ピアノリサイタル

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 コンサート

真っ向勝負!

今日は同窓生のピアノリサイタルに、宝塚のベガホールまで行って来ました。

昔、ピアノのリサイタルでこのホールを使う方が多く、母と良く行きました。このホールを使った「ベガコンクール」があって、今は、生徒さんの演奏を聴きに来たりします。今日もエントランスに結果が発表されていました。

今日の曲目はバッハのフランス組曲、ベートーヴェンのワルトシュタイン、シューマンのクライスレリアーナでした。ドイツものの、しかも直球勝負!真っ向勝負でした。

スゴいプログラム

1番楽しみにしていたのは、シューマンですが、まず、バッハがとても良かったです。ガボットとジーグ、ブラボー!です。音がきれいで、繰り返しの度にトリルの変化や、音色の変化があって、楽しみました。

2曲目がベートーヴェン。ベートーヴェンのワルトシュタインは、有名な曲ですが、有名過ぎて、余り手を出す方は、最近いらっしゃいません。私も何度か弾いてみましたが、ずっと同じ事を弾いているようで、だんだん苦しくなってきた覚えがあります。本当に久しぶりに聴いて、私の恩師の井口基成先生を思い出しました。この方も井口先生に師事されていらっしゃいました。繊細なところと、断言するように決然と弾く所を、巧みに弾き分けていらっしゃいました。

2楽章から3楽章になだれ込む感じの作風が、ベートーヴェンのコレ以前の作品と違いますね。ロマンティックでドラマティックな聴いているだけなら、素晴らしい作品だと思います。自分で弾くには、辛い曲を、難なく弾くすごさ!後半のシューマンが楽しみでした。

休憩の後、待ちに待ったシューマン。この曲はピアノの技巧的に難しく、且つロマン派らしい表現は難関に次ぐ難関。この曲が一つのまとまりのある作品に、仕上がっていたのに、素晴らしい構成力だと思いました。fff~pppまで、またその中の表情が一つ一つ際立って、素晴らしいシューマンでした。

心にしみるプログラムの「ご挨拶」

プログラムに書かれていた「ご挨拶」も素晴らしく、一人のピアニストの岩崎淑先生から「演奏する幸せを続ける様、励まされ準備した」と書いてありました。

演奏することがいかに楽しいかが、身体中から溢れ出た、素晴らしい音に囲まれた時間でした。

ピアノって素晴らしい。演奏出来る幸せ、心にしみますね。

 

関連記事

ベルリン・フィル

ベルリン・フィルの野外コンサート

懐かしい野外コンサート テレビでベルリン・フィルの野外コンサートが放映されました。 オーケス

記事を読む

ポロニアコンサート

桐朋(ポロニア)コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年ももう、1月の半ばを過ぎました。 そろそろ

記事を読む

お月謝について

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 6月の半ばからイギリスへ行きます。 そのために

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

ひょうごコンサート

関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご

みんなの力で。 関西桐朋会のコンサートシリーズも、今年で3回目を迎えます。 2年に1度の割合

記事を読む

ピアノ 辻井伸行

辻井伸行さんのピアノが教えてくれたこと

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 2009年にアメリカで行われた「ヴァン・クライバーン

記事を読む

新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学を出られた方々の、3月15日(日)の午後

記事を読む

ブラームス ハンガリー舞曲

生徒さんとの連弾の練習が始まりました。

今日は生徒さんとの、1回目のピアノデュオの練習でした。 ブラームスのハンガリー舞曲の4番を一緒に弾

記事を読む

フェスティバルホール

新しくなった、大阪フェスティバルホール!!

お誘い 今日も過ごしやすい日でした。芦屋川から見た六甲山がとてもキレイな緑色で、木々の命を感じます

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑