英国王立音楽検定(ABRSM)試験が終わりました

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

先日の日曜日に、

「英国王立音楽検定」のピアノの試験が終わりました。

今年度の前期です。(後期は11月頃)

Mちゃんが初めて受けられるので、私も心配で、会場に行ってきました。

会場は神戸市東灘区のS先生のご自宅です。

 

英国王立音楽検定(ABRSM)

 

私が先に着き、Mちゃんが後で来られました。

少し、いや、大分緊張気味です。

S先生が「ギャングのボスのような感じの先生」とおっしゃるので、

とても面白く、先生のお顔を見たくなりましたが、

何しろ世界規模の試験ですので、

そこは我慢です。

 

ABRSMピアノ検定(英国王立音楽検定)

 

Mちゃんの前に受けられる生徒さん、熱心に控室で練習中です。

Mちゃんもそのあと、練習しました。

 

Mちゃんは、

簡単な曲から、少し難しい曲まで5曲、暗譜で弾きます。

 

英国王立検定試験・ABRSM

 

「Boating Lake」がMちゃんにとっては苦手だったので、控室でも練習していました。

Mちゃんは間違えずに、上手に弾いていました。

付いて来られたパパも「良かった~!」・・と胸をなでおろされました。

そして、いよいよ始まります。

かすかに聴こえるMちゃんの音。

上手に弾けているようです。

ピアノの後には、簡単な音感テストがあります。

「何拍子の曲かな?」を聴いて答えます。

「手拍子の叩き返し」は私のところでも行っています。

「音の高さ」を答える。

「先生が弾かれる曲について答える」速い曲だったとか、悲しい曲だったとか、ダイナミックな曲だったとか・・。

これは人それぞれの感想ですから、正しい答えはありませんね。

 

その曲も漏れ聞こえてきましたが、Mちゃんがなんと答えたかは解りません。

試験が終わり、Mちゃんがニコニコして、部屋から出てきました。

楽しかったようです。

「ギャングの親分」は結局、見られませんでしたが。

 

試験官の先生は、一人一人に感想を書かれます。

英語で書かれていましたので、後日、パパから何が書かれていたのかをお伺いすることにして、

試験会場を後にしました。

パパは次のテストに意欲を見せていらっしゃいました。

Mちゃん、

また次のテスト、頑張りましょう!

次はこのテキストです。

 

英国王立音楽検定(ABRSM)

 

英国王立音楽検定(ABRSM)

2017年、2018年の2年間の試験のテキストです。

 

英国王立音楽検定(ABRSM)

2915年、2016年の2年間の試験テキストです。

アジア地域は2017年も使えるそうです。

同じグレード1ですが、少しずつ難しくなってきているようです。

新曲視奏、新しいソルフェージュの試験も始まります。

発表会、コンクールとも大分違いますので、受けてみて力を試すのも良いかと思います。

また、外国の大学を受ける際に、このグレードを取っておくと、アピールできる項目があります。

 

 

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

関連記事

no image

ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事 ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません

記事を読む

s君

4歳からのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3才の時から待って下さっていた生徒さん 4歳になられて

記事を読む

音符

ヘ音記号&ト音記号

五線に慣れると。 生徒さんが五線の楽譜に慣れてくると、次は加線、 特にト音記号&ヘ音記号の間

記事を読む

ベルリン・フィル

ベルリン・フィルの野外コンサート

懐かしい野外コンサート テレビでベルリン・フィルの野外コンサートが放映されました。 オーケス

記事を読む

関西桐朋会・第52回新人演奏会

関西桐朋会・新人演奏会

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 いよいよ4月、新入学、新学期の始まりです。

記事を読む

速い曲

速い曲、遅い曲の練習

速い練習だけでは。 譜読みが済んで(譜読みと同時に暗譜することをお勧めしますが・・)、暗譜と同時進

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感

相対音感とは・・ 絶対音感を持つ人にとって、「ド」は、どこに出てきても「ド」ですが、相対音感で感じ

記事を読む

ピアノ スタンウェイ

ピアノ公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日、桐朋学園の子どものための音楽教室・茨木

記事を読む

ピアノ 中

ピアノの楽器の探検

どのように音が出るのか? ピアノってどうして音が出るのか、生徒さんは興味が一杯! アップライ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑