ポリーニのショパンのエチュード

公開日: : コンクール, 一押し, 日記

若い人も、ポリーニ

高1の生徒さんに「誰のショパンのエチュードが好き?」・・と聞いたら、迷わずに、「ポリーニ」との名前が返ってきました。

こんなに若い人でも、ポリーニが好きなんだ!・・とビックリしました。

「ランランやキーシンもイイけど、やっぱりポリーニが1番好きです。」とのことでした。

ポリーニの隅々まで磨かれたピアノの音は、不滅です。

巨匠たち

私が学生の頃は、今の巨匠達がショパン・コンクールで次々と出てきた頃でした。

ポリーニ、アルゲリッチ、アシュケナージ・・

アルゲリッチのショパンコンクールでのエチュードの録音を聴いたことがあります。

弾く前に大きく息を吸って、弾き始める!

そんな息づかいまでが、録音されていました。

それから一気に弾く。

ポリーニとは正反対の、野性味を感じました。

パッションです。

ポリーニにそれが無いかと云うと、それは違う。

静かな闘志をたたえた感じがします。

アシュケナージがショパン・コンクールで2位だった時に、1位だったのが、ハラシェビッチです。

当時、レコードで、ハラシェビッチのショパンのプレリュードが出ていました。

この曲が、うっとりする程、でも、サラッと甘い響きでした。

友人と「ステキ~」なんて言っていたことを、今でも思い出します。

ハラシェビッチは1位に満足したのか、1位に押しつぶされたのか、その後は全く、その名前を聞かなくなりました。

本当に残念です。

1方で、アシュケナージはピアノの演奏に、又指揮者としても、大活躍しています。

ピアニストを夢中にさせる、ショパン

私達、ピアノを弾くものは、ショパンのエチュードの楽譜を前にして、当たり前のように弾いていますが、実際にこの楽譜を書いたショパンって、どんな人だったのでしょう。

ロマン派!・・と云われる時代(自分をロマン派なんて思わなかったでしょうが)、孤独に満ちていたり、喜びが全面に出たり、悲しく佇んでいたりと、色々な人間の面を曲にしたショパン。

ポリーニの演奏を聴くと、ショパンだ!・・といつも思うのです。

若い人から、ポリーニの名前を聴いて、ポリーニのショパンの演奏に、しばらく浸りたいと思いました。

 

 

関連記事

関西桐朋会第50回新人演奏会

関西桐朋会・新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」の矢橋高子です。 私の所属しております「関西桐朋会」では、

記事を読む

レストラン「マレロッソ」

ピアノ練習と友人

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は大学時代を共に過ごした同級の友人と芦屋市の南に

記事を読む

収穫

収穫に乾杯!

収穫祭 今日は西宮のいとこの家で、夕食を頂きました。西宮は私の住む芦屋の隣の市です。家から車で15

記事を読む

no image

音階の指の運び方

大切な音階の練習 5本の指がキレイに動くようになったら、いよいよ指をくぐる、音階の練習が始まります

記事を読む

ピアノデュオリサイタル

ピアノ デュオリサイタルの楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日の日曜日、午前中にレッスンをしてから、 心

記事を読む

兵庫県立芸術文化センター 見学会

兵庫県立芸術文化センターの見学

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 夏の発表会を兵庫県立芸術文化センターの小ホール

記事を読む

二人でお茶

たまには生徒さんと!

私のレッスン室は「飲食禁止」なのですが、最近「飲」は仕方がありません。 確かにピアノの練習をし

記事を読む

ABRSM 英国王立ピアノ検定

ABRSM・英国王立音楽検定の証書

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月に ABRSM・英国王立音楽検定のグレード7を

記事を読む

ポロニアコンサート

桐朋(ポロニア)コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年ももう、1月の半ばを過ぎました。 そろそろ

記事を読む

ヘンゼルとグレーテル

フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」

今年のクリスマス会 9月になると、音楽教室では、今年のクリスマス会をどんなものにしたいのか、考え始

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑