右手の3、4、5の指

公開日: : ピアノの練習 ,

右手の役割

右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。

その中でも、右手の3、4、5の指は、和音の一番上のメロディーとして、どの指より、活躍しなければなりません。

私は手が小さくて、和音の上にメロディーが出てくると、大変な練習時間が必要です。

そこで、和音のバランスが大切だと云うことを学習しました。

困って考える事

人間って、困ると、なんとかしようと考えるんですね。

ピアノの鍵盤って左にいくほど、音が大きく深くなります。

同じ力で弾いても、音の大きさには差が出ます。

それを考えたら、自ずと結論が出ますよね。

その方法を使って、音のバランスを考え、聴いて、メロディーの出し方を考えていきます。

人の耳に、聴いて下さる方の耳に、どう聴こえたら良いのかを考えます。

難しいことですが、自分の欠点を補うことは、誰でも苦労し時間を使っています。

欠点を知って

自分の欠点を知ること!・・が、まず大切です。

何をするにしても、結局は自分との戦いだと思います。

右手の3、4、5の指は、少し意識して、そんな練習を繰り返しているうちに、他の指より強くなっていきます。

タッチの練習や、メロディーだけフォルテで弾いたり、色々してきましたが、日々の練習と、欠点を意識する事で、時間が過ぎると、思いがけなく欠点は改善されます。

これはピアノの練習だけに限らないと思います。

ただ練習時間を増やすだけでなく、是非欠点の克服を考えて、時間を使って下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

no image

指の筋力トレーニング

脱力するには! ピアノを弾く時に、大切なことは、力を抜くことです。つまり脱力です。しかし、脱力をし

記事を読む

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

体験レッスンにようこそ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、年長さんのお問い合わせを頂いています。 年中

記事を読む

ABRSM 英国王立ピアノ検定

ABRSM・英国王立音楽検定の証書

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月に ABRSM・英国王立音楽検定のグレード7を

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

スタンウェイピアノ インフルエンザ対策

ピアノとインフルエンザ対策

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年になって寒~い冬がやってきて、ピアノのレッ

記事を読む

ABRSM 英国王立検定試験・ABRSM

今年の抱負は?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の抱負は・・・? 今年は私が お勧めしているコン

記事を読む

絶対音感トレーニング

大切なうたを追加😊

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 絶対音感トレーニングをしている生徒さんに、 新たに

記事を読む

村上弦一郎 公開レッスン

ピアノ公開レッスン

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ヴァイオリンの公開レッスンに引き続き、 桐朋

記事を読む

楽譜を書こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの生徒さんで7歳までの方には、絶対音感トレーニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑