父の「月光」

公開日: : ピアノの練習

大人のピアノ

ピアノが大人になっても弾ける理由は、私の父に、原点があります。

父はピアノを弾く母と結婚して、母にピアノを習い始めました。

母が選んだ曲は(父かな?)、ベートーヴェンのソナタ「月光」です。

楽譜が読めなくても

全く楽譜が読めない父は、母が弾く場所を覚え、最初の1ページをマスターしたようです。

子供の時、夕食が終わってから、父が弾いていたのを、子供ながらに覚えています。

ただ、父が忙しかったのか、母が忙しかったのか、1ページ目から後は、習わなかったのか、覚えられなかったのか?

聞いたことがないのでハッキリしませんが、多分1ページで満足していたように思います。

ピアノで弾きたい曲

少しピアノが弾けるようになった生徒さんで、モーツァルトの「トルコ行進曲」が弾きたい方がいらっしゃいました。

「トルコ行進曲」は耳で聴くより、かなりハードルが高く、難しいんです。

編曲して弾いてもらおうかとも思いましたが、その曲を弾きたいんですから、その提案は無理でした。

今は編曲されたものが、あるかも知れません。

今のバイエルには、ベートーヴェンの第九のメロディーも載っていて、取り組みやすく、楽しいです。

生徒さんが聴いたことがあることが、何より弾きたい理由になって、勧めやすく、提案しやすく、とても助かります。

他の教材を使うことも考えましたが、余り寄り道をすると、進度が遅く鳴るので、考えものです。

夢は、「ラ・カンパネラ」

大人の方で、弾きたい曲があるのが何よりですが、息子に聞いた時、リストの「ラ・カンパネラ」・・と言い出すので、おやおや・・と思いました。

でも1小節ずつ、1段ずつでも弾いていけば、ゆっくりでも弾けるようになりますね。

今度聞いて、弾きたいようなら、弾く事を勧めたいと考えています。

速くマスターできるのは、最初の1段位でしょうが・・

私も一緒に弾いて、二人で頑張ってみようかしら。

確か、「ラ・カンパネラ」の連弾版が家にありましたね。

息子と二人で弾くのも楽しいでしょうね。

夢ですね。上手~く逃げられそうな気がします。

関連記事

桐朋旧校舎

桐朋学園の校舎

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 母校、桐朋学園大学の校舎が、夏休みから取り壊しになりまし

記事を読む

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

ピアノ連弾

生徒さんとの連弾

生徒さんとの連弾 生徒さんとクリスマスにピアノで連弾をすることになりました。 ブラームスのピ

記事を読む

no image

小さな生徒さんの毎日の練習

指のための練習 ピアノを習い始めて、少し進むと、両手の曲ばかりになってきます。 その時期から

記事を読む

生徒さんの弟

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生の 生徒さんの弟クンが、4月からピアノ

記事を読む

伊勢海老

手先が器用な生徒さん達

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 男の子の生徒さん達、手先が器用な方揃いです。 ご兄弟の

記事を読む

新しい生徒さんを迎える準備

新春のガーデニング 芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新春に体験レッスンやレッスンに

記事を読む

子供の手の形

手と指の形

ピアノに慣れると! ピアノも導入の時期を過ぎると、だんだんとピアノに慣れてきて、 少しずつ、

記事を読む

4才からのソルフェージュ

テキストの悩み

楽器店に行くと、教材が山のようにあります。 中でも「何才!」又は、 「何才からの・・」等とタ

記事を読む

芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」

レッスン始め🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 新年、あけましておめでとうございます。 昨年の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑