ピアノも!遊びも!勉強も!

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 ピアノの練習 ,

ピアノの練習は時間がかかる

ピアノって、ピアノの進度が進めば進むほど、練習時間が必要になります。以前、生徒さんで、驚く事をしていた方がいました。

毎日3時間、きっちりと練習される生徒さんでした。ご本人が音楽が大好きですし、何よりピアノを弾くことが好きで、よほどのことがない限りは、毎日3時間は欠かさずに練習されていました。ところが、ある日を境に、練習しても、練習しても、伸びなくなってきました。3時間も弾いているのに、どうしてなんだろう?・・と私は考えましたし、お母様も勿論、私以上に考えていらっしゃったと思います。

あれ?どうしたの?

ある日、そのピアノの生徒さんのお母様から、朝早くにご連絡があり、今日お話に行かせて欲しい!・・とのことでした。朝の10時にお約束をして、生徒さんのお母様を待ちました。

いらっしゃるなり、「先生、弾けない理由が分かりました」とおっしゃいました。私はどんなお話になるのかドキドキ致しました。「毎日3時間の練習もしているし、片手ずつの練習もしています。それなのに変だなあ!・・と思って、練習は娘に任せていたけれど、練習の時に、私も注意して、ピアノの部屋の外で聞きました。」とおっしゃったんです。このお母様はご自分はピアノを弾かれませんでしたので、自分には良くわからない!・・と思っている方でした。普段から、「自分にはピアノのことは、良くわからないけれど、本人がピアノを弾きたいと言うので、先生、どうぞ宜しくお願いいたします。」と、良くおっしゃっていました。

ピアノがわからない人にも、分かってしまった練習

そのお母様がピアノの部屋の外で聞いたとおっしゃったので、驚いて聞き返しました。「どうして、そんなことをされたんですか?」と。お母様がおっしゃるには、片手の練習の音が、今まで聞いてきた練習と違う、とのことでした。それで、思い切って部屋に入りました。・・とおっしゃいました。

「どうしていたと思われますか?」聞かれましたが、私は皆目検討もつかず、「どうしていらっしゃったのですか?」とむしろ、こちらからお尋ね致しました。

片手はピアノ、片手は?

お母様がおっしゃるには、片手でピアノを弾きながら、もう片方の手で、漫画の本を読みながら、片手練習をしていたそうです。そりゃあ、どれだけ片手の練習をしても、身が入らないはずですね。

生徒さんは泣きそうな、困った顔をして、次の日にレッスンに来られました。

「漫画を読みたかったの?」と聞くと、こっくりと顔を縦に振りました。お母様は「もうー!」と云うお顔をされましたが、それはそれで、子供には子供の事情がありますので、生徒さんに聞きました。すると、学校でみんなが知ってる漫画を、彼女一人が知らなかったようで、学校で話ができないので、お友達に借りて、読んでいたそうです。「漫画は面白い?」と聞くと、そうでは無いらしいんです。つまり漫画が面白いわけではないけれど、お友達の輪に入れないのが嫌で、読んでいただけのようでした。

そこで、生徒さん、お母様、私の3人で、学校が楽しく無ければ、ピアノにも支障が出るので、ここは少し譲って、30分だけ漫画に時間を割こう!・・と云うことになりました。生徒さん自身が得心の行くまで、それは仕方無いことかもしれない、とお伝えして、漫画タイムを30分取って頂くことに致しました。

しかし思ったほど、漫画にはのめり込まず、1ヶ月もしたら、元の生徒さんに戻りました。漫画は面白くないので、もう読まない!・・とのことでした。でも、もし又読みたくなったら、お母様と私には言ってね、とお伝えして、このお話は無事に解決致しました。

子供には子供の世界も

ピアノを弾いている子供には、学校と云う世界や、ピアノと云う世界があります。どちらが上手く行かなくても、苦痛になりますから、何かで困った時は、すぐに話して欲しかったのですが、まさか、漫画が読みたいとは言いづらかったのかも知れません。どちらも上手く解決出来た例ですが、何かあったら、どんなつまらないと思われることでも話していただけるように、雰囲気作りには、気を付けるようにしています。

良く遊び、良く学べ!そしてピアノの練習!

楽しくピアノ、楽しく遊び、頑張って勉強!ピアノをしている人は、人より多くのことをしないといけませんが、遊ぶことも大切だと、私は考えています。時間を作って、思い切り遊びましょう!その楽しさが、又ピアノに反映する事でしょう。

関連記事

興津さん

ピアノレッスンの帰りは笑顔で!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンで弾けなかったり、 先生の言われる

記事を読む

ポールと連弾

発表会🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 このホームページを2年前に開設しましてから、生徒さんが1

記事を読む

島村楽器

ピアノ教則本とピアノ曲の研究

効率良く、ピアノ練習をすすめるには 常に効率よく、ピアノの練習が出来て、進度が早く進めるように、日

記事を読む

no image

音階の指の運び方

大切な音階の練習 5本の指がキレイに動くようになったら、いよいよ指をくぐる、音階の練習が始まります

記事を読む

趣味Do楽有森也実

大人のピアノ、子供のピアノ

大人の楽しみ 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、子供さんは勿論のこと、大人の方にもピアノを楽

記事を読む

立体脳を作る 脳梁

ピアノが習いごとに良い理由 (1)

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   指は「第2の脳」と言われていま

記事を読む

ピアノで遊ぶ

ピアノで遊ぶ

発表会に出るのに・・ 発表会に出たい!・・と云う生徒さん。 バッハとドビュッシーが弾けてきま

記事を読む

凛太郎君1

初めての発表会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを始めて1年と少しの生徒さん、 譜読みが早く

記事を読む

芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」

レッスン始め🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新年、あけましておめでとうございます。 昨年の

記事を読む

レッスンノート

生徒さんを知る事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンをするうえで、 「生徒さんを良く知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑