ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて書きます。

両手を真っ直ぐ前に出して、

ピアノを弾く形で、手の甲を上にしてみましょう。

手のひらを、親指側に回します。

そうすると、45度程回転しますが、それ以上は回りません。

次に手の甲を上にして、

小指側に回します。

そうすると手の平が上になり、180度回転します。

これは手首につながる肘からの「骨の付き方」によるからです。

肘から手首までの骨は尺骨と橈骨と云う2本の骨で出来ています。

手の平を上にすると真っ直ぐになり、手の甲を上にすると、2本の骨がクロスします。

腕の骨の仕組み

 

→手の平が上

 

 

→手の甲が上・ピアノを弾く時の状態

 

ですから、

手は小指を主軸にした方が、不必要な力がかからなくなります。

ところが、小指は、小さい時はピアノを弾くのに使うのは、

指も細いし、立たないし、大変難しいと言えます。

そこで、どうしても

親指の方に手が寄りがちです。

それが、力を入れてしまう原因になり、

ピアノを弾く時にの大切な脱力の妨げになってしまいます。

ピアノを弾くには、まず腕や手の関節がどのようになっているのかを、

良く理解する必要があります。

ただ、ひたすら練習をすれば、ピアノは弾けるようにはなるかも知れませんが、

ピアノと格闘することになり、

疲れる作業を繰り返すことになってしまいます。

年中ですが、指の骨の仕組みを理解して感じて弾いている生徒さんの動画をご覧ください。

脱力と関節の動きを練習してから、2週間です。

 

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

 

関連記事

ブルクミュラー「18の練習曲」

ブルクミュラー

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもたちの ピアノの表現の練習に最適なブルクミュ

記事を読む

平らなピアノ

こんなピアノが・・!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 朝日新聞にこんなピアノの記事が出ていました。

記事を読む

ピアノの部屋の花

ピアノの部屋の花壇

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私はお花が好きで、 季節には庭に花を植えているので

記事を読む

ピアノ 脳トレーニング

今年のレッスン始め・楽譜が書ける!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のレッスンが始まりました。 生徒さん達、お正月

記事を読む

s君

4歳からのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3才の時から待って下さっていた生徒さん 4歳になられて

記事を読む

速い曲

速い曲、遅い曲の練習

速い練習だけでは。 譜読みが済んで(譜読みと同時に暗譜することをお勧めしますが・・)、暗譜と同時進

記事を読む

ザ・シンフォニーホール

ザ・シンフォニーホール ニューイヤーコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜し

記事を読む

姿勢Мちゃん

正しい姿勢で!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、スマートフォンに夢中になったりする人の中で「ス

記事を読む

ピアノのシャープ

ピアノのシャープ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年中からピアノのレッスンに来て下さった生徒さん、

記事を読む

練習帳

ピアニストの毎日の基礎練習帳

毎日の練習とは 岩崎淑先生が書かれた「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を最近、読んでいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑