スイス ルッツェルン音楽祭

公開日: : コンサート, 日記

スイスから

スイスの『ルッツェルン音楽祭』に行っている、友人からのお知らせ!

羨ましい程、豪華なメンバーのコンサートです。

「昼はランランのリサイタル、夜はポリーニのショパンのコンチェルト第一番とブラームスのシンフォニー3番、

明日は五嶋みどりのメンデルスゾーンのヴァイオリン・コンチェルト(俗に言うメンコンです)」

こんなコンサートが、ヨーロッパって可能なんです。

私達が学生の頃は、音楽の主流はアメリカでした。

東西冷戦の頃で、ヨーロッパの共産圏で活躍していたピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリストなどが、皆アメリカに亡命していたからです。

鉄のカーテンが無くなって以降、そんな人々がアメリカに亡命する必要がなくなり、アメリカ屈指のジュリアード音楽院に行きたいと言う人は、最近全く聞かなくなりました。

クラシックはヨーロッパ思考

むしろヨーロッパ思考が高まり・・なぜなら優秀な先生がヨーロッパから出なくなった・・フランス、ドイツ、チェコ等に留学しています。

世の中の動きって怖いほど、その時々の時勢で姿を変えていきます。

ただ、クラシック音楽って、元はといえばヨーロッパのもの。

私が過ごしてきた時代が、おかしかったのかも知れません。

元あるものが、元に戻ったということでしょう。

1度、こんな豪華メンバーの音楽祭に行ってみたいと思います。

ニューヨークでチェリストのヨーヨー・マを期待を胸に聴きましたが、旅行者だと馬鹿にされていたのか、最悪の演奏に皆でブーイングの嵐でした。

日本人は良くも悪くも、お行儀がイイので、こんなことはしません。

でも、ヨーヨー・マでさえ、あんなことになるのだから、聴衆をあなどってはいけない!・・と云う事です。

期待が大きいとハズレも・・

期待が大きかったこともあると思います。

だって人間ですから、色々な時はあるでしょうから・・

このスイス・ルッツェルン音楽祭のコンサートが良いもので、せっかくヨーロッパに行った友人が、楽しい思い出を沢山持って帰って来てくれたら、とても嬉しいです。

お土産話を楽しみに。

私も来年の夏休み、どこかに行ってみよう。

もう、ヨーロッパは秋だそうです。

 

 

 

関連記事

岡本先生古希

恩師の古希のお祝い

「古希を祝う会」 私の恩師の岡本美智子先生の「古希を祝う会」が、東京のANAインターコンチネンタル

記事を読む

澤口俊之

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その1

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 脳科学者 澤口俊之先生のインタビュー記事を抜粋

記事を読む

クリスマスツリー

クリスマス会に向けて

全力練習! クリスマス会に向けて、全力練習中です。 クリスマス会にはピアノ伴奏を致します。

記事を読む

夏休みの宿題

新学期が始まる!

夏休みも終わり いよいよ8月も最後の週。 生徒さん達が「宿題がまだ出来ていない!」・・と言い

記事を読む

ピアノのレッスン室

お辞儀から練習中!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 クリスマスコンサートが近づいてきました。

記事を読む

音符カード

リズムカード

芦屋市の「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、 絶対音感トレーニングの時に、リズムワ

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

発表会の曲選び

発表会の選曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏休みも、発表会を兵庫県立芸術文化センターの小

記事を読む

仲道郁代 ピアノ公開レッスン

ピアノ&ヴァイオリン公開レッスン

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年も、桐朋学園のこども教室・茨木教室でピアノ

記事を読む

ピアノ伴奏

弾いてきました🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋の子ども教室「茨木教室」で ヴァイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑