ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で

岩崎淑先生、洸先生をお招きして関西桐朋会の「秋の講演会」が開催されました。

お二人ともお忙しい中、快くご出演下さいました。

70名ほどのホールで身近にお二人の演奏が聴けることは、本当にピアノを弾いている者にとっては、

この上ない幸せなひと時です。

 

講演会チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話で印象に残ったことは

「音楽をしたい者は、早くから海外の空気に触れなさい」

と云う事と、

「語学、特に英語はとても大切ですよ」

とのことでした。

「他の国と比べる訳ではないけれど、韓国の10代の子どもはとても英語が上手」

・・とおっしゃいました。

10代の頃から外国の文化に触れると、確かに英語が出来たら!・・と思う瞬間って、沢山あると思います。

音楽だけでなく、現代は沢山の人々が世界中に居ますから、何かしたいと思ったら、

共通語になりつつある英語が話せないと、

何も出来なくなりますね。

日本に中に居れば、使うところがありませんから、なかなか必要性を感じることは難しいかも知れません。

又、音楽を少しでも志そうと思うなら、

大学を卒業してから海外に出るのでは遅い

ともおっしゃっていました。

夏期だけの参加でもいいから、外国の空気を是非吸って欲しいとも。

「だって外国で育った文化なんだから」・・ともおっしゃっていました。

今年のヨーロッパのコンクールのお話も、本当に興味深かったです。

お二人の「音楽さえあれば」と云うご本に、戦争でのご苦労や、音楽家として成長されるときの苦悩も

書かれていますが、それでも、

どんな時でも「音楽さえあれば」と言えることは素晴らしい事です。

 

音楽さえあれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、とても羨ましい言葉です。

そして、

ピアノは美しい音を追求する事に尽きる事!

解っていることではありますが、重みのある言葉です。

さて、講演会終了後は関係者で懇親会を致しました。

 

懇親会

 

 

 

 

 

 

 

懇親会2

 

 

 

 

 

 

こんなに素晴らしい方々とお話しできることは滅多にありません。

講演会とは又違った楽しいひと時でした。

私はこの講演会で教わった事を、少しずつ生徒さんに伝えていけるように、

講演会で書きとめたものを、まとめておきたいと思っています。

さて、

私はピアノを弾きたい方が体験レッスンに来て下さるので、

その準備で、忙しく、楽しい日常が戻ってきました。

 

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

 

 

 

 

関連記事

ポールと連弾

クリスマスコンサートが終わりました・生徒さんとのピアノデュオ

今年、最後のコンサート 一昨日の20日、クリスマスコンサートが終わりました。 生徒さんたち、

記事を読む

凛太郎君1

初めての発表会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを始めて1年と少しの生徒さん、 譜読みが早く

記事を読む

スタンプタワー

ピアノのレッスンの後には・・

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、小さな生徒さんのお問い合わせを頂いております。

記事を読む

三善先生

三善晃先生 追悼コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 長い間、桐朋学園の学長を務められた、三善晃先生が急逝

記事を読む

母娘 手つなぎ

働くお母さんたち

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私のピアノ教室には、 お仕事を持たれたお母様方がた

記事を読む

土井緑先生

土井緑先生

リサイタルに行きました。 昨日、土井緑先生のリサイタルに、大阪・梅田のザ・フェニックスホールに行っ

記事を読む

母校の校舎との別れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が学生時代を過ごした桐朋学園、 母校の取り壊しが

記事を読む

アルティーホール

京都芸術祭

京都へ 今日はコンサートへご招待を頂いて、京都の府民会館のアルティーホールに行って来ました。

記事を読む

コンサート

ピアノリサイタル

真っ向勝負! 今日は同窓生のピアノリサイタルに、宝塚のベガホールまで行って来ました。 昔、ピ

記事を読む

スタンウェイ

音楽づくり

絶対音感・耳コピーの弊害 中学1年生のピアノの生徒さんは、とても優れた絶対音感を持っています。私が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑