倍音を実感

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 脳を鍛えるには! ,

理論上の倍音

私がピアノで音大に行きたいと言いだしたら、突然、楽典の勉強をする羽目になりました。聴音の先生は楽典の本を示して、「勉強してきて!」とおっしゃったんです。自分なりに勉強しましたが、一番わからなかったことが倍音でした。聴音の和声でピアノのオクターブは聞こえにくいのですが、それは倍音のせいなんですよね。楽典の本には、倍音:基音の上方にできる基音の整数倍の振動数の音!・・となっています。こんなこと読んでも、理解だけで、ピアノを弾いていても、良くはわかりませんでした。

実感できた倍音

ところが、2年ほど前からフルートを習い始めて、ようやく実感しました。私の演奏に、先生がフルートで伴奏をつけて下さいます。その時に、お互いの音が振動し合って、「ブ~ン!」と云う音が鳴るんです。これが、その倍音だったんです。管楽器の演奏をされる方はわかり合えるのでしょうか?フルートをしなかったら、理論の上でしか、わからなかったと思います。初めてその音を聴いた時は、驚いて、吹くのをやめてしまったほどです。

旋律楽器も楽しい

ピアノ以外の、何か旋律楽器をしてみたかったので始めましたが、見ているのとは大違い。難しい楽器です。どんなに易しい楽器に、私には見えていたのでしょうね!エマニュエル・パユとか。いとも簡単そうに吹いていますしね。ピアノの方が、指も複雑、音も複雑そうに見えますから。でも、息の入れ方や、息を入れるスピード、楽器の不安定な持ち方、などなど、初心者には、克服するところが、山のようにあります。楽譜は読めても、指がそこにいきません。そのために、イライラしたりしますね。曲によって、私の熱の入れ方も違うものですから。

脳はこんな時に頑張ってくれる

今一番難しいのが、高いパートをピアノで吹くことです。息を少なくしようとして、息の速度が下がり、音が鳴ったり、鳴らなかったり。弱く吹くときでも、息は多くは入れないが、息のスピードは落とさない。息のスピードって解りにくいですが、頑張ってみましょう!

又、形態の違う楽器を練習してみるのは、脳の発達にもとても良いのです(脳の発達のために始めたわけではありませんが・・)。フルートの構え方って、考えていたよりも、不安定で決まらないものです。又、指使いが難しい(順番に並んでいないんですよね。)普段使っていない、脳の場所を使うことになりますから、自ずと脳もいつもと違う場所が鍛えられ、細い伝達の神経を鍛えてくれるに違いがありません。毎日吹いていると、指が覚えてくれます。まあ、脳が覚えてくれるのですが。

なんでも、より複雑で楽しいことにトライすることは、人生においても大切です。ただ、若い時にやっておきたかった、と云う気持ちは否めません。脳もフレッシュですし!

楽しみな、先生との共演

一度ピアノの伴奏で吹いてみるのも、夢ですね。どんなに楽しいことでしょうか。そんな夢を見つつ、先生との倍音共演を楽しんでいます。なんでも楽しまないと、いけませんね。楽しむ方が、絶対に上手くなる最善の方法ですから。それと、毎日少ない時間でも、コツコツとやってみることですね。下手な生徒ですが、先生に感謝して、楽しくやっていきたいと思っています。

関連記事

絶対音感トレーニング ハンドサイン

絶対音感トレーニングのお問い合わせとハンドサイン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」 芦屋市のピアノ教室「カノンピ

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

新曲・読譜

譜読みが苦手な生徒さんには。

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 同じように譜読みを教えていても、譜読みが苦手な生徒さ

記事を読む

体験

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。 兵庫県、芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 元旦か

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」

習い事の王道~なぜピアノを習うのか?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもが出来て、母親、父親になるとわが子の習い事や将

記事を読む

最高齢のピアノの生徒さん

ピアノはストレス解消!

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんの中に、ピアノを弾くことが「ストレス解消

記事を読む

レッスンノート

生徒さんを知る事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンをするうえで、 「生徒さんを良く知

記事を読む

no image

ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事 ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません

記事を読む

no image

音楽でコントロール

知らないうちに 私達は小さい時から、知らないうちに、かなり音や音楽で生活をコントロールされています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑