進度が速い

7ヶ月でもう・・・

今年の4月からレッスンに来てくれた小学1年生のR君、まだピアノを始めて7ヶ月なのに、

進度が速く、バイエルの下巻の真ん中まできました。

手の形がとても良かったけれど、少し関節がやわらかそうでした。

和音が良い手の形で弾けます

指も全く開きませんでしたが、今は和音や黒鍵を使った曲が、

弾けるようになりました。

暗譜も早いので、ドンドン進んで行きます。

音階の指くぐりも!

10月からト長調、二長調の音階が始まっています。

指のくぐりも説明したら、上手に一回で出来るようになりました。

両手の5の指(小指)を弾く時に、手首が下がらないように、

また、右手の1の指(親指)が外を向かないように気をつけて、

練習しています。

R君の良いところは、陽気なところです。

時々、ふざけたりしていますが、ピアノを弾くときにふざけると、

せっかく1週間弾いてきたことが、ダメになってしまうので、

弾くときは気合を入れて弾きましょう。

終わるハズだった曲が終われなかった時に、涙が出てきたこともありましたが、

「なんでも泣くんです。」とは、お母様のお言葉。

どうしてもう1回、弾かないといけないかを話して、納得してもらいました。

それからは、この曲はもう1回弾かないといけないと、思うようになったのかな?

涙は出なくなりました。

R君、ここからバイエルの最後までは、ちょっと頑張らないといけないけれど、

一緒に頑張ろうね。

R君はピアノのレッスン室のアフラックのアヒルが大好き。

いつも鳴らして、帰ります。

この前、絶対音感のトレーニングの時に、アフラックの曲を書きました。

面白くて、楽しかったね。

関連記事

導入のテキスト

導入の生徒さん

導入の生徒さんのテキスト選び、 生徒さんの年齢にもよりますが、大体1ヶ月を過ぎた頃から、両手で弾け

記事を読む

コンクール

コンクール

コンクールに出る意味とは! 暑い夏、ピアノやヴァイオリンのコンクールが次々と行われています。

記事を読む

発達障害とピアノ練習

発達障害とピアノ ①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆さんは「発達障害」と聞かれると、どのように思われますか

記事を読む

ポリーニのショパンのエチュード

若い人も、ポリーニ 高1の生徒さんに「誰のショパンのエチュードが好き?」・・と聞いたら、迷わずに、

記事を読む

ピアノはいつからでも始められます。

ピアノはいつからでも始められます。

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今夏、発表会を開催することになっています。 20

記事を読む

芦屋川 桜

ピアノレッスンの中止とオンラインレッスンのお知らせ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今週、 国からに新型・コロナウイルスの「緊急

記事を読む

テスト

テストで思う事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年度末、グレードテストが終わりました。 テスト

記事を読む

ロイヤルアカデミー

ロイヤルアカデミーのグレードテスト

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんで 英国ロイヤルアカデミーのグレードテスト

記事を読む

年少さんの体験レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年少の生徒さんが、体験レッスンに来られました。 少し早

記事を読む

ヴァイオリンの伴奏

ヴァイオリンの伴奏

オーケストラパートの演奏 ドボルザークの、ヴァイオリン協奏曲の、オーケストラ部分の伴奏をすることに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑