ピアノ連弾

公開日: : コンサート ,

プーランクのピアノ曲

今日は秋に開催するコンサートの曲目、演奏順を決める会を開きました。ピアノはソロ、デュオ、ヴァイオリン、フルートと、たくさんの構成になりました。その中にプーランクの「ピアノ連弾ソナタ」「シテール島への船出」を弾かれる方々がいらっしゃいます。プーランクの作品は普段、余り聴いたりはしないと思いますが、聴いてみると、意外と言ってはいけませんが、耳に心地よいピアノ曲が多いです。心地よいわりに、案外弾いてみると、難しいんです。この曲は前から興味がありましたが、何しろピアノの連弾曲なので、お相手が必要です。いつか、「一緒にこの曲を弾いてもいいよ!」って、言ってくださる方が現れるまで、とっておこうと思っていました。その曲が登場してしまいました。とても今から楽しみです。

ピアノ連弾の面白さ

先日、マキシム・ヴェンゲーロフのヴァイオリンコンサートに行った時のアンコールで、ヴェンゲーロフがブラームスのスラブ舞曲を2曲弾かれました。ヴァイオリンはピアノとは、音を出す構造が違いますよね。ヴァイオリンは弾いた瞬間から長く音が伸ばせるのに比べて、ピアノは弾いた時の音から、次第に消えていきます。つまりピアノは弾いた時の音が一番大きく、次第に弱く消えていく!・・と云う性質です。ブラームスのスラブ舞曲は、まさにヴァイオリンが良く合う気がしました。そりゃあ、弾き手はヴェンゲーロフですが、一つの音が強弱をつけて自在にあやつれるのは、旋律楽器の醍醐味ですね。

一方でピアノ連弾の良さは、メロディーが第1ピアノ、第2ピアノと縦横無尽に音の強弱、高低をつけて弾ける所でしょうか。一緒にメロディーを弾いたりもできますね。考えたら、一つの音を強く、弱く伸ばせないのは、ピアノだけかも知れません。そこをいかに聴かせていくかが、問われるのかも知れません。ピアノのペダリングは、ピアノの音を更に自在に変えてくれるので、ぴあのを弾くには大切な要素です。ペダルについて、細かく教えて下さった先生がいらっしゃるので、またご紹介していきたいと思います。

一期一会の光と音

帰りは突然の雨と雷で、道路が水浸しになりましたが、通り雨だったのか、自宅のある芦屋まで戻る途中で、雲の切れ目から、太陽の光がとてもキレイでした。車を運転していたので、残念ながら、写真は撮れませんでした。でも、陽の光ってとらえようがなく、写真に撮っても、意外と目で見たようには、撮れません。触れない、掴めない、光と音は似ています。でも光は一瞬でも見えますからね。自然やその時に生まれるものとは、一期一会の出会いです。人との出会いにも似て。

関連記事

芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」

発表会を終えて🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年はこのホームページを開設してから2年と少し、

記事を読む

コンサート

ピアノリサイタル

真っ向勝負! 今日は同窓生のピアノリサイタルに、宝塚のベガホールまで行って来ました。 昔、ピ

記事を読む

ヴァイオリンの伴奏

ヴァイオリンの伴奏

オーケストラパートの演奏 ドボルザークの、ヴァイオリン協奏曲の、オーケストラ部分の伴奏をすることに

記事を読む

ひょうごコンサート

関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご

みんなの力で。 関西桐朋会のコンサートシリーズも、今年で3回目を迎えます。 2年に1度の割合

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

ピアノの練習

クリスマスコンサート

明後日は桐朋・茨木教室のクリスマスコンサートです。 明日が最後のピアノのレッスンです。

記事を読む

毎日新聞記事

いよいよ明後日、「ひょうごコンサート」開催です

「関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご」開催 私の所属します、関西桐朋会のコンサー

記事を読む

ピアノデュオリサイタル

ピアノ デュオリサイタルの楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日、午前中にレッスンをしてから、 心

記事を読む

三善先生

三善晃先生 追悼コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 長い間、桐朋学園の学長を務められた、三善晃先生が急逝

記事を読む

ザ・シンフォニーホール

謹賀新年🎍

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 あけましておめでとうございます。 本年も昨年以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑