青柳晋先生の公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

先日、私の勤務先の桐朋学園・茨木教室で、

青柳晋先生の公開レッスンが終わりました。

 

青柳晋先生のピアノ公開レッスン

 

第1部は小学生、第2部高校生以上の生徒さんでした。

青柳先生は普段、小さな生徒さんは教えていらっしゃらないそうで、

先生ご自身はご心配されていらっしゃったようですが、言葉を選んで、

小学生の方にもわかり易く教えてくださいました。

 

モーツァルトのソナタには

「細かいところにもこだわって弾くこと」

「フレーズの1拍前から次の音・フレーズを弾く体制を作ること」。

また「洗練」と言う言葉をおっしゃりたかったのですが、

小学生には難しい言葉だと思われて、それを生徒さんが好きなチョコレートアイスクリームに例えておっしゃいました。

 

生徒さんのレッスンが終わるごとに、

おっしゃったことを再度

大切な事をまとめてお話して下さったことが、とてもわかり易かったです。

 

第2部の生徒さん達はいつも青柳先生が接していらっしゃる生徒さんの年齢です。

ベートーヴェンのソナタの第24番は何気ない曲だと思うかもしれないけれど、

他のベートーヴェンの大曲と言われているソナタに匹敵するほど難しい曲です。

この曲に対しては、旋律を弾く時の息遣いや、左手の和音の変化を細かく説明しながら弾いてくださいました。

 

またリストのバラードやショパンのバラードは、

難しい箇所になればなるほど、沢山の声部が混ざり合ってしまうので、

その箇所こそ、きれいに弾き分けられないといけないと言われました。

 

ショパン バラード4番

ショパンのバラード4番:上の音と下からの音が接近すればするほど、引き分けが難しい。

 

それは本当に難しいことです。

そこにいくまでの子どもの頃にしっかりと伝えて、

簡単なところから弾き分けられるように指導しておかなければならないと痛感致しました。

また

「細かい音は人間の身体で例えると血管、長い音符は骨や筋肉」

と言われたのは印象的でした。

 

先を見据えて、初歩から正しく学んでいくことは何事においても大切なことです。

このような公開レッスンは、弾いて下さる生徒さんと教えて下さる先生から、

小さな頃から、身につけておかなければならないことを、改めて確認させていただけます。

日頃から気を付けていることに新たな角度から切り込んで頂けて、

楽しいレッスンを拝見させて頂くと共に、勉強させていただきました。

 

※青柳先生の公開レッスンは写真等が禁止でしたので、レッスン風景は掲載できませんでした。

 

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

 

関連記事

ピアノ鍵盤の数字

ピアノに興味深々🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校低学年の生徒さん達はピアノの楽器に興味深々!

記事を読む

no image

ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事 ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません

記事を読む

スタンウェイピアノ インフルエンザ対策

ピアノとインフルエンザ対策

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年になって寒~い冬がやってきて、ピアノのレッ

記事を読む

平らなピアノ

こんなピアノが・・!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 朝日新聞にこんなピアノの記事が出ていました。

記事を読む

夏休みの宿題

新学期が始まる!

夏休みも終わり いよいよ8月も最後の週。 生徒さん達が「宿題がまだ出来ていない!」・・と言い

記事を読む

友人と西宮市のテラスで!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は茨木市で桐朋学園の在学生と、卒業生のコンサート

記事を読む

コードでピアノを弾こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生から1年間でバイエルが終了する生徒さん、

記事を読む

ピアノ 辻井伸行

辻井伸行さんのピアノが教えてくれたこと

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 2009年にアメリカで行われた「ヴァン・クライバーン

記事を読む

ひょうごコンサートチラシ

コンサートの準備

震災から20年 私が所属しています、関西桐朋会主催のコンサート、「関西桐朋会コンサートシリーズvo

記事を読む

piano

耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。 耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。 絶対音感を持っているのは勿論の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑