両手脳 片手脳

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

平成が終わり、新たな元号「令和」がいよいよ始まりました。

始まりをきっかけに、「カノンピアノ」が大切にしている、

ピアノと脳のつながりをお話したいと思います。

ピアノは両手で全く別々の動きを手でする楽器です。

多分、他の楽器では、10指を駆使してメロディーと伴奏を一度に弾く画期は、ピアノしかないと思います。

その分、

ピアノを始めるときから、両手で譜読みに慣れる努力が大切です。

年中さん、年長さんは知らない間に習得出来る場合が多いですね。

私の教室で小学3年生からピアノを始めた方も、現在、両手で新曲視奏を上手にされています。

初めから、熱心に両手でトライされていました。

現在は両手で、次の曲の譜読みも上手にされます。

何事も最初が大切ですね。

最初から両手で弾こうとすると、脳も左右の脳とそれを繋ぐ「脳梁」を鍛えながら、

脳全体が動き始めます。

その「脳梁」をフルに動かすことが、大切なことです。

けれども、どうしても弾けないところがあれば、それは片手で練習するべきです。

でも、脳は両手で弾いたことを覚えていますから、片手で練習した後に、また両手で弾けば脳は忘れません。

 

では、片手ずつで練習した場合はどうでしょうか?

脳は「あっ、左手で弾くんだ」とまず思います。

右手で弾く場合は左脳が動きます。

左手で弾く場合は、右脳が動きます。

この場合、確かに右脳、左脳は動きます。

しかし、左脳と右脳を繋ぐ脳梁は動きません。

勝手に、「脳梁」は動く必要が無いと思うんですね。

これが折角ピアノを弾いているのに、

「脳梁」が鍛えられにのは、本当にもったいないことです。

脳は使えば使うほど、普段使われていいないところまで、成長していきます。

必ず、ピアノの習い始めから両手で譜読みをして、「脳梁」を鍛えていきましょう。

ト音記号とヘ音記号の楽譜を読みことは、本当に難しいことですが、やれば必ずできます。

自分も脳も甘やかさず、挑戦していきましょう!

「カノンピアノ」は最初から「脳梁」を動かしながら、ピアノを弾くことを目指しています。

小さくても、大きくなっても、必ずできますから、トライしていきましょう!

70歳を超えている方ですが、両手で出来ましたよ。

 

 

カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

講師 矢橋高子(やばし たかこ)

桐朋学園大学 ピアノ科卒業

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

モンロワール

芦屋市のチョコレートのお店「モン ロワール」のお年賀を頂きました。

生徒さんから 可愛い「お年賀」をいただきました。 「モン ロワール」のチョコレート。

記事を読む

コードネーム

コードネームは機能的

音楽学習とコードネーム   昨夜の風雨が嘘のように、今日はからりと晴れた五月晴れ。

記事を読む

人間ドック

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、 人間ドックに行ってきました。 その日は「

記事を読む

フルート

楽しみ方は色々!

物事には、楽しみ方が人それぞれあって、音楽も好きなことを好きなように楽しんで、毎日生き生きと過ごせた

記事を読む

ピアノ①

ピアノが脳に良い理由 ①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 習い事の定番で真っ先に上がるのがピアノですが、 ピ

記事を読む

ピアノ 連弾

連弾の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノは、いつも一人で練習しますよね。 少し弾けるよう

記事を読む

趣味Do楽有森也実

大人のピアノ、子供のピアノ

大人の楽しみ 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、子供さんは勿論のこと、大人の方にもピアノを楽

記事を読む

体験レッスン

導入クラスは元気いっぱい!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は朝から雪がチラチラしていました。 私の勤

記事を読む

小学2年生のノート

書くのも好き!

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 絶対音感トレーニング中の生徒さんも、トレーニ

記事を読む

ピアノで遊ぶ

脳活!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年齢を重ねると短期の記憶力が低下することは仕方のない事で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑