バッハの和声感

公開日: : ピアノの練習, レッスン ,

大切な和声感

バッハのインベンション、シンフォニアは、バッハが自分の子供の、ピアノの練習用に書いたと言われています。

バッハを弾くには、この30曲(15曲ずつ)を弾く事は、不可欠だと思います。

特にシンフォニアは、その後の、平均律の演奏に大きく関わってきます。

それにはまず、2声のインベンションをシッカリと弾いておくことが、近道だと考えています。

2声を弾き分けることは勿論大切なのですが、そのバックに流れる和声感を感じて弾かなければ意味がありません。

インベンションで2声の時から、主調→属調、同主調に上手に転調していきます。

その転調した調の和声も感じて弾くことが、何よりも大切なバッハの勉強だと思います。

クリスチャンの生徒さんが、毎週教会で賛美歌を聴いたり、歌ったりしています。

多分、知らない間に和声感を、養っているんだと思うことがあります。

日本人に難しい和声感

でも、日本人は多くの場合、教会とは全く関係が無いところで生活しています。

だからこそ、せめてバッハを弾く時には、イメージを総動員して、和声感を養って欲しいと思います。

口で説明するのは難しいですが、今はスマートフォン等の便利なツールがあるので、こんなイメージ!・・と私が映像を見せて説明したり、

どんな感じ?・・と聞いて、映像を出して貰ったりします。

それだけではなかなか説明しきれませんが、全く何も手段が無いよりは、マシなのかな?・・と思うことが多々あります。

大切なイメージ

なんでも映像などで出せて、大変な時代ですが、上手に使うと、共通の認識を持つことが出来るので、使い方次第です。

バッハは教会のオルガニストだったので、その感性を持つことは、ロマン派などにも通じることだと考えているので、生徒さんと一緒にピアノを弾いて、音の出し方などをあれこれと考えるのは、とても楽しい練習です。

時々、時間に気づかず、時間をオーバーして、お迎えのお父様をお待たせしてしまいます。

 

 

 

 

 

関連記事

澤口俊之

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その1

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 脳科学者 澤口俊之先生のインタビュー記事を抜粋

記事を読む

正門先生

正門憲也先生の特別授業

お勉強も必要です 本日、教室に東京から作曲家で桐朋学園の、正門憲也先生が来てくださいました。

記事を読む

no image

小さな生徒さんの毎日の練習

指のための練習 ピアノを習い始めて、少し進むと、両手の曲ばかりになってきます。 その時期から

記事を読む

ザ・シンフォニーホール

ザ・シンフォニーホール ニューイヤーコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜し

記事を読む

no image

生徒さんからのお手紙

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日はとても嬉しい生徒さんからのお手紙を頂き

記事を読む

年少の手

年少さんのピアノレッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少でピアノのレッスンに来られている生徒さん。 小さな

記事を読む

兵庫県立芸術文化センター 見学会

兵庫県立芸術文化センターの見学

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 夏の発表会を兵庫県立芸術文化センターの小ホール

記事を読む

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

ピアノ発表会の力

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」のクリスマスコンサートは 今年の春

記事を読む

村上弦一郎 公開レッスン

ピアノ公開レッスン

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ヴァイオリンの公開レッスンに引き続き、 桐朋

記事を読む

音脳②

ピアノの練習で育む音脳とは②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 前回はピアノを毎日弾くことで養われる、基本的な音脳に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑