ピアノが習いごとに良い理由 (1)

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

 

指は「第2の脳」と言われています。

指は脳の中の運動を司る「運動野」や、感覚を司る「感覚」と密接につながっています。

毎日、手を使って色々な動作をしている「手と指」、複雑で精巧な動きをします。

箸やナイフ・フォークを使って食事をしたり、鉛筆や筆を持って紙に書いたりする、

このような「運動機能」を司る「運動野」です。

また、手で触って、手ざわりや物の形態などを確かめる「感覚野」も同時に働いています。

この2つの「運動野」「感覚野」を始めとして、

大脳の3分の1近くが指と手のコントロールのために使われています。

 

R君ピアノ演奏

脳は沢山の指令を手と指に出していますが、逆に手と指からも多くの刺激を受けて、

刺激され、変化して、それに必要な脳内の領域を広げようとします。

手や指を良く動かして、その情報をで脳を刺激することは、脳をより活性化させることになります。

 

知恵ちゃんのきれいな手の形

 

小さなお子さん達は、

幼稚園や保育園で折り紙をしたり、絵を描いたり、

鉄棒や縄跳び、ボールを使って遊んだりしています。

初めは上手く出来なくても、毎日行うことで、どんどん成長していきます。

 

そんな時期の習い事はピアノが1番だと、

「ホンマでっかTV」の出演されている脳科学者の澤口俊之氏が言われています。

 

澤口俊之

 

澤口俊之氏いわく、「ピアノはスキルを伸ばすだけでなく、地頭を作る万能な習い事と云うことが、脳科学的に」と言われています。

そして、この貴重な幼児期はあまり時間が無い!

とも言われています。

6歳までに「今行った事が色々な能力につながる現象をおこなっておく」必要があります。

そして、

遅くとも8歳までに、この能力が将来に繋がるようにしなければなりません。

・・・ですので、「カノンピアノ」にお問い合わせを下さる方は、年少~年中が多いです。

ただ、私は今までの経験上、年少でも年少の後半、又は年中の初め頃で充分と考えています。

勿論、個人差はありますが・・。

 

次回の(2)は「絶対音感トレーニング」が脳の発達に良い理由をお伝え致します。

 

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

モーツァルト ブラームス ラフマニノフ ドヴォルザーク

デュオの顔合わせ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 8月に入って、暑い日がまだまだ続きます。 その

記事を読む

no image

パパの伴奏

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、 「育メン」などと云う言葉が流行っています。

記事を読む

リスト

リストのお誕生日

リスト好き 10月22日はリストのお誕生日だそうです。 生徒さんが「あなたのせいで、結構苦し

記事を読む

no image

写真撮影

西宮の写真館へ ホームページ、チラシ・プログラムのプロフィール用の写真を取りに、西宮の写真館に行っ

記事を読む

ピアノ・ドビュッシー

関西桐朋会・ミニコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の所属する 関西桐朋会では、 毎年の総会のあと

記事を読む

no image

ピアノ演奏と左利き

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、 左利きの生徒さんに出会いました。 一人は

記事を読む

ピアノを弾く生徒さんの手

先生、ここ教えて!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   ピアノを習い始めて3年と少

記事を読む

江崎整骨院

身体のメンテナンス

身体の痛み、凝りには ピアノを熱心に弾いたり、勉強を一生懸命したりすると、身体も疲れます。同じ姿勢

記事を読む

岩崎先生

例え、短い練習時間でも・・

毎日の効果的な練習 岩崎淑先生が「ピアニストの毎日の練習帳」と云う本を出版されています。 私

記事を読む

ピアノデュオリサイタル

ピアノ デュオリサイタルの楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日、午前中にレッスンをしてから、 心

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑