せたりしていましたから、本当に便利になりました。

「貴婦人」なんて言ってもわかりませんし、まして、その貴婦人が乗馬しているなんて、イメージするのは難しいと思います。

それを写真で見せると、少し分かったりするものです。

そうすると、最初の部分は見違えるように弾いてくれる生徒さんがいます。

誰でも持てる『想像の翼』!

イメージできても、結構難しい曲なので、上手く弾けない場合がありますが、私はそのイメージすることが大切だと考えています。

本を読んでも、イメージができないと、面白い本も興味が持てないですよね。

それと同じで、そうそう、朝の連続テレビ小節の「花子とアン」で言うところの、『想像の翼』です。

ヨーロッパで生まれ、育ったピアノの曲を理解するには、この『想像の翼』を広げることは、とても大切な事だと思います。

「牧歌ふうに」と云うタイトルも、日本の牧歌とヨーロッパの牧歌は全く違いますよね。

それをうま~くイメージして、ピアノを弾くことが、もっと好きになるように、レッスンしていきたいです。

 

 

関連記事

ピアノ 脳トレーニング

やわらかな脳を鍛える!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもが育つのに大切な脳の成長、 その成長に最

記事を読む

10台のピアノ

母との夢

悩んでいると・・ ピアノを弾いたり、生徒さんを教えたりしていると、必ず何か、立ち止まって考えたり、

記事を読む

岡本美智子 ムジカーザ

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、東京で恩師の会がありました。 昨年、大きな

記事を読む

腰痛予防 ピアノ練習

腰痛予防に!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを長い時間弾いたり、レッスンをしたりして

記事を読む

お花のプレゼント

生徒さんから!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 午後6時に来られる生徒さん、いつもちょっと早めですが

記事を読む

夏休み

さあ、夏休みだ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 台風が来て、終業式が前倒しになった生徒さん達。

記事を読む

修学旅行

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 この時期、小学校6年生、中学校3年生は修学旅行で 、ピ

記事を読む

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

トリル

トリル(装飾音)

バッハのトリルこそ 生徒さんが、バッハのトリルで苦労しています。 編み出してきた技が、ピアノ

記事を読む

手の形

進度が速い

7ヶ月でもう・・・ 今年の4月からレッスンに来てくれた小学1年生のR君、まだピアノを始めて7ヶ月な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑