習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。
昨日の澤口先生のインタビューの続きです。

大事なのは“社会の中でうまく生きていく知能を育てること”

習い事をさせるにあたって気をつけるべきことはありますか?

「一番よくないのは、特化したものばかりやって、その成功に満足することです。

つまり、
計算だけ特化してできても文章問題ができないのでは意味がありません。

跳び箱ばかりやってそれだけが特化してできても、

ボールがうまく蹴れなければ運動知能が伸びているとは言えません。

受験勉強がいい例です。

あれは、勉強のスキルは身につきますが、能力を伸ばすものではありません。

あくまでも受験を勝ち抜くためのスキルなんです。

いい学校に受かったからといって、人生の成功ではないですよね?

いい学校に入っても社会に出てドロップアウトしてしまう人はたくさんいます。

逆に受験で失敗したからといって、人生で成功している人はたくさんいます。

つまり、

人生を生き抜くために必要なのは、

スキルではなく、

自分の頭で考え、自分で判断し行動できる能力・地頭が何より必要です。

そこを伸ばしてあげてください。

そして、どうかお子さんの目の前の成功や失敗に一喜一憂しないでください。

あくまでも“今は社会の中でうまく生きていく知能を育てている”という段階なので、

もっとずっと先を見据えて見守ってあげてください。

お子さんが自分の夢をもち、将来それを叶え幸せな人生を送れるように、

お子さんを信じて導いてあげてください」

澤口先生の記事を2回に渡って掲載致しました。

皆さんはどの様にお感じになられますでしょうか?

子供を良いと思う道に導きたいのは、

親として考える、当たり前!・・とも言えることです。

ただ、その導き方が難しいところでしょう。

幸せな人生は、人によって違いますが、

少しでもその人生へのお手伝いができると、嬉しいと考えています。

ご興味がおありのかたは、澤口先生のご本が出ていますので、

是非、ご覧にならてはいかがでしょうか!

 

 

芦屋市 /   神戸市東灘区 /   神戸市灘区 /   西宮市 /   宝塚市

お問い合わせ (無料体験レッスン等)

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

関連記事

聴音・楽典

楽しく練習すること。

書く事の大切さ ピアノを初めて半年経つと、絶対音感トレーニングをされている方は、 書きとって

記事を読む

串倶楽部

お盆なので!?

今年も・・終戦記念日が! 今年も8月15日がやってきました。 朝から終戦記念日の特集が組まれ

記事を読む

ピアノはいつからでも始められます。

ピアノはいつからでも始められます。

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今夏、発表会を開催することになっています。 20

記事を読む

モーツァルトのトルコ行進曲

モーツァルトのトルコ行進曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   モーツァルトのトルコ行進曲はみんなが

記事を読む

土井緑先生

土井緑先生

リサイタルに行きました。 昨日、土井緑先生のリサイタルに、大阪・梅田のザ・フェニックスホールに行っ

記事を読む

知恵ちゃん

楽しんでピアノ🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 この5月の連休明けからピアノを始めた小学校1年生の方

記事を読む

苦手意識を作らないために(譜読み)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さい時から「カノンピアノ」教室に通って下さる生徒さ

記事を読む

レッスングッズ

体験レッスンと電子ピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 体験レッスンに来て下さったSちゃん、 お母様もSちゃん

記事を読む

きれいな手の形

ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて

記事を読む

生徒さんの弟

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生の 生徒さんの弟クンが、4月からピアノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑