ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて書きます。

両手を真っ直ぐ前に出して、

ピアノを弾く形で、手の甲を上にしてみましょう。

手のひらを、親指側に回します。

そうすると、45度程回転しますが、それ以上は回りません。

次に手の甲を上にして、

小指側に回します。

そうすると手の平が上になり、180度回転します。

これは手首につながる肘からの「骨の付き方」によるからです。

肘から手首までの骨は尺骨と橈骨と云う2本の骨で出来ています。

手の平を上にすると真っ直ぐになり、手の甲を上にすると、2本の骨がクロスします。

腕の骨の仕組み

 

→手の平が上

 

 

→手の甲が上・ピアノを弾く時の状態

 

ですから、

手は小指を主軸にした方が、不必要な力がかからなくなります。

ところが、小指は、小さい時はピアノを弾くのに使うのは、

指も細いし、立たないし、大変難しいと言えます。

そこで、どうしても

親指の方に手が寄りがちです。

それが、力を入れてしまう原因になり、

ピアノを弾く時にの大切な脱力の妨げになってしまいます。

ピアノを弾くには、まず腕や手の関節がどのようになっているのかを、

良く理解する必要があります。

ただ、ひたすら練習をすれば、ピアノは弾けるようにはなるかも知れませんが、

ピアノと格闘することになり、

疲れる作業を繰り返すことになってしまいます。

年中ですが、指の骨の仕組みを理解して感じて弾いている生徒さんの動画をご覧ください。

脱力と関節の動きを練習してから、2週間です。

 

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

神戸市 酒心館ホール

懐かしい生徒さんからのコンサートのお手紙

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今年の夏は厳しい暑さでした

記事を読む

7月28日発表会

初めての発表会

暑中お見舞い申し上げます。 暑い日が続きます。 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

記事を読む

ショパン曲集

ショパンのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、無性にショパンが弾きたくなって、 色々な曲を譜読

記事を読む

ピアノを弾く手

成長する生徒さんの手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習いに来られた時から、数か月、半年、1年、2年と

記事を読む

スケール

大切なピアノのスケール

スケールのテスト ピアノを弾く時に大切なのは、スケールの練習です。私の母校には、スケールの試験があ

記事を読む

no image

お母様との懇談

半年に1度の懇談は大切 先日、ピアノの生徒さんのお母様と、懇談を致しました。日頃、どのような事を感

記事を読む

no image

ピアノ導入時期の副教科

絶対音感トレーニング 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」では、ピアノを習い始めた方(6才半まで)を

記事を読む

ベートーヴェンの墓

シューマンのお墓参り

今日、ラジオで シューベルトの交響曲第8番 が流れていました。 第8番はハ長調で、第6番の

記事を読む

ピアノのレッスン室 となりのトトロ

となりのトトロ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんのMちゃんが「となりのトトロ」を弾きたい!

記事を読む

no image

発達障害とピアノ ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「発達障害」の事を知れば知るほど、 グレーゾーンの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑