音楽づくり

公開日: : 最終更新日:2014/07/05 ピアノの練習 ,

絶対音感・耳コピーの弊害

中学1年生のピアノの生徒さんは、とても優れた絶対音感を持っています。私が弾いたのを、すぐに真似してピアノが弾けます。耳も良く、絶対音感トレーニングが面白かったのか、それ以降も自分で弾いては、私に「こんな曲ができた~」と言っては、楽しい曲を弾いてくれます。それ自体はとても楽しいことなのですが、絶対音感能力の上に、耳コピー能力にも長けていて、新しい曲の譜読みを、YouTubeに頼っているような感じが致します。それ自体を、全て悪いと言うつもりはありませんが、楽譜から読み取る前に、どんな曲かを聴いてしまうのは、自分のピアノを弾くときのイメージを、YouTubeがすり込んでしまうので、譜読みが終わるまでは、YouTubeを聴かない、禁止令を出しました。

音楽を作る能力

音楽が理解出来る能力があるのに、そこを考えないのは、楽譜からの読み取りも遅くなりますし、何より本人の音楽性の開発がないので、とても残念です。

少し我慢して、本から読み取り、自分の音楽を作る作業を、全力でしてもらいたいです。能力も伸びませんし、生徒さんの音楽を作り上げられないのが、もったいないです。絶対音感の弊害とは思いたくないので、是非、自分の音楽づくりを、これからは一緒に、考えいきましょうね。

勿論、誰がどのように弾いているのかを知ることは大切ですから、譜読みが済んで、少し速く弾けるようになれば、どんな風に仕上げていこいうかな?・・と云う参考に聴いて欲しいです。

便利が果たして幸福か?

今はCDを買いに行かなくても、YouTubeで簡単に聴けますし、便利すぎる時代になりましたね。幸福なのか、どうなのか、良くわからないこともありますが、それを使う方の使い方次第ですね。

便利になった分、人間が考えることをやめた気がすることがありますから、やはりじぶんを鍛えるために、簡単な方へ流れないことをいつも頭に入れて、これからも練習をしていって欲しいです。

 

関連記事

ぶんぶんぶん

2か月で、両手で弾けるように!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨年の暮れに体験レッスンに来て下さった4歳の年少さん

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学を出られた方々の、3月15日(日)の午後

記事を読む

正しい手の形

5の指の第3関節

両手の5の指 小さい生徒さんの5の指は、他の指に比べて、柔らかく、意識してもなかなか出来てきません

記事を読む

岡本美智子

恩師の会で東京へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 明日から10月。 10月には東京で、 私の桐

記事を読む

ヴァイオリン公開レッスン

ヴァイオリン公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月28日(土) に桐朋学園附属子どものための音楽教室

記事を読む

渋谷

仲間が揃えば!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 1年ぶりに、同窓生と東京で会いました。 1年に1度、門

記事を読む

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

習い事の王道~なぜピアノを習うのか?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもが出来て、母親、父親になるとわが子の習い事や将

記事を読む

no image

ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事 ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません

記事を読む

神戸市 酒心館ホール

懐かしい生徒さんからのコンサートのお手紙

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今年の夏は厳しい暑さでした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑