脳活!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

年齢を重ねると短期の記憶力が低下することは仕方のない事です。

例えば、「顔は覚えているけれど名前が出て来ない」

「お釣りの計算がすぐに出来ない」など・・

けれども、日常、ちょっとしたことを思い出したりする訓練をすることで、

記憶力の低下を防ぐことが出来ます。

脳は良く使えば使うほど、新しいネットワークを作り出そうとします。

逆に使わなくなると、その部分の成長が止まり、やがては無くなってしまいます。

それ故に、毎日どのように過ごしていくかが大切なこととなります。

日常生活のちょっとした「脳エクササイズ」で、脳のどこの回路も閉じることのない、

生き生きとした脳内環境を作り出しましょう。

お金のやり取りをするときに、お釣りの計算をしてみる。

耳にした言葉の漢字を思い出してみる。

今日一日の出来事を思い出してみる。

朝食、夕食など、一日食べた物を思い出してみる。

誰とどんな話をしたかを思い出してみる。

・・など、是非

「記憶の呼び起こし」をしてみましょう。

「記憶は呼び起こされたことで」、脳に記憶を定着させようとします。

毎日のちょっとしたことですから、是非試してみてください。

そして、次に指を動かしてみましょう。

指先を動かすことは、脳をより活動的に動かすトレーニングになります。

まずはグーとパーを繰り返すだけでも構いません。

次に右手が常に勝つように「右手がグー」なら「左手はチョキ」になるように。

又はその逆など、試してみて下さい。

右利きの方は、意外と左手のチョキはやり難いかも知れません。

そんな、ちょっとしたことからやってみると、意外と脳はそれに応えてくれます。

子どものころからの

「ピアノを弾く」「絶対音感トレーニングをする」などの行為は、

脳の働きや発達にとても役立ちます。

 

ピアノと脳の発達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの頃からピアノを続けていると、脳は大人になってもその行為に応えようとしてくれます。

お子様の成長に、是非「ピアノを弾く」事をお勧め致します。

大人になってからでも、勿論遅くはないです。

指を動かして、是非「脳活」をやってみてください。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

 

 

関連記事

ピアノのテクニック

楽譜さがし

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 沢山の曲が弾けるようになるには、譜読みが大切です。

記事を読む

石井志都子

石井志都子先生

素晴らしい先生 私の勤務致します、桐朋学園の子供教室で10年に渡って室長をしてくださった、

記事を読む

音符

ヘ音記号&ト音記号

五線に慣れると。 生徒さんが五線の楽譜に慣れてくると、次は加線、 特にト音記号&ヘ音記号の間

記事を読む

岡本美智子 ムジカーザ

恩師の会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、東京で恩師の会がありました。 昨年、大きな

記事を読む

ピアノ伴奏

弾いてきました🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋の子ども教室「茨木教室」で ヴァイ

記事を読む

村上弦一郎先生・久保田巧先生の公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学のピアノ科の教授、 村上弦一郎先生のピ

記事を読む

小学2年生のノート

書くのも好き!

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 絶対音感トレーニング中の生徒さんも、トレーニ

記事を読む

春休みの無料体験レッスン(お子様)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 お彼岸にお墓とお寺に出かけました。 暖かい日で、うぐい

記事を読む

エリザベート

宝塚歌劇団

宝塚男子 私の住む芦屋は、宝塚まで、車で30分足らず。 若い男の子で、宝塚の歌劇が好きな人が

記事を読む

母娘 手つなぎ

音楽の力・ピアノの力

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 音楽は 感動を与えてくれたり、心を慰めてくれたり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑