右手の3、4、5の指

公開日: : ピアノの練習 ,

右手の役割

右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。

その中でも、右手の3、4、5の指は、和音の一番上のメロディーとして、どの指より、活躍しなければなりません。

私は手が小さくて、和音の上にメロディーが出てくると、大変な練習時間が必要です。

そこで、和音のバランスが大切だと云うことを学習しました。

困って考える事

人間って、困ると、なんとかしようと考えるんですね。

ピアノの鍵盤って左にいくほど、音が大きく深くなります。

同じ力で弾いても、音の大きさには差が出ます。

それを考えたら、自ずと結論が出ますよね。

その方法を使って、音のバランスを考え、聴いて、メロディーの出し方を考えていきます。

人の耳に、聴いて下さる方の耳に、どう聴こえたら良いのかを考えます。

難しいことですが、自分の欠点を補うことは、誰でも苦労し時間を使っています。

欠点を知って

自分の欠点を知ること!・・が、まず大切です。

何をするにしても、結局は自分との戦いだと思います。

右手の3、4、5の指は、少し意識して、そんな練習を繰り返しているうちに、他の指より強くなっていきます。

タッチの練習や、メロディーだけフォルテで弾いたり、色々してきましたが、日々の練習と、欠点を意識する事で、時間が過ぎると、思いがけなく欠点は改善されます。

これはピアノの練習だけに限らないと思います。

ただ練習時間を増やすだけでなく、是非欠点の克服を考えて、時間を使って下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

目に見えるピアノ演奏!!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日のテレビ番組、「関ジャニ8の仕分け」で、

記事を読む

毎日新聞記事

いよいよ明後日、「ひょうごコンサート」開催です

「関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご」開催 私の所属します、関西桐朋会のコンサー

記事を読む

桐朋学園・子ども教室コンクール

桐朋学園・子供教室のコンクール

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園の子どものための音楽教室が 教室生と外部の生徒

記事を読む

聴音・楽典

楽しく練習すること。

書く事の大切さ ピアノを初めて半年経つと、絶対音感トレーニングをされている方は、 書きとって

記事を読む

岡本美智子

ピアノを弾いている時は!

見守ってくれる家族 私は主婦で、母で、ピアノを弾き、教えています。 毎日色々なことを考えなが

記事を読む

ピアノのレッスン室 となりのトトロ

となりのトトロ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんのMちゃんが「となりのトトロ」を弾きたい!

記事を読む

体験レッスン

ピアノ・レッスングッズを補充

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先週から数名の 体験レッスンのお問い合わせがあり、

記事を読む

ピアノ椅子のタオル

夏のピアノの椅子、雨のレッスン室

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎日雨が降って、少し涼しい日がありますね。 「

記事を読む

kodomo4sai

4才の手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 4才の手を、体験レッスンで良く見ます。 勤務する教室の

記事を読む

楽譜を書こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの生徒さんで7歳までの方には、絶対音感トレーニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑