スイス ルッツェルン音楽祭

公開日: : コンサート, 日記

スイスから

スイスの『ルッツェルン音楽祭』に行っている、友人からのお知らせ!

羨ましい程、豪華なメンバーのコンサートです。

「昼はランランのリサイタル、夜はポリーニのショパンのコンチェルト第一番とブラームスのシンフォニー3番、

明日は五嶋みどりのメンデルスゾーンのヴァイオリン・コンチェルト(俗に言うメンコンです)」

こんなコンサートが、ヨーロッパって可能なんです。

私達が学生の頃は、音楽の主流はアメリカでした。

東西冷戦の頃で、ヨーロッパの共産圏で活躍していたピアニスト、ヴァイオリニスト、チェリストなどが、皆アメリカに亡命していたからです。

鉄のカーテンが無くなって以降、そんな人々がアメリカに亡命する必要がなくなり、アメリカ屈指のジュリアード音楽院に行きたいと言う人は、最近全く聞かなくなりました。

クラシックはヨーロッパ思考

むしろヨーロッパ思考が高まり・・なぜなら優秀な先生がヨーロッパから出なくなった・・フランス、ドイツ、チェコ等に留学しています。

世の中の動きって怖いほど、その時々の時勢で姿を変えていきます。

ただ、クラシック音楽って、元はといえばヨーロッパのもの。

私が過ごしてきた時代が、おかしかったのかも知れません。

元あるものが、元に戻ったということでしょう。

1度、こんな豪華メンバーの音楽祭に行ってみたいと思います。

ニューヨークでチェリストのヨーヨー・マを期待を胸に聴きましたが、旅行者だと馬鹿にされていたのか、最悪の演奏に皆でブーイングの嵐でした。

日本人は良くも悪くも、お行儀がイイので、こんなことはしません。

でも、ヨーヨー・マでさえ、あんなことになるのだから、聴衆をあなどってはいけない!・・と云う事です。

期待が大きいとハズレも・・

期待が大きかったこともあると思います。

だって人間ですから、色々な時はあるでしょうから・・

このスイス・ルッツェルン音楽祭のコンサートが良いもので、せっかくヨーロッパに行った友人が、楽しい思い出を沢山持って帰って来てくれたら、とても嬉しいです。

お土産話を楽しみに。

私も来年の夏休み、どこかに行ってみよう。

もう、ヨーロッパは秋だそうです。

 

 

 

関連記事

メダカ

亡くなったメダカくん達

昨年の初夏、桐朋の先輩からメダカをいただきました。 少し遠慮がちに、半ば強引に、発泡スチロール

記事を読む

ピアノを弾く生徒さんの手

先生、ここ教えて!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   ピアノを習い始めて3年と少

記事を読む

パソコン

言う事を聞かないパソコン!!

機械に弱い 私は自慢じゃないけれど、パソコンとか、機械に弱い。 先日も記事を探すのに手間取り

記事を読む

コンサート

ピアノリサイタル

真っ向勝負! 今日は同窓生のピアノリサイタルに、宝塚のベガホールまで行って来ました。 昔、ピ

記事を読む

マルセイエーズ

ラ・マルセイエーズ

姿を消すCDショップ シューマン作曲のヴァイオリンの曲、「ふたりのてき弾兵」のピアノ伴奏をすること

記事を読む

体験レッスン

楽しんでピアノを弾こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノの導入から半年ほど経つと、個々の差はあるものの

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

知恵ちゃんのきれいな手の形

年長さんのきれいな手の形

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」に体験レッスンを受けて入会下さった生

記事を読む

モツ管弦楽団

いずみホール

昨日のお昼、マチネーのコンサートに、大阪府の大阪城公園のそばの、 「いずみホール」に行って来ました

記事を読む

桐朋 合格

合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 音高・音大の合格発表が届きました。 教室生の1番乗りは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑