ピアノを弾くのは全身運動

ピアノを弾く事

ピアノを弾く!・・その姿を見ると、腕と指だけで弾いているように見えるかも知れません。

でも・・と云うお話。

ピアノを弾くときの脳は、譜面を読む(視覚)、音を聴く(聴覚)、鍵盤の触れる(触覚)、つまり人に備わった五感の臭覚、味覚以外を全部認識しようと、活発に使われています。

音色を感じ取る!・・と云う意味では、第六感を使っている、と言えるかも知れません。

又、上半身は当然、活動的に使っています。

下半身に関しても、ペダルを踏んだり、上半身を固定させるために、バランスを常に取ろうとしています。

腰もどっしりと、上半身を安定させようとしています。

ピアニストは老いても元気

ピアニストは病気などがない限り、年をとっても、かなりの方々が頭もシッカリと元気で、ピアノを弾いていらっしゃいます。

見習いたいです。

きっと、ピアノを弾く!・・と云う行為で、知らない間に、脳を鍛えて、身体を鍛えているのだと思います。

私に関して言えば、ピアノを弾かない日より、ピアノを弾いた日の方が、頭や身体がスッキリと軽くなった気がします。

しかし、最近はアンプで弾くことが少なくなり(伴奏やピアノデュオは楽譜を見て弾く)、アンプの能力がかなり下がったと自分で感じています。

アンプ能力を落とさないように維持するために、簡単な曲でも良いので、最近はアンプをするように、心がけています。

三日坊主を繰り返すつもりで

今日の朝日新聞に、「元気のひけつ・1日10分多く動こう!」と云う記事が掲載されていました。

1番目に止まったのは、「毎日続かなくても三日坊主を繰り返すつもりで」、と書かれています。

良い言葉ですよね。

なかなか色々なことを毎日維持することは難しいですが、三日坊主を繰り返しながらも、気がついたら続いていた!出来ていた!・・それなら、ラッキーですね。

 

関連記事

きれいな手の形

ピアノを弾く時の脱力 腕 ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回はピアノに向かう時の手と腕の骨の成り立ちについて

記事を読む

岡本美智子

恩師の会で東京へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 明日から10月。 10月には東京で、 私の桐

記事を読む

毎日新聞記事

いよいよ明後日、「ひょうごコンサート」開催です

「関西桐朋会コンサートシリーズvol.3 inひょうご」開催 私の所属します、関西桐朋会のコンサー

記事を読む

体験レッスン

ようこそ、体験レッスンへ

体験レッスンに来てくださいました。 今年もあと1日になりました。 体験レッスンに来て下さった

記事を読む

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

クリスマスコンサート

クリスマスコンサートが終わりました🎄

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 たくさん練習して、レッスンして、楽しみにしてい

記事を読む

ティンパニー

打楽器の練習場所

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、オーケストラに関わる事が増えました。 子

記事を読む

期末テスト

テストでも

期末テストの行方 今日のレッスン、テストでも来る生徒さん、 テストで来られない生徒さんに分か

記事を読む

三善先生

三善晃先生 追悼コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 長い間、桐朋学園の学長を務められた、三善晃先生が急逝

記事を読む

モーツァルトのトルコ行進曲

モーツァルトのトルコ行進曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。   モーツァルトのトルコ行進曲はみんなが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑