ピアノが脳に良い理由 ①

公開日: : 最終更新日:2015/09/08 ピアノの練習, レッスン, 一押し, 日記, 脳を鍛えるには! , , ,

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

習い事の定番で真っ先に上がるのがピアノですが、

ピアノは脳の構造を変えてしまう程の影響力があるのをご存じでしょうか?

全国有数の進学校の開成中学校では、中1からの授業にピアノがあるそうです。

ピアノの授業の中で、音楽理論を教えて、自分で曲を作ったり、

テストではその曲を演奏までするそうです。

小さい時に子どもが、ピアノに出会うことは、

保護者の意識がまずピアノにないと、

子どもだけで出会うことは難しいですね。

そうやって出会ったピアノには、

「才能」と一括りには出来ない力があります。

才能があるから音楽ができるのではなく、小さい時に出会って音楽を学んでいることが、

後々の勉強や人間形成にも良い影響を与えているに違いありません。

「ピアノの練習」についての研究が進むにつれて、

この両手を使った「ピアノの練習」が、

脳の使い方に大きく関係し、発達に貢献しているようなのです。

 

ピアノと脳の発達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノの練習を続けることで、脳の前頭が構造的に発達して、

HQ(人間的知能)の発達

につながります。

又、脳梁といわれる部分が太くなり、

左右の脳のバランスが良くなっていきます。

運動能力、知的機能や感情機能まで大きく成長します。

その上、海馬といわれる部分が発達して、記憶力が上がります。

その理由として次の3つが挙げられます。

1.両手を並列して使い、その上複雑に使う。

2.楽譜を記憶しながら演奏する。

3.次に弾く音を次々、先読みする。

この3つの中でも、

両手を同じように使いながらも、使い方が全く違うことが、

HQ(人間的知能)の成長と大きく関係しています。

ピアノを演奏しているときに人間は全身運動をしているときと同じように脳が活動し、

沢山の情報を驚くほど脳が同時に処理していることが解ってきました。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

ピアノレッスン室

いい手だね!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年中さんでピアノを始めた生徒さん、 2か月で 小

記事を読む

子供の手の形

小さな手で、小さな身体で・・!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さな手で、小さな身体で、ピアノを弾く生徒さん達。

記事を読む

カイロと手袋

冬期講習が終わりました

1月の冬期講習が終わりました。 受験を目の前にしていらっしゃる方や、 日頃苦手に思っていると

記事を読む

2014アネモネ

お庭の花たち

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 寒くなったり、暖かくなったり、気温が安定しない毎日が

記事を読む

シューマンの楽譜

ピアノの練習の進め方

イヤにならない魔法 導入のピアノの練習は、時には難しい練習が出てきます。でも、難しい練習は2~3週

記事を読む

ピアノと保育士さん

保育士さんとピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 保育士さんになるには、ピアノが弾けないといけない とズ

記事を読む

電子ピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、レッスンのお問い合わせで、 電子ピアノでの練

記事を読む

no image

ピアノ導入時期の副教科

絶対音感トレーニング 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、ピアノを習い始めた方(6才半まで)を

記事を読む

piano

耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。 耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。 絶対音感を持っているのは勿論の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑