右手の3、4、5の指

公開日: : ピアノの練習 ,

右手の役割

右手って、ピアノを弾く場合、ほとんどがメロディーです。

その中でも、右手の3、4、5の指は、和音の一番上のメロディーとして、どの指より、活躍しなければなりません。

私は手が小さくて、和音の上にメロディーが出てくると、大変な練習時間が必要です。

そこで、和音のバランスが大切だと云うことを学習しました。

困って考える事

人間って、困ると、なんとかしようと考えるんですね。

ピアノの鍵盤って左にいくほど、音が大きく深くなります。

同じ力で弾いても、音の大きさには差が出ます。

それを考えたら、自ずと結論が出ますよね。

その方法を使って、音のバランスを考え、聴いて、メロディーの出し方を考えていきます。

人の耳に、聴いて下さる方の耳に、どう聴こえたら良いのかを考えます。

難しいことですが、自分の欠点を補うことは、誰でも苦労し時間を使っています。

欠点を知って

自分の欠点を知ること!・・が、まず大切です。

何をするにしても、結局は自分との戦いだと思います。

右手の3、4、5の指は、少し意識して、そんな練習を繰り返しているうちに、他の指より強くなっていきます。

タッチの練習や、メロディーだけフォルテで弾いたり、色々してきましたが、日々の練習と、欠点を意識する事で、時間が過ぎると、思いがけなく欠点は改善されます。

これはピアノの練習だけに限らないと思います。

ただ練習時間を増やすだけでなく、是非欠点の克服を考えて、時間を使って下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

2015年秋の講演会

関西桐朋会「秋の講演会」~岩崎淑先生をお招きして~

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が所属する桐朋学園の同窓生と家族で作る『関西桐朋会

記事を読む

音符カード

有能・音符カード♪

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんの初見視奏が急に出来なくなって、原因をあれ

記事を読む

レッスングッズ

体験レッスンと電子ピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 体験レッスンに来て下さったSちゃん、 お母様もSちゃん

記事を読む

桐朋学園・子ども教室コンクール

桐朋学園・子供教室のコンクール

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園の子どものための音楽教室が 教室生と外部の生徒

記事を読む

s君

4歳からのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3才の時から待って下さっていた生徒さん 4歳になられて

記事を読む

湯泉神社

去年と今年の初詣

初詣に思うこと この何年か、お正月は有馬温泉で過ごしています。 今年は元旦の夕方から雪が降っ

記事を読む

土井緑先生

土井緑先生

リサイタルに行きました。 昨日、土井緑先生のリサイタルに、大阪・梅田のザ・フェニックスホールに行っ

記事を読む

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

ピアノのテクニック

楽譜さがし

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 沢山の曲が弾けるようになるには、譜読みが大切です。

記事を読む

ピアノ 脳トレーニング

ピアノの練習で育む「音脳」とは①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生からレッスンに来て下さっている生徒さん、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑