ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニックを基に、

身体の構造のマッピングや腕や手、筋肉、呼吸などのマッピングについて、

書いていきたいと思います。

ピアニストは

かなり身体に大きな負担をかけて、

身体の痛みや故障を抱えている方がいらっしゃいます。

それは身体の使い方と脳で作業する、ピアノに対しての大きな間違いがあるとアレクサンダー・テクニックが教えてくれます。

まず身体に関してですが、以前から私が何度かこのブログで書いているように、

ピアノはヴァイオリンなどと違って

、西洋の大きな男性や女性から、

日本の小さな年少さんまで、同じ楽器を使うことになります。

姿勢Мちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァイオリンは身体の大きさによって16分の1から楽器がありますが、ピアノは鍵盤の数も鍵盤の幅も、どのピアノでも同じです。

つまり小さな

生徒さんは自ずと力に頼って弾きがちです。

しかし、そんなことを小さな時から繰り返していると、ピアノは力で弾くものだ!、大きな音を鍵盤を叩いて出すものだ、

そのためには腕や手首が痛くても、ある程度我慢しなければならない!・・と

勘違いをしてしまいます。

ピアノの構造を知っていれば、ピアノをごく初歩から、力を入れず、指の形を整えて、

そんなに力を入れずに、美しいタッチ、きれいな音色が作り出せます。

小さな生徒さんは良い習慣はなかなかつきませんが、何故か悪い習慣はすぐに身についてしまいます。

又、ついた習慣はなかなか修正出来ません。

何事も初めが肝心です。

さて、まずボディーマッピングです。

ボディーマッピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように、

身体は真っ直ぐになっていなければなりません。

背中を真っ直ぐに!・・と言いますが、

実は背骨は背中にありますが、本来、

意識しないとならないのは、背骨の内側、

つまり背中側では無く、

もう少し身体の中心部の事を言います。

耳穴、肩口、背骨の内側、腰が一線に並んでいる立ち方、

ボディーマッピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座り方が最も自然と云えます。

小さなお子さんになればなるほど、まずは基本的な姿勢を整えなければなりません。

勿論、大きくなれば、足も足台からは離れ、自分の上体の位置が良い場所に座ることになりますが、

足台の必要な子供のときこそ、きれいな姿勢で弾くことが大切です。

ピアノのレッスンはたかだか、週に一回、30分から1時間位のものです。

ですから、どうしても

ご家庭での練習に気を付けて、

楽な形でピアノが弾けるような努力は、どうしても必要です。

初めは少ししんどくても、慣れとは恐ろしいもので、そのうちきれいに座ることが出来ます。

毎日の練習が大切な身体のマッピング練習になりますね。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

ピアノ 脳トレーニング

今年のレッスン始め・楽譜が書ける!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のレッスンが始まりました。 生徒さん達、お正月

記事を読む

4手連弾

テストが終わって・・

2週間ぶりのレッスン 期末テストが終わって、H君が2週間ぶりにレッスンにきました。 ソロのク

記事を読む

祈り

震災から明日で20年

もう20年も経ってしまったんですね。 子供達が大きくなったので、そんな月日は流れたのだと思いますが

記事を読む

テスト

テストで思う事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年度末、グレードテストが終わりました。 テスト

記事を読む

ポール

3Bを弾く生徒さん!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今、ピアノのレッスンで、 3Bを弾く生徒さんがいま

記事を読む

no image

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」へようこそ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」へようこそ! 数あるホームページから、「カノンピアノ」の

記事を読む

ツェルニー30番

30番ツェルニーに入る前に

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 30番ツェルニーに入る前に、どのようなテキストを使うかは

記事を読む

シューマンの楽譜

ピアノの練習の進め方

イヤにならない魔法 導入のピアノの練習は、時には難しい練習が出てきます。でも、難しい練習は2~3週

記事を読む

自筆譜

ショパンの自筆譜

自筆譜 ショパンの自筆譜にの中から、ピアノエチュードOp.10-8を見つけました。 1部に書

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑