友人のピアノリサイタル

公開日: : コンサート ,

ピアノリサイタル

先週末、小学校からの同級生で、私の母のお弟子さんの、ピアノのリサイタルに、川西まで行って来ました。初めて行くホールで、芦屋からは、知らない場所のせいか、1時間以上かかってしまいました。ピアノの音が素直に客席に響く、とてもキレイなホールでした。ステージが見やすいのも、とても良かったです。

楽しいプログラム

前半がピアノのソロ、後半は木管楽器とのピアノトリオでした。彼女の曲への着眼は、いつも私に新鮮な驚きをもたらしてくれます。今回は同窓生の作曲家に編曲を依頼して、ストラビンスキーの小品をピアノトリオにされていました。ホールの天井までの高さが高く、木管楽器の響きに包まれるようで、柔らかい音に満たされた、ホッとする空間でした。木管楽器の響きに合うのでは?・・と感じるところが、私とは視点が違って、面白いです。又違った視点って、自分一人でピアノを弾いていても、インスピレーションがなかなか湧きません。視点を変える面白さを、常に持ち続けるのは、素晴らしいと、いつも感じています。

プーランク

プーランクの「ピアノ、オーボエ、ファゴットのための三重奏曲」は、友人とプーランクのピアノ協奏曲を良く聴き、弾いたことを、思い出させてくれました。プーランクのピアノ曲って、なんでもないように聴こえて、実はなかなか難しいです。彼女もプーランクは難しかった!・・と言っていました。でも楽しい曲ですよ、プーランクのピアノ協奏曲も。1ど聴いてみて下さい。

木管楽器とスカルラッティ

一番新鮮だった、というと怒られるかも知れませんが、スカルラッティのピアノソナタのE‐durの曲を、木管とのピアノトリオで演奏されたことです。ピアノのソナタの曲では有名ですが、あのホールで木管楽器で聴くと、スカルラッティの曲が宮廷音楽・・と云うことになんだか合点がいって、サロンコンサートのようでした。こんな感じで昔は音楽を楽しんでいたんだな、・・と思いました。楽しい有意義なピアノの演奏会でした。

ピアノの仲間

帰りに、プラットフォームで思いがけない人に会いました。音楽大学も違って、どこにも接点が無いように思いますが、音楽の世界って狭いんです。みんな色々なつながりがあり、驚きます。それに、音楽の仲間ですから、これからも楽しいつながりに出会えることを期待して!大切にして!

関連記事

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

ポールと連弾

クリスマスコンサートが終わりました・生徒さんとのピアノデュオ

今年、最後のコンサート 一昨日の20日、クリスマスコンサートが終わりました。 生徒さんたち、

記事を読む

サンタさんのくまちゃん達

クリスマスのくまちゃん達

小さな子供は・・! 子供達が小さかった頃、 クリスマスプレゼントに、サンタさんが子供達にくれ

記事を読む

スタンウェイのファイル

秋のコンサート

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の秋に「一緒にピアノを弾こう!」と友人から

記事を読む

関西桐朋会第50回新人演奏会

第50回新人演奏会が終わりました!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日、3月20日(日)に 関西桐朋会の第50回新人

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

no image

ピアノのタッチの練習

芦屋市の「ピアノ教室」カノンピアノです。 指が少しシッカリしてきた生徒さんには、 弾くことと

記事を読む

ひょうごコンサート

関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご

みんなの力で。 関西桐朋会のコンサートシリーズも、今年で3回目を迎えます。 2年に1度の割合

記事を読む

アルゲリッチとバレンボイム

アルゲリッチとバレンボイム

素晴らしいモーツァルト アルゲリッチと指揮者のバレンボイムが、2台のピアノで演奏していました。

記事を読む

ブラームスハンガリー舞曲

明日はクリスマスコンサート

茨木教室のクリスマスコンサート! 明日は年1回の茨木教室の生徒さんのクリスマスコンサートです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑