スイス ルッツェルン音楽祭

公開日: : コンサート, 日記

スイスから

スイスの『ルッツェルン音楽祭』に行っている、友人からのお知らせ!

羨ましい程、豪華なメンバーのコンサートです。

「昼はランランのリサイタル、夜はポリーニのショパンのコンチェルト第一番とブラームスのシンフォニー3番、

明日は五嶋みどりのメンデルスゾーンのヴァイオリン・コンチェルト(俗に言うメンコンです)」

こんなコンサートが、ヨーロッパって可能なんです。

私達が学生の頃は、音楽の主流はアメリカでした。

東西冷戦の頃で、ヨーロッパの共産圏で活躍していたピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリストなどが、皆アメリカに亡命していたからです。

鉄のカーテンが無くなって以降、そんな人々がアメリカに亡命する必要がなくなり、アメリカ屈指のジュリアード音楽院に行きたいと言う人は、最近全く聞かなくなりました。

クラシックはヨーロッパ思考

むしろヨーロッパ思考が高まり・・なぜなら優秀な先生がヨーロッパから出なくなった・・フランス、ドイツ、チェコ等に留学しています。

世の中の動きって怖いほど、その時々の時勢で姿を変えていきます。

ただ、クラシック音楽って、元はといえばヨーロッパのもの。

私が過ごしてきた時代が、おかしかったのかも知れません。

元あるものが、元に戻ったということでしょう。

1度、こんな豪華メンバーの音楽祭に行ってみたいと思います。

ニューヨークでチェリストのヨーヨー・マを期待を胸に聴きましたが、旅行者だと馬鹿にされていたのか、最悪の演奏に皆でブーイングの嵐でした。

日本人は良くも悪くも、お行儀がイイので、こんなことはしません。

でも、ヨーヨー・マでさえ、あんなことになるのだから、聴衆をあなどってはいけない!・・と云う事です。

期待が大きいとハズレも・・

期待が大きかったこともあると思います。

だって人間ですから、色々な時はあるでしょうから・・

このスイス・ルッツェルン音楽祭のコンサートが良いもので、せっかくヨーロッパに行った友人が、楽しい思い出を沢山持って帰って来てくれたら、とても嬉しいです。

お土産話を楽しみに。

私も来年の夏休み、どこかに行ってみよう。

もう、ヨーロッパは秋だそうです。

 

 

 

関連記事

手のケアー

手のケアー

最近、気になりだした事 最近、生徒さんのお隣で一緒にピアノを弾くと、手が荒れているな~・・と良く思

記事を読む

母娘 手つなぎ

音楽の力・ピアノの力

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 音楽は 感動を与えてくれたり、心を慰めてくれたり、

記事を読む

ピアノを弾く人

ピアノを弾き続けること!

ミニコンサート 私の所属する、関西桐朋会では4月に総会があります。3年前から、総会の折には30分程

記事を読む

発表会の曲選び

発表会の選曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏休みも、発表会を兵庫県立芸術文化センターの小

記事を読む

バッハ シンフォニア

バッハのシンフォニア

バッハのシンフォニアが教えるもの バッハのシンフォニアを最近、取り出しては、弾いています。

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

姿勢Мちゃん

正しい姿勢で!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、スマートフォンに夢中になったりする人の中で「ス

記事を読む

本棚

ピアノの本の整理

整理ベタ 整理下手で困っています。 もう使わないと思っていても、本・・特にピアノの本は捨てた

記事を読む

ポールと連弾

クリスマスコンサートが終わりました・生徒さんとのピアノデュオ

今年、最後のコンサート 一昨日の20日、クリスマスコンサートが終わりました。 生徒さんたち、

記事を読む

ピアノデュオ

ピアノのご家族連弾

 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 クリスマスコンサートの第2部で、ご家族でのデュオを企画

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑