右手の3、4、5の指

公開日: : ピアノの練習 ,

右手の役割

右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。

その中でも、右手の3、4、5の指は、和音の一番上のメロディーとして、どの指より、活躍しなければなりません。

私は手が小さくて、和音の上にメロディーが出てくると、大変な練習時間が必要です。

そこで、和音のバランスが大切だと云うことを学習しました。

困って考える事

人間って、困ると、なんとかしようと考えるんですね。

ピアノの鍵盤って左にいくほど、音が大きく深くなります。

同じ力で弾いても、音の大きさには差が出ます。

それを考えたら、自ずと結論が出ますよね。

その方法を使って、音のバランスを考え、聴いて、メロディーの出し方を考えていきます。

人の耳に、聴いて下さる方の耳に、どう聴こえたら良いのかを考えます。

難しいことですが、自分の欠点を補うことは、誰でも苦労し時間を使っています。

欠点を知って

自分の欠点を知ること!・・が、まず大切です。

何をするにしても、結局は自分との戦いだと思います。

右手の3、4、5の指は、少し意識して、そんな練習を繰り返しているうちに、他の指より強くなっていきます。

タッチの練習や、メロディーだけフォルテで弾いたり、色々してきましたが、日々の練習と、欠点を意識する事で、時間が過ぎると、思いがけなく欠点は改善されます。

これはピアノの練習だけに限らないと思います。

ただ練習時間を増やすだけでなく、是非欠点の克服を考えて、時間を使って下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

眠い!春、間近か!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 まだまだ、寒い日が続きます。 でも、 陽ざし

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

no image

ピアノも!遊びも!勉強も!

ピアノの練習は時間がかかる ピアノって、ピアノの進度が進めば進むほど、練習時間が必要になります。以

記事を読む

土井緑先生

土井緑先生

リサイタルに行きました。 昨日、土井緑先生のリサイタルに、大阪・梅田のザ・フェニックスホールに行っ

記事を読む

ピアノの練習

クリスマスコンサート

明後日は桐朋・茨木教室のクリスマスコンサートです。 明日が最後のピアノのレッスンです。

記事を読む

絶対音感トレーニング ハンドサイン

絶対音感トレーニングのお問い合わせとハンドサイン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」 芦屋市のピアノ教室「カノンピ

記事を読む

ピアノ ハート

ピアノは一生の友!

ピアノ練習曲のメニュー ピアノのレッスンに来られている生徒さんに、練習好きな方がいらっしゃいます。

記事を読む

レッスンノート

ピアノが脳に良い理由②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの演奏を続けると良い理由について。 ①外国語

記事を読む

ソルフェージュの力

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私のピアノ教室では、 ピアノのレッスンの後

記事を読む

お月謝について

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 6月の半ばからイギリスへ行きます。 そのために

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑