青柳晋先生の公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

先日、私の勤務先の桐朋学園・茨木教室で、

青柳晋先生の公開レッスンが終わりました。

 

青柳晋先生のピアノ公開レッスン

 

第1部は小学生、第2部高校生以上の生徒さんでした。

青柳先生は普段、小さな生徒さんは教えていらっしゃらないそうで、

先生ご自身はご心配されていらっしゃったようですが、言葉を選んで、

小学生の方にもわかり易く教えてくださいました。

 

モーツァルトのソナタには

「細かいところにもこだわって弾くこと」

「フレーズの1拍前から次の音・フレーズを弾く体制を作ること」。

また「洗練」と言う言葉をおっしゃりたかったのですが、

小学生には難しい言葉だと思われて、それを生徒さんが好きなチョコレートアイスクリームに例えておっしゃいました。

 

生徒さんのレッスンが終わるごとに、

おっしゃったことを再度

大切な事をまとめてお話して下さったことが、とてもわかり易かったです。

 

第2部の生徒さん達はいつも青柳先生が接していらっしゃる生徒さんの年齢です。

ベートーヴェンのソナタの第24番は何気ない曲だと思うかもしれないけれど、

他のベートーヴェンの大曲と言われているソナタに匹敵するほど難しい曲です。

この曲に対しては、旋律を弾く時の息遣いや、左手の和音の変化を細かく説明しながら弾いてくださいました。

 

またリストのバラードやショパンのバラードは、

難しい箇所になればなるほど、沢山の声部が混ざり合ってしまうので、

その箇所こそ、きれいに弾き分けられないといけないと言われました。

 

ショパン バラード4番

ショパンのバラード4番:上の音と下からの音が接近すればするほど、引き分けが難しい。

 

それは本当に難しいことです。

そこにいくまでの子どもの頃にしっかりと伝えて、

簡単なところから弾き分けられるように指導しておかなければならないと痛感致しました。

また

「細かい音は人間の身体で例えると血管、長い音符は骨や筋肉」

と言われたのは印象的でした。

 

先を見据えて、初歩から正しく学んでいくことは何事においても大切なことです。

このような公開レッスンは、弾いて下さる生徒さんと教えて下さる先生から、

小さな頃から、身につけておかなければならないことを、改めて確認させていただけます。

日頃から気を付けていることに新たな角度から切り込んで頂けて、

楽しいレッスンを拝見させて頂くと共に、勉強させていただきました。

 

※青柳先生の公開レッスンは写真等が禁止でしたので、レッスン風景は掲載できませんでした。

 

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

発達障害とピアノ練習

発達障害とピアノ ①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆さんは「発達障害」と聞かれると、どのように思われますか

記事を読む

ピアノの部屋の花

ピアノの部屋の花壇

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私はお花が好きで、 季節には庭に花を植えているので

記事を読む

no image

梅雨時のピアノ管理

風を選んで。 梅雨の真っ只中! 外も家の中も、湿度が高いですね。ピアノの管理に注意が必要です。 私

記事を読む

ヘンゼルとグレーテル

フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」

今年のクリスマス会 9月になると、音楽教室では、今年のクリスマス会をどんなものにしたいのか、考え始

記事を読む

合格マーク

合格のお知らせ

今日は嬉しいご連絡をいただきました。 音楽大学の到達度テストに、この春から来て下さったSさんが、

記事を読む

スタンウェイ

入会金無料!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 以前に友人のピアノの先生から、 「先生のピアノ教室

記事を読む

メダカ

亡くなったメダカくん達

昨年の初夏、桐朋の先輩からメダカをいただきました。 少し遠慮がちに、半ば強引に、発泡スチロール

記事を読む

ABRSMテキスト 芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」

今年の英国王立音楽検定

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の英国王立音楽検定は音楽理論が3月末、実技

記事を読む

ピアノ 楽譜

楽譜を見たら、書いてみよう!

私の「カノンピアノ」教室では、導入の時に、見て弾いた楽譜を、少し書いたりしています。書くと、見るだけ

記事を読む

ピアノを弾く子供

「先生が好き」

指導は厳しく、心の声を聞きながら・・ 小学生の生徒さんが「先生が好き」だと言ってくれました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑