進度が速い

7ヶ月でもう・・・

今年の4月からレッスンに来てくれた小学1年生のR君、まだピアノを始めて7ヶ月なのに、

進度が速く、バイエルの下巻の真ん中まできました。

手の形がとても良かったけれど、少し関節がやわらかそうでした。

和音が良い手の形で弾けます

指も全く開きませんでしたが、今は和音や黒鍵を使った曲が、

弾けるようになりました。

暗譜も早いので、ドンドン進んで行きます。

音階の指くぐりも!

10月からト長調、二長調の音階が始まっています。

指のくぐりも説明したら、上手に一回で出来るようになりました。

両手の5の指(小指)を弾く時に、手首が下がらないように、

また、右手の1の指(親指)が外を向かないように気をつけて、

練習しています。

R君の良いところは、陽気なところです。

時々、ふざけたりしていますが、ピアノを弾くときにふざけると、

せっかく1週間弾いてきたことが、ダメになってしまうので、

弾くときは気合を入れて弾きましょう。

終わるハズだった曲が終われなかった時に、涙が出てきたこともありましたが、

「なんでも泣くんです。」とは、お母様のお言葉。

どうしてもう1回、弾かないといけないかを話して、納得してもらいました。

それからは、この曲はもう1回弾かないといけないと、思うようになったのかな?

涙は出なくなりました。

R君、ここからバイエルの最後までは、ちょっと頑張らないといけないけれど、

一緒に頑張ろうね。

R君はピアノのレッスン室のアフラックのアヒルが大好き。

いつも鳴らして、帰ります。

この前、絶対音感のトレーニングの時に、アフラックの曲を書きました。

面白くて、楽しかったね。

関連記事

芦屋 八重桜

家にいよう! でも・・

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   今、「家にいよう!」、8割の人

記事を読む

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」レッスン室

レッスン室の温度調整

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏は大変暑かったですね。 (まだ夏の途中

記事を読む

piano

耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。 耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。 絶対音感を持っているのは勿論の

記事を読む

ショパン曲集

ショパンのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、無性にショパンが弾きたくなって、 色々な曲を譜読

記事を読む

ピアノで遊ぶ

ピアノで遊ぶ

発表会に出るのに・・ 発表会に出たい!・・と云う生徒さん。 バッハとドビュッシーが弾けてきま

記事を読む

毎日新聞記事

いよいよ明後日、「ひょうごコンサート」開催です

「関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご」開催 私の所属します、関西桐朋会のコンサー

記事を読む

ピアノレッスン室入口

12月の体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月に入ると、アッという間にクリスマス、お正月、

記事を読む

年中 K君 バイエル下巻

レッスン再開から2週間

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 6月に入り、ようやくレッスンを再開致しました。

記事を読む

ベートーヴェン

Adagioってむずかしい

ソナタの2楽章 今、ベートーヴェンのソナタの2楽章(Op.2No.1)を弾いている生徒さんがいます

記事を読む

村上弦一郎

公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 来年度のピアノの公開レッスンのお誘いを受けました。 受

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑