ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事

ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません。

でも・・と云うお話。

ピアノを弾くときの脳は、譜面を読む(視覚)、音を聴く(聴覚)、鍵盤の触れる(触覚)、つまり人に備わった五感の臭覚、味覚以外を全部認識しようと、活発に使われています。

音色を感じ取る!・・と云う意味では、第六感を使っている、と言えるかも知れません。

又、上半身は当然、活動的に使っています。

下半身に関しても、ペダルを踏んだり、上半身を固定させるために、バランスを常に取ろうとしています。

腰もどっしりと、上半身を安定させようとしています。

ピアニストは老いても元気

ピアニストは病気などがない限り、年をとっても、かなりの方々が頭もシッカリと元気で、ピアノを弾いていらっしゃいます。

見習いたいです。

きっと、ピアノを弾く!・・と云う行為で、知らない間に、脳を鍛えて、身体を鍛えているのだと思います。

私に関して言えば、ピアノを弾かない日より、ピアノを弾いた日の方が、頭や身体がスッキリと軽くなった気がします。

しかし、最近はアンプで弾くことが少なくなり(伴奏やピアノデュオは楽譜を見て弾く)、アンプの能力がかなり下がったと自分で感じています。

アンプ能力を落とさないように維持するために、簡単な曲でも良いので、最近はアンプをするように、心がけています。

三日坊主を繰り返すつもりで

今日の朝日新聞に、「元気のひけつ・1日10分多く動こう!」と云う記事が掲載されていました。

1番目に止まったのは、「毎日続かなくても三日坊主を繰り返すつもりで」、と書かれています。

良い言葉ですよね。

なかなか色々なことを毎日維持することは難しいですが、三日坊主を繰り返しながらも、気がついたら続いていた!出来ていた!・・それなら、ラッキーですね。

 

関連記事

年中 K君 バイエル下巻

レッスン再開から2週間

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 6月に入り、ようやくレッスンを再開致しました。

記事を読む

no image

ピアノのタッチの練習

芦屋市の「ピアノ教室」カノンピアノです。 指が少しシッカリしてきた生徒さんには、 弾くことと

記事を読む

海外へ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 気候の良い時期の日本を離れ、 「微笑みの国」タイへ

記事を読む

体験

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。 兵庫県、芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 元旦か

記事を読む

s君

4歳からのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 3才の時から待って下さっていた生徒さん 4歳になられて

記事を読む

小学2年生のノート

書くのも好き!

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 絶対音感トレーニング中の生徒さんも、トレーニ

記事を読む

楽譜を書く

ピアノが脳に良い理由③

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最後に「カノンピアノ」の特色のご紹介です。 「ピアノが

記事を読む

ステージからの景色

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎年、クリスマスコンサートと卒業演奏会でお世話になる

記事を読む

no image

パパの伴奏

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、 「育メン」などと云う言葉が流行っています。

記事を読む

ひょうごコンサートチラシ

コンサートの準備

震災から20年 私が所属しています、関西桐朋会主催のコンサート、「関西桐朋会コンサートシリーズvo

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑