音楽づくり

公開日: : 最終更新日:2014/07/05 ピアノの練習 ,

絶対音感・耳コピーの弊害

中学1年生のピアノの生徒さんは、とても優れた絶対音感を持っています。私が弾いたのを、すぐに真似してピアノが弾けます。耳も良く、絶対音感トレーニングが面白かったのか、それ以降も自分で弾いては、私に「こんな曲ができた~」と言っては、楽しい曲を弾いてくれます。それ自体はとても楽しいことなのですが、絶対音感能力の上に、耳コピー能力にも長けていて、新しい曲の譜読みを、YouTubeに頼っているような感じが致します。それ自体を、全て悪いと言うつもりはありませんが、楽譜から読み取る前に、どんな曲かを聴いてしまうのは、自分のピアノを弾くときのイメージを、YouTubeがすり込んでしまうので、譜読みが終わるまでは、YouTubeを聴かない、禁止令を出しました。

音楽を作る能力

音楽が理解出来る能力があるのに、そこを考えないのは、楽譜からの読み取りも遅くなりますし、何より本人の音楽性の開発がないので、とても残念です。

少し我慢して、本から読み取り、自分の音楽を作る作業を、全力でしてもらいたいです。能力も伸びませんし、生徒さんの音楽を作り上げられないのが、もったいないです。絶対音感の弊害とは思いたくないので、是非、自分の音楽づくりを、これからは一緒に、考えいきましょうね。

勿論、誰がどのように弾いているのかを知ることは大切ですから、譜読みが済んで、少し速く弾けるようになれば、どんな風に仕上げていこいうかな?・・と云う参考に聴いて欲しいです。

便利が果たして幸福か?

今はCDを買いに行かなくても、YouTubeで簡単に聴けますし、便利すぎる時代になりましたね。幸福なのか、どうなのか、良くわからないこともありますが、それを使う方の使い方次第ですね。

便利になった分、人間が考えることをやめた気がすることがありますから、やはりじぶんを鍛えるために、簡単な方へ流れないことをいつも頭に入れて、これからも練習をしていって欲しいです。

 

関連記事

no image

ピアノ導入時の注意あれこれ

芦屋はこんな所です。 今日は夕方から、久しぶりの雨模様。本当に久しぶりで、庭の草木も喜んでいると思

記事を読む

ピアノ伴奏

弾いてきました🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋の子ども教室「茨木教室」で ヴァイ

記事を読む

発表会の曲選び

発表会の選曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏休みも、発表会を兵庫県立芸術文化センターの小

記事を読む

菜和子ちゃん 年中

ピアノを習い始めるのは「いつから?」

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習い始めるのは「いつからが一番良いか?」 ・・

記事を読む

ポール

3Bを弾く生徒さん!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今、ピアノのレッスンで、 3Bを弾く生徒さんがいま

記事を読む

コンクール

コンクール

コンクールに出る意味とは! 暑い夏、ピアノやヴァイオリンのコンクールが次々と行われています。

記事を読む

4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもにはそれぞれの期間に、 タイムリミットがあり

記事を読む

親子ピアノデュオ

親子で「熱いピアノ」デュオ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 発表会を前に親子の「熱いデュオ」が熱いです。 ど

記事を読む

レッスンノート

生徒さんを知る事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンをするうえで、 「生徒さんを良く知

記事を読む

ザ・シンフォニーホール

謹賀新年🎍

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 あけましておめでとうございます。 本年も昨年以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑