メトロノームの大切な練習

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

皆様はピアノの練習の時に、

メトロノームをお使いでしょうか?

ピアノを弾く方は大体次の速さをわかっていることは、とても大切です。

 

電子メトロノーム

針がないので、子どもさん達には不向きですが、持ち運びに便利です。

 

*まず♩=60です。

これは時計の秒針の速さです。

まず、この速さが身体で会得していると、後の速さがわかり易いと思います。

*次に♩=120です。

これはピアノのスケールの速さです。

ピアノで音高、音大を目指す方には大切な速さです。

*その次は♩=80です。

私の教室の小さな生徒さん達のスケールは大体この速さを目指して頂きます。

この場合のスケールは2オクターブです。

 

スケール

 

遅いと思われるかも知れませんが、意外と難しい速さです。

特に下降ですね。

 

小学校低学年・中学年でこの速さを目指せると、

曲の中のスケールが楽にきれいに弾けて、

とても有能な速さだと思います。

 

*その次は♩=100です。

小学校高学年の方には是非目指してほしい速さです。

この速さが楽に弾けると♩=120は努力して弾ける速さです。

 

さて、メトロームは曲の練習にも使います。

生徒さん達は最初から同じ速さで弾いているつもりでも、

曲の途中で速くなったり遅くなったりします。

また左手が遅れたりしますので、

左手だけの練習にも使って頂きます。

「子どものツェルニー」や「ブルクミューラー」等の左手の練習です。

左手が転んだりくっついたりすることがあります。

そんな時にはまずゆっくりの練習からです。

 

メトロノームで練習

 

メトロノームで練習

「子どものツェルニー」より

 

初めに♩=60から弾きはじめます。

その速さで転ばずくっつかないように弾けたら、♩=66、72、80と少しずつ速くしていきます。

鍵盤の奥まできっちりと指が入るように、気を付けて弾きます。

勿論お家での練習が大切です。

 

ブルクミューラー

生徒さんの大好きな「ブルクミューラー」のアラベスク

左手が難しいです。

音がくっつかないように、指が転ばないように気を付けて。

 

「ブルクミューラー」の左手の連打です。

5-1ー2-1-2-1と指を変えて弾きます。

ここでもくっつかないように、音を揃えて弾きます。

 

メトロノームは使いますが、

音が揃っているか?・・どうかは、自分の耳で確かめます。

曲の中でのメトロノームはほんのお手伝いでしかありません。

後は

自分の耳で!

自分の感覚で!

自分の感性で!

同じピアノでも、みんな違うから、ピアノを弾くって楽しい!

ですね。

 

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

胡蝶蘭

名曲の数々

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は私の所属する関西桐朋会の総会でした。

記事を読む

音脳②

ピアノの練習で育む音脳とは②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 前回はピアノを毎日弾くことで養われる、基本的な音脳に

記事を読む

ベートーヴェン

Adagioってむずかしい

ソナタの2楽章 今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます

記事を読む

ピアノ ギロック

ピアノ教育者・ギロック

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私がギロックの作品に出会ったのは、くらしき作陽音楽大

記事を読む

体験レッスン

ピアノ・レッスングッズを補充

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先週から数名の 体験レッスンのお問い合わせがあり、

記事を読む

ピアノ 脳トレーニング

やわらかな脳を鍛える!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもが育つのに大切な脳の成長、 その成長に最

記事を読む

クリスマスリース

クリスマスカード🎄

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年も残り少なくなりました。 今年はコロ

記事を読む

ピアノ 脳トレーニング

ピアノの練習で育む「音脳」とは①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生からレッスンに来て下さっている生徒さん、

記事を読む

4手連弾

テストが終わって・・

2週間ぶりのレッスン 期末テストが終わって、H君が2週間ぶりにレッスンにきました。 ソロのク

記事を読む

聴音・楽典

楽しく練習すること。

書く事の大切さ ピアノを初めて半年経つと、絶対音感トレーニングをされている方は、 書きとって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑