ショパンの楽譜

公開日: : 一押し, 日記

整然とした楽譜

以前にショパンの楽譜について、掲載したことがあります。

ショパンの自筆譜です。

ショパンの自筆譜、エチュードはほとんど手直しがなく、整然と音符が並んでいます。

この頃はペンで書いていたので、消すことは不可能でした。

何にでも、意味がある?

又、高い音になったら、現在は音符の左に棒を引きますが、

ショパンは全て、右側に棒を引いています。

作曲の先生に尋ねたら、「すべての棒を右に引いた方が、音符が速く書けたから!・・ではないか?」

・・とのことでした。

「なる程!」

ドンドン右側に書いていけば、速く書けますよね。

じゃあ、どうして今は右なのでしょう!

それも聞いておけば良かった。

ショパンも悩んで。

最初に整然と!・・と書きましたが、ショパンが書きなぐった楽譜も見つけました。

イライラとしていたのか、関係の無い五線の部分にも、イライラの線がありました。

人間味の溢れる人だったのか?

かんしゃく持ちかな?

前回は整然とした楽譜を載せましたので、今回はイライラの楽譜を載せました。

人間味溢れる楽譜かな?

エチュードには、どのように弾いて欲しいか?・・もシッカリと書かれています。

このように弾いて欲しい!!!・・とその頃のショパンが、かなり色々と指示していたことが読み取れて、

ピアノを弾く人には、とても面白いショパンの一面が見てとれます。

関連記事

サイン

スタンウェイ・アーティスト

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 レッスン室にスタンウェイがやってきた時に、 ス

記事を読む

ピアノ鍵盤の数字

ピアノに興味深々🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校低学年の生徒さん達はピアノの楽器に興味深々!

記事を読む

スタンウェイのファイル

実技テストから学ぶこと

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋・茨木教室で ピアノとヴァイオリン

記事を読む

アルゲリッチとバレンボイム

アルゲリッチとバレンボイム

素晴らしいモーツァルト アルゲリッチと指揮者のバレンボイムが、2台のピアノで演奏していました。

記事を読む

英国王立音楽検定(ABRSM)

英国王立音楽検定(ABRSM)試験が終わりました

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日に、 「英国王立音楽検定」のピアノの試

記事を読む

モーツァルト ブラームス ラフマニノフ ドヴォルザーク

デュオの顔合わせ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 8月に入って、暑い日がまだまだ続きます。 その

記事を読む

KLM

お土産選び!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 イギリスに行ってきました。 イギリス北部のスコ

記事を読む

スタンプ

スタンプを駆使して!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小さな生徒さんは、個性がいっぱい! いつも楽しくレッス

記事を読む

岩崎先生

例え、短い練習時間でも・・

毎日の効果的な練習 岩崎淑先生が「ピアニストの毎日の練習帳」と云う本を出版されています。 私

記事を読む

芦屋川・六甲山

芦屋川から

今日はピアノの練習を終えてから、衆議院選挙の投票に行って来ました。 途中、芦屋川を渡って、松浜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑