耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。

耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。

絶対音感を持っているのは勿論のこと、耳コピーで色々な曲を弾くことが、大好きな生徒さんです。

放っておいたら、ずっとピアノで弾いています。

ピアノを弾くのは大好き!

飽きないらしいです。

読み取れない、楽譜からの情報!

ただ、音が分かりすぎるのが、アダとなって、なかなか楽譜からの、色々な情報を読み取ることができません。

バッハの3声も、各声部の練習をして、結局半分までのレッスンになりました。

指使いも適当になってしまいがち。

なかなか進みませんが、1曲がきっちり解かれば、出来るはずなので、一緒に根気強く、取り組もうと思います。

耳からのものは、ショパンのエチュードの「木枯らし」も弾くのです。

耳から入る、又音が分かりすぎる、短所かも知れません。

せっかくできるのだから・・

耳が良いのですから、音楽的なところまで汲み取って弾ければ、これに勝るものはないと思うのですが、

なかなか、そうそう、人間って、上手いところだけ取るのは、難しいですね。

癖のようになってしまっているのを、どのように矯正していくか?・・ですが、細かく注意していくしか無いようです。

初めに耳からの指導を受けてしまうと、読譜が難しくなります。

面倒になるんですね。

小さい時から、目から読み取れることを、優先にしつつ、

耳からの情報を強化していくことが、大切かと思います。

スゴイ聴き取る力

レッスンの最後に、少し難しい和音をしましたが、スラスラと答えてくれました。

この力を、読譜に生かしていく方法を、ちょっと考えついたので、実践してみようと思います。

子供の目に見えない能力に驚きつつ、又楽しみにしている、私でもあります。

 

 

関連記事

聴音・楽典

楽しく練習すること。

書く事の大切さ ピアノを初めて半年経つと、絶対音感トレーニングをされている方は、 書きとって

記事を読む

絶対音感トレーニング ハンドサイン

絶対音感トレーニングとハンドサイン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では小さな生徒さんに、 ハンドサイ

記事を読む

ハノン

スケールの思い出

スケールは大切 導入の時期にスケールの練習を、曲と上手く組み合わせると、 キレイな手の形で上

記事を読む

岡本美智子

ピアノを弾いている時は!

見守ってくれる家族 私は主婦で、母で、ピアノを弾き、教えています。 毎日色々なことを考えなが

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

ザ・シンフォニーホール

謹賀新年🎍

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 あけましておめでとうございます。 本年も昨年以上

記事を読む

バイエル

レッスンが始まります

今日、5日からレッスンが始まります。 今年はR君のレッスンからスタート致します。 皆さん、2

記事を読む

スタンウェイのファイル

ピアノを弾く時の脱力・手首ローリング

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   指の形がきれいに出来てきた

記事を読む

no image

音楽でコントロール

知らないうちに 私達は小さい時から、知らないうちに、かなり音や音楽で生活をコントロールされています

記事を読む

クリスマスの曲

そろそろ・・

もう早や、10月の半ばになりました。 運動会や遠足で、真っ黒になっている生徒さんもいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑