毎日の積み重ね

ピアノを演奏する!・・と云うこと

ピアノを弾いて、暗譜をして、人前で弾く!・・ということは、簡単そうで、実は陰で多くの努力が必要です。

まず、譜読み。

間違えないように楽譜を読んで、ピアノで音にしながら、覚える作業も同時にして、

その上に、曲の持つ情感を込めて弾いていきます。

これを、丹念に毎日繰り返して、積み重ねていきます。

それから、暗譜の確認をしつつ、速く弾くことに励みながら、ミスタッチや情感の込め方、

歌わせ方を、

何度も何度も積み重ねていきます。

そこから弾き込むことに、全力を注ぎます。

毎日、毎日、覚えた楽譜に間違いがないかを見ながら、練り上げていきます。

そうして、ようやく自分が弾きたいと思っている曲に仕上がってくるのです。

いつ弾いても、崩れないことが大切です。

けれども、良く弾けた!・・と思う頃に、崩れてくることが良くあります。

そんな時は、慌てずに、積み重ねてきた練習に、少し戻ることが、大切です。

集中力から

又、人前で弾くには、平常心が必要です。

これだけ弾いておけば大丈夫!・・と思っても、いざステージに上がると、緊張して、

ドキドキすることがあります。

その時に、日頃から積み重ねたことが、生きてきます。

弾き始めると、ドキドキしていた気持ちが落ち着き、

日頃から積み重ねた努力目標に、集中出来ます。

ですから、日頃から一生懸命、目標としているところに黙々と、着々と、

練習したかどうかが、問われていると言っても良いのではないでしょうか!

又、小さい頃から、そのような習慣がつくと、勉強やスポーツにも、

目標を探し出そうとします。

そして、

目的を持って挑戦していく力が、身に付きます。

努力は人を裏切りません。

そうして、何年も継続していくと、なんにでも、努力や、毎日の積み重ねが必要だと、

考えずとも、自分自身の身体と心が覚えていて、

果てしない努力が必要なことでも、

毎日、着々と努力していこう!・・とする力が生まれて来るのです。

 

関連記事

生徒さんの弟

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生の 生徒さんの弟クンが、4月からピアノ

記事を読む

練習帳

ピアニストの毎日の基礎練習帳

毎日の練習とは 岩崎淑先生が書かれた「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を最近、読んでいます。

記事を読む

no image

写真撮影

西宮の写真館へ ホームページ、チラシ・プログラムのプロフィール用の写真を取りに、西宮の写真館に行っ

記事を読む

河野文昭 京都アルティー

室内楽の楽しみ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを弾くことは、それだけで完成してしまうので、 な

記事を読む

知恵ちゃん

ピアノは導入から両手で!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、片手ずつの練習のあと、両

記事を読む

嬉しい合格発表

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日、公立音楽高校の合格発表がありました。 定員40人

記事を読む

眠い!春、間近か!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 まだまだ、寒い日が続きます。 でも、 陽ざし

記事を読む

ピアノ・クリスマス会

ピアノ・クリスマス会に向けて

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年のクリスマスイヴにピアノの弾き合い会&クリスマ

記事を読む

ショパン曲集

ショパンのピアノ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、無性にショパンが弾きたくなって、 色々な曲を譜読

記事を読む

マルセイエーズ

ラ・マルセイエーズ

姿を消すCDショップ シューマン作曲のヴァイオリンの曲、「ふたりのてき弾兵」のピアノ伴奏をすること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑