友人のピアノリサイタル

公開日: : コンサート ,

ピアノリサイタル

先週末、小学校からの同級生で、私の母のお弟子さんの、ピアノのリサイタルに、川西まで行って来ました。初めて行くホールで、芦屋からは、知らない場所のせいか、1時間以上かかってしまいました。ピアノの音が素直に客席に響く、とてもキレイなホールでした。ステージが見やすいのも、とても良かったです。

楽しいプログラム

前半がピアノのソロ、後半は木管楽器とのピアノトリオでした。彼女の曲への着眼は、いつも私に新鮮な驚きをもたらしてくれます。今回は同窓生の作曲家に編曲を依頼して、ストラビンスキーの小品をピアノトリオにされていました。ホールの天井までの高さが高く、木管楽器の響きに包まれるようで、柔らかい音に満たされた、ホッとする空間でした。木管楽器の響きに合うのでは?・・と感じるところが、私とは視点が違って、面白いです。又違った視点って、自分一人でピアノを弾いていても、インスピレーションがなかなか湧きません。視点を変える面白さを、常に持ち続けるのは、素晴らしいと、いつも感じています。

プーランク

プーランクの「ピアノ、オーボエ、ファゴットのための三重奏曲」は、友人とプーランクのピアノ協奏曲を良く聴き、弾いたことを、思い出させてくれました。プーランクのピアノ曲って、なんでもないように聴こえて、実はなかなか難しいです。彼女もプーランクは難しかった!・・と言っていました。でも楽しい曲ですよ、プーランクのピアノ協奏曲も。1ど聴いてみて下さい。

木管楽器とスカルラッティ

一番新鮮だった、というと怒られるかも知れませんが、スカルラッティのピアノソナタのE‐durの曲を、木管とのピアノトリオで演奏されたことです。ピアノのソナタの曲では有名ですが、あのホールで木管楽器で聴くと、スカルラッティの曲が宮廷音楽・・と云うことになんだか合点がいって、サロンコンサートのようでした。こんな感じで昔は音楽を楽しんでいたんだな、・・と思いました。楽しい有意義なピアノの演奏会でした。

ピアノの仲間

帰りに、プラットフォームで思いがけない人に会いました。音楽大学も違って、どこにも接点が無いように思いますが、音楽の世界って狭いんです。みんな色々なつながりがあり、驚きます。それに、音楽の仲間ですから、これからも楽しいつながりに出会えることを期待して!大切にして!

関連記事

ピアノ・ドビュッシー

関西桐朋会・ミニコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の所属する 関西桐朋会では、 毎年の総会のあと

記事を読む

新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学を出られた方々の、3月15日(日)の午後

記事を読む

アルティーホール

京都芸術祭

京都へ 今日はコンサートへご招待を頂いて、京都の府民会館のアルティーホールに行って来ました。

記事を読む

ブラームスハンガリー舞曲

明日はクリスマスコンサート

茨木教室のクリスマスコンサート! 明日は年1回の茨木教室の生徒さんのクリスマスコンサートです。

記事を読む

スタンウェイのファイル

実技テストから学ぶこと

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋・茨木教室で ピアノとヴァイオリン

記事を読む

モーツァルト ブラームス ラフマニノフ ドヴォルザーク

デュオの顔合わせ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 8月に入って、暑い日がまだまだ続きます。 その

記事を読む

岡本先生古希

恩師の古希のお祝い

「古希を祝う会」 私の恩師の岡本美智子先生の「古希を祝う会」が、東京のANAインターコンチネンタル

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

小澤母娘

母娘共演

ファミリーコンサート 今日は前からご招待を頂いていた、お母様とお嬢様の共演のコンサートに、

記事を読む

シューマン

シューマンって!

ピアノリサイタル お昼間は暖かいですが、夜は風が冷たく、少しひんやりしています。 今日、勤務してい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑