兵庫県立芸術文化センターの見学

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 コンサート, スタンウェイ, ピアノの練習, レッスン, 一押し, 日記 , ,

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

夏の発表会を兵庫県立芸術文化センターの小ホールで致します。

先日、初めて兵庫県立芸術文化センター・小ホールの見学会に行ってきました。

兵庫県立芸術文化センター 入口

 

 

この会場は何度か使用したことがありますが、使ったのは大人の方ばかりでした。

小さな生徒さんが出る発表会に使用するのは初めてですので、芸文の方から見学のお誘いを受けました。

見学会に伺って、本当に良かったです。

このホールが楽屋へのセキュリティーが厳しい事は解っていたのですが、

生徒さんと保護者の方々をどのようにして楽屋へ通って頂くかが、最大の難関です。

 

特にリハーサルをすることを考えていますので、

裏からパスを使って入って頂くのが大変難しいです。

このホールで、上手く発表会をされている先生がいらっしゃるようですが、リハーサルはされない先生も。

生徒さんが小さいとそれはとても難しいこと思いました。

雰囲気にのまれてしまうこともあると思いますので、

知恵を絞って、上手くリハーサルが出来るようにしていきたいと、

生徒さんや、お手伝い下さる方々の動線を組み立てて、考え中、検討中です。

 

兵庫県立芸術文化センター 見学会

時間のロスが無いように動ける手立てを考えなければなりません。

兵庫県立芸術文化センター 見学会

階段が急で狭いので、生徒さんの安全も考えないといけません。

兵庫県立芸術文化センター 楽屋

楽屋です。

兵庫県立芸術文化センター 楽屋

ピアノがある楽屋です。

交代で使って頂きます。

 

殆どの生徒さんには、曲目をお渡しいたしました。

後は練習あるのみですね。

デュオも弾く生徒さんは、お母様やご兄弟とごっしょに弾かれます。

 

勿論、ソロはクラシックを弾いて頂きますが、

デュオは弾きたい曲を弾いて頂きます。

でも、デュオは是非「弾きたい曲を出来るだけ弾いてほしいと思っています」

「リベルタンゴ」や「情熱大陸」そして、ミスターチルドレンの「HANABI」です。

「コードブル」の主題曲ですが、7月に映画放映が決まっていて、そのために毎日、午後に再放送をしているようです。

また「魔女の宅急便」の「ルージュの伝言」も弾かれますので、とても楽しみです。

ピアノは聴いてくださる方々のためにも良い演奏をしたいものですが、

楽しみのピアノは、自分のために弾くことが大切です。

まだ2か月はありますし、細かいところまで、きっちりと指導していきます。

生徒の皆さん、一緒に頑張りましょう!

 

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

 

 

関連記事

体験

聴音の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日はお教室に、 聴音の体験レッスンの方が来てくだ

記事を読む

立体脳を作る 脳梁

朝昼脳・夜脳

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は海の日で月曜日の祝日です。 3連休

記事を読む

ピアノ体験レッスン

体験レッスンにようこそ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 体験レッスン(大人の方) 先週は大人の方が、今週は年少

記事を読む

体験レッスン

導入クラスは元気いっぱい!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は朝から雪がチラチラしていました。 私の勤

記事を読む

ピアノ連弾

生徒さんとの連弾

生徒さんとの連弾 生徒さんとクリスマスにピアノで連弾をすることになりました。 ブラームスのピ

記事を読む

スタンウェイ

入会金無料!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 以前に友人のピアノの先生から、 「先生のピアノ教室

記事を読む

電子ピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、レッスンのお問い合わせで、 電子ピアノでの練

記事を読む

スタンプ

スタンプを駆使して!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さな生徒さんは、個性がいっぱい! いつも楽しくレッス

記事を読む

僕、ドラえもんです

「ぼく、ドラえもんです💓」

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習いに来られる生徒さんの中には、とても

記事を読む

スタンウェイ

音楽づくり

絶対音感・耳コピーの弊害 中学1年生のピアノの生徒さんは、とても優れた絶対音感を持っています。私が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑